品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。(区民環境記者レポート(記者募集中)のトップへ戻る

清明の前

カテゴリ:平成20年度

投稿日:2008年04月05日

紅白の桃
 
桜も見頃になっている時期、中延4丁目の民家では、二色の桃の花が咲いていて、道行く人たちを楽しませています。
源平枝垂桃と呼ばれ、鮮やかな赤と白の、色の対比が見事です。中には、白い花に赤が混じっているものもありました。
 
源平枝垂桃は、戸越八幡神社でも創建480周年記念として植樹された若木が、花を付けています。
春の紅葉
春の新緑の時期、緑ではなく紅く萌える葉を付ける木々があります。オオベニガシワやチャンチンが有名です。
 
旗の台5丁目では、オオベニガシワが紅い葉を付けていました。よく見ると、花も咲いていました。

中延4丁目では、イロハ紅葉の黄緑と対象的に、秋を思わせる真赤な紅葉です。

また、カナメモチ(アカメモチ)も暖かくなる時期から新芽が赤色で出てきます。ただ、以前は5月に近い頃だったと思います。3月末から色付いているので、温暖化の影響が現れています。
路地の散策
 
旗の台5丁目では、何時もの民家にカリンが花を付けていました。黄色い拳のような実が付きます。
 
ミツバツツジが見頃を迎えていました。普通のツツジと違って、緑の葉の前に花がさきます。

ハナカイドウも咲き始めていました。濃いピンクの花で桜の後、路地を賑わす花です。
 
戸越八幡神社の源平枝垂桃を見に行く途中、昨年と同じ戸越公園西口近くの、大崎高校前で、土筆を見つけました。2本ありました。他所よりかなり遅いようです。
平成20年4月2日
●撮影:内田雅弘(記者NO.060104)

カテゴリ:平成20年度

投稿日:2008年04月05日