品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。(区民環境記者レポート(記者募集中)のトップへ戻る

菅内閣総理大臣、所信表明演説でグリーン社会の実現を宣言!

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年11月17日


損保ジャパン(「気象庁風力発電の画像」より)
 令和2年10月26日、菅内閣総理大臣が所信表明演説にて、日本も2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにすることを宣言しました。日本はパリ協定に署名しながら、2050年までに温室効果ガスの排出を全体として実質ゼロにすることを公式に宣言することは初めてだったようです。
CO2の排出量を減らす為に再エネへの転換を進め、産業プロセスや建物のエネルギー効率を改善し、またCO2を大気放散前に回収して地層に貯留する炭素貯蔵技術CCS(Carbon dioxide Capture and Storage) などを利用して実現していくそうです。実現に向けてまだ課題も多いとは思いますが、世界は確実に脱炭素社会の構築に向かっています。日本も国や自治体、金融機関、民間の大企業がすでに様々な取り組みを始めていますが、これから一層加速していくと考えられます。
 私たちは個人として何ができるでしょうか?まずは契約している電力会社を、自然エネルギーを電源とする電力会社に変えたり、脱炭素に取り組む企業の商品を積極的に購入したりすることが大切ですが、日々の買い物でプラスチック包装が過剰な商品の購入を控えるだけでも、変化を生む事はできると思います。
 以下は所信表明演説の「グリーン社会への実現」の項目です。
三 グリーン社会の実現
 菅政権では、成長戦略の柱に経済と環境の好循環を掲げて、グリーン社会の実現に最大限注力してまいります。
 我が国は、二〇五〇年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち二〇五〇年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを、ここに宣言いたします。
 もはや、温暖化への対応は経済成長の制約ではありません。積極的に温暖化対策を行うことが、産業構造や経済社会の変革をもたらし、大きな成長につながるという発想の転換が必要です。
 鍵となるのは、次世代型太陽電池、カーボンリサイクルをはじめとした、革新的なイノベーションです。実用化を見据えた研究開発を加速度的に促進します。規制改革などの政策を総動員し、グリーン投資の更なる普及を進めるとともに、脱炭素社会の実現に向けて、国と地方で検討を行う新たな場を創設するなど、総力を挙げて取り組みます。環境関連分野のデジタル化により、効率的、効果的にグリーン化を進めていきます。世界のグリーン産業をけん引し、経済と環境の好循環をつくり出してまいります。
 省エネルギーを徹底し、再生可能エネルギーを最大限導入するとともに、安全最優先で原子力政策を進めることで、安定的なエネルギー供給を確立します。長年続けてきた石炭火力発電に対する政策を抜本的に転換します。
全文はこちらから読むことができます。
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2020/1026shoshinhyomei.html

令和2年11月16日
環境記者 岑山萌子

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年11月17日