品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。(区民環境記者レポート(記者募集中)のトップへ戻る

第39回環境記者情報交換会

カテゴリ:◆情報交換会

投稿日:2020年10月15日

 令和2年10月7日(水)、第39回環境記者情報交換会が8名の環境記者のご出席のもと行われました。環境記者の皆さんから投稿された記事について、日頃の活動の様子、そして興味を持っていらっしゃる環境に関する事柄について、それぞれご報告いただきました。
 後半は環境記者の林さんから米国元副大統領アル・ゴア氏が立ち上げた環境プロジェクトのプログラムについてのお話をしていただきました。

 真壁さんは、「花交差点の仲間たち」というボランティアグループで、近隣の歩道の清掃と花壇の整備を行っていて、毎回その活動報告を記事にしていただいています。この5月の活動は「新型コロナウィルス」で自粛要請があり、それでも三密対策そして東京国道事務所の立会いと大井警察署の協力も加わり無事に終えることができたそうです。
*『「花交差点の仲間たち」歩道花壇の植替え』
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4555

 小野さんは、東京サラヤ株式会社の方で、社員の有志のみなさんと年数回、「品川フラワーレンジャー」として聖蹟公園花壇で清掃、整備、花植替えなどを行っていて、毎回活動報告を記事に書いていただいてます。記事の写真を見ると整備後の花壇はとても美しいですが、その下準備がたいへんというお話を伺いました。
 もう一つ、海洋プラスチック問題への啓発活動などを目的に世界を回る船「レース・フォー・ウォーター号」のお話もしていただきました。
*『海洋プラスチック問題啓発船「レース・フォー・ウォーター号」がやってきた』
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4752

 石田さんは、いつも八潮のまわりの四季の移り変わりなどを丁寧に記事にしてくださいます。今回は5月29日に青い空に舞ったアクロバットチーム「ブルーインパルス」の飛行を投稿してくださいました。できるだけ空が広く見える所を探して御殿山あたりで待ち構えたそうです。グッド・ショット!!
*『ブルーインパルス飛行で医療従事者に感謝』
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4546
 
 新居﨑さんは、西中延3丁目町会の町会長になられ、8月に新型コロナウィルスの収束を願って「私のアマビエコンテスト」なるものを開催されたそうです。下は3歳から上は88歳まで合計46作品の「私のアマビエ」の応募があり、コロナ禍で町会員のコミュニュケーションを少しでも豊かにする良い企画だったとの声が多く聞かれたそうです。

 小滝さんは、いつも環境に関する幅広い題材をこの八潮から投稿してくださいます。今回も様々な植物、野鳥などの写真とともにいくつかの記事を書いてくださいました。プラスチックごみを増やさないご自分なりの工夫を書いた記事、お勧めの本「ウィルスは悪者か」を紹介した記事、セミのなき声を取り入れた「八潮セミとり日記」、など今回もバラエティに富んでいました。
 また、環境情報活動センターの環境講座「何がいるかな?品川の水辺の生きものたち」に参加いただき、その時の模様のお話を伺いました。
*『八潮セミとり日記~8月~』https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4654
*『環境講座見学記』https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4732

 真田さんは、以前「ダンボールコンポストを始めて1年が経ちました」という記事を投稿してくださいました。今回は家庭で使うスポンジがマイクロプラスチックの集合体なので、ご自分は綿100%のふきんを使用しているという「綿100%の『ふきん』で食器洗い」という記事を投稿されました。湯洗いで基本的に油汚れは落ち、プラスチックごみも出ない、洗剤も使わないということでした。
*『綿100%の「ふきん」で食器洗い』
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4708

 岑山さんは、パイナップルの葉の繊維から作られたヴィーガンレザーのバッグや小物の会社を立ち上げ、その自社ブランドのデザイナーでもあるそうです。
SDGsに興味を持たれ、ベランダで生ゴミコンポストを始め、その様子をインスタグラムで発信していらっしゃいます。
*『生ゴミコンポスト』https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4572

 林さんは、「地球温暖化防止コミュニケーター」という肩書きをお持ちで米国元副大統領アル・ゴア氏が立ち上げた環境プロジェクトのプログラムに参加、そのプレゼンテーションの使用権を付与されています。そして身近なコミュニティで気候危機について仲間を啓発し、紹介していきたいと考えているそうです。
また、来る12月5日(土)には環境情報活動センターの環境講座「地球温暖化と気候危機時代を諦めない」の講師をお願いしています。
*『クライメイト・リアリティ・リーダーシップ・コミュニティ・トレーニング』
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4327

ここに紹介できなかった記事は環境情報活動センターのホームページでご覧になれます。
https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?cat=23
https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?cat=20

令和2年10月9日

カテゴリ:◆情報交換会

投稿日:2020年10月15日