品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。(区民環境記者レポート(記者募集中)のトップへ戻る

「エコチル」知っていますか?

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2020年02月19日

 図書館で面白いものを見つけました。品川区や東京都のお知らせのチラシが入っているラックにそれは収まっていました。目に止まった言葉は、「地球にやさしいこどもたち エコチル」。地球環境保全に積極的に取り組む子どもたちを育むとともに、家庭や学校内でのエコライフ推進を目的に、毎月76万部無料配布している環境教育情報誌、とのことだそうです。「エコチル」と検索すると、まず「エコチル調査」と出てきます。環境省が実施している子どもの健康と環境に関する全国調査のことで、2011年から10万組の親子が参加しているそうです。そして、その下には「エコチル東京版」その他のサイトが並んでてきます。図書館に行かなくてもサイトでバックナンバーも読めるようになっています。
 さて、東京版1月号では、再生可能エネルギーについての特集が組まれていました。イラストや棒グラフを使って簡単な語彙と表現で説明してあります。「太陽熱温水器を作ってみよう!」コラムもあります。無料配布なので、広告が多いのは仕方ありませんが、子どもの体験や学習・健康・環境に関するものを選別しているようです。一番面白かったコラムは、「多摩動物公園だより」のチンパンジーの子育ての記事。昨年2頭別々の親から誕生。片方はベテランママでもう一方はママ初心者。だから、放任主義の前者に、ひとときも放さない後者。ちなみにチンパンジーは子育てはメスの役目で離乳までには3−4年程度かかるらしい。次回、多摩動物園に行くのが楽しみです。あれっ、話が逸れてしまいました。
 そして、2月号の特集は、「食品ロスを減らしていこう!」。日本全体で年間643万トン(東京ドーム5個分)の食品ロスについて、減らす工夫の提案や冷蔵庫の整理術、食品の保存方法、環境省のホームページのQRコード付きで「食品ロスダイアリー」の紹介もしています。家族で身近なところから環境問題を考えるきっかけとしてだけではなく、大人にとっても気づきを呼んでくれそうです。たまには、こんな情報誌も覗いてみてください。 
 
<参考情報誌及びWEBサイト>
「エコチル」 発行:株式会社アドバコム
 平成25年度地球温暖化防止活動 環境大臣表彰(環境教育活動部門)
 受賞、平成30年度新エネ大賞(普及啓発部門)新エネルギー財団会長
 賞受賞
https://www.ecochile.net
https://env.go.jp/chemi//ceh/about/index.html
   
令和2年2月18日
環境記者 小滝静子

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2020年02月19日