品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。(区民環境記者レポート(記者募集中)のトップへ戻る

早春の「大井ふ頭中央海浜公園」へ 春をさがしに・・・

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年02月22日

吹く風は冷たかったのですが、雲一つない青空が広がる2月12日(日)、八潮団地にほど近い 大井ふ頭中央海浜公園 『スポーツの森』と『なぎさの森』 を歩いてみました。

スポーツの森にある桜並木のつぼみはまだまだ硬く、しっかりと冬帽子をかぶっているようでした。 さくら広場も歩いてみましたが、緑の草の姿は無く、ベージュ色の絨毯を敷き詰めたようで、太陽の日差しがとても暖かく、思わず背伸びをしてしまいました。

公園内を歩いていくと、造園の人達がクレーン車に乗って、大きくなった木々の枝をのこぎりで切り落し、切り口に何か塗っていました。春に新しい枝を作る為でしょうか・・・? 

切り取った枝は機械で細かくきざんでいました。 ゴミになるのかなぁ・・・・? 

肥料になるのかなぁ・・・・?

少年野球の声援がスポーツの森の野球場に響きわたり、真夏に木陰を作ってくれているケヤキ並木の枝も今は葉っぱがなく、青空に凛として映えている姿がとても印象的でした。

車道を渡り、隣の『なぎさの森』にも足をのばしてみました。 緑豊かな森の中に入って行くと「なぎさの森 管理舎」がありました。

管理舎を訪れている人たちも多く、早春に咲くと言う沈丁花や満開の梅の花の香りを楽しんでいました。 私も香りに誘われ、寒さの中でも元気に咲いている可憐な花たちを愛でる事が出来ました。

管理舎の方から、関東ではあまり見ることが出来ない珍しいたんぽぽを紹介していただきました。『シロバナタンポポ』 だそうです。

畑から眺めると干潟が見え、ちょうど引き潮なのか水辺が遠くでしたが、鳥たちが遊んでいるのが見えたので、少し歩いてみました。

木々の間から木漏れ日が遊歩道に降りそそぎ、秋に落ちたのでしょう・・・?

どんぐりや松かさがたくさん転がっていて、枯葉や松葉の上を久しぶりに歩いて行きました。

野鳥観察小屋へ行き、双眼鏡でのぞいてみると、干潟保全地区に三種類のカモ達が楽しそうにたわむれている姿を見る事が出来ました。きっと水もぬるんで来たのでしょう・・・

夕やけなぎさのベンチに腰かけ、ゆったりと岸辺に寄せる波や水面がきらきら輝く素晴らしい光景を楽しみました。

2月に入り日差しの強さも増し、ぽかぽかとした一足早い春のきざしをのんびりと体感することが出来ました。

バーベキュー解放地区もある 『なぎさの森』鳥類・昆虫類が多く生息し、水辺では釣りも楽しめ、年間を通し身近に自然を感じる事が出来る「大井ふ頭中央海浜公園」へ貴方も出掛けてみませんか・・・・

平成29年2月16日

環境記者 石田雅子

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年02月22日