品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。(区民環境記者レポート(記者募集中)のトップへ戻る

第31回環境記者情報交換会

カテゴリ:◆情報交換会

投稿日:2016年11月08日

平成28年11月1日(火)に、第31回環境記者情報交換会を開催しました。
今年度2回目の会合となります。 
まず、まちづくりコーディネーターの佐山吉孝さんのお話を伺いました。本年度は3回に渡って「品川宿」を取り上げます。第2回の今回は、「東海道品川宿 その風土とまちづくりの視点」というタイトルで、歴史、風土、文化とまちづくりの関係を見ていきました。

次に、環境記者の皆さんに、日頃の活動の様子や、興味を持っていらっしゃる事柄についてご報告いただきました。
40年余りにわたって京浜運河をはじめとした海の貝を観察している記者さんは、10月に運河では106番目となる新たな種類の貝、ヌマコダキガイを発見されました。貝の生育状況を通じて、相模湾の海で温暖化の兆候が現れつつあるのを感じるとのことです。初開催の京浜運河エレクトリカルパレードや、品川区地域安全のつどいの様子を報告してくださった方もいらっしゃいました。地域や勤務先で行っているものづくり教室、花壇整備、清掃などのボランティア活動の報告もありました。空き家問題に取り組んでいる方からは、この問題の大変さとともに空き家が集いの場として有効活用されている成功例も紹介していただきました。秋たけなわの運河の鳥や蝶、花々の様子や、変化に富んだ秋の雲の観察といった自然現象のレポートもありました。気象予報士資格を所持しているセンタースタッフのミニレクチャーもあり、雲の話題はおおいに盛り上がりました。
これから紅葉の季節を迎えます。環境記者の皆さんに区内の紅葉スポットの取材をお願いしました。品川を取り巻く自然の移り変わりに目を向けると、地域への関心、愛着が湧いてきますね。

今回も様々な話題で盛り上がりました。それぞれの興味が重なって広がっていき、4か月に一度集うことで相乗効果が生まれているようです。記事のレベルが高くなっていると、佐山さんよりお褒めをいただきました。

カテゴリ:◆情報交換会

投稿日:2016年11月08日