品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。

なぜ、無電柱化?オリンピック開催都市の現状は?

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年02月18日

  平昌冬季五輪が始まって早くも1週間が過ぎてしまいました。さて、昨年末に2020年の東京五輪に際して進められている大井埠頭中央海浜公園の無電柱化と30年前から電柱のない八潮団地を取り上げました。そして最近、偶然ラジオで下記の書籍の松原先生(現東京大学大学院教授)が無電柱化のことを話されている番組に出会いました。そこでみなさまにちょっと、知識をお裾分けさせてください。


写真は品川図書館近辺で撮影しました。空がたくさんの線で区切られています。それでも国土交通省道路局施策「無電柱化の推進」では平成25年度末の無電柱化率=東京都が群を抜いて一番。ただし、23区ですら7%。海外はというとロンドン・パリは戦前から無電柱化率100%、ベルリン99%、ニューヨーク83%、アジア諸国はソウル46%、北京34%、台北95%でマニラやジャカルタなども高級住宅街や中心市街地を優先的に30〜40%も進んでいます。
  なぜ、ロンドンは100%か?日本とは少し事情が違う。19世紀末の街灯(ガス灯)は治安上暗く、ガス管は地中。市街地も古くからの建築物が立ち並んでいた。そのため、電気化されても電柱を設置する十分なスペースがなく、感電防止という安全面からも地中線が採用された。
  費用面で日本は他国に比べてケタ違いに高い。そもそも配電電圧が違う。高圧で日本6,600V、諸外国11,000〜25,000V。低圧は日本100〜200V、諸外国230〜400V。変圧器は諸外国が100戸をカバーするところ日本は30戸。日本では広い地域へ配電するにはトランス(地上機器)がたくさん必要となる。もし、行政待ちにせずに無電柱化を希望すると、要請者負担方式となる。大分の湯布院は地元商店が一部を負担して区道の電柱を撤去した。
  無電柱化の目的は共著の小池先生(現都知事)によると「通行空間の安全性と快適性」。歩道の有効幅員を広げて車椅子でも乳母車でも安全に通れるようにする。もう一つは1995年の阪神・淡路大震災で倒壊した電柱による避難路閉鎖と救助・救援の妨害。もちろん、景観も大事な要素です。
  品川図書館隣の荏原神社の寒緋桜も満開を少し通り越し、地面をピンクに添えていました。恵比寿様も寒緋桜もやはり電線のないすっきりしている方が幸せ気分になれますね。
 

【参考図書】
「無電柱化革命—街の景観が一新し、安全性が高まる」
2015年7月29日第1版
著者:小池百合子、松原隆一郎、 発行所:PHP新書

平成30年2月12日
環境記者 小滝静子

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年02月18日

清掃パトロール(大井海岸町会)

カテゴリ:平成27年度, 平成29年度

投稿日:2018年02月02日

大井海岸町会の防犯部と婦人部共催で月に一度清掃活動を行っています。
町会の掲示板で参加を呼びかけています。

新年を迎え1回目の活動は1月28日(日)9時~10時
22日から居座る最強寒波の中での活動でしたが、13名が参加しました。
歩道脇には雪がまだ残っています。花壇は5㎝ほど伸びた霜柱がザクザク!

清掃活動は大井海岸町会管轄の南大井3丁目です。
コンビニエンスストアや飲食店が多くあります。 
本来は持ち帰りのゴミが緑道の樹木の中に隠すように捨てられています。
停車中の車からポイ捨ても!悪質!
菓子の空袋、Tシャツ、缶、ペットボトル、吸い殻、傘、電池など様々です。

緑道内に不法投棄!
大量のゴミで緑道の笹が剥げた状態になっています。
品川区が立て看板を設置し、不法投棄禁止を呼びかけていますが、
なかなかきれいになりません。
住民の意識を高めたいのですが・・。
この緑道の管轄は大田区、手前の歩道側から品川区です。
笹竹が剥げた場所に樹木を植えて従来の緑道にしてほしいのですが・・
縦割り行政の不便さを感じます。

町会会館に戻り収集ゴミを選別しました
可燃物:2袋(70ℓ)、資源:1袋(40ℓ)金属ゴミ(カサ・電池など)

街が汚れてくるとゴミを捨てることに罪悪感がなくなり、周辺を気にすることなくポイ捨て!
一人ひとりが関心を持ち、ゴミを減らすことを心掛けて街をきれいにしたいですね。

平成30年1月28日
環境記者 真壁美枝子

カテゴリ:平成27年度, 平成29年度

投稿日:2018年02月02日

聖蹟公園花壇の花の植替え

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年12月20日

東京サラヤ㈱は社内で有志を募り、「品川フラワーレンジャー」(品川区みどりと花のボランティア活動に参加しているグループ)として環境活動に参加していますが、本日、聖蹟公園の一部花壇に花を植えました。
(2017年12月15日(金)14:00~15:00)
●草花を植える前に花壇の土を耕しました。 葉ボタンやパンジーを植えています。

●花の配置は植える方の個性に任せています。

●まだつぼみの苗を植えました。1週間後には華やかになることを期待して終了。

最後に花壇に水をまき、周りを清掃したあとに記念撮影。お疲れ様でした。

平成29年12月15日
(環境記者)小野文義

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年12月20日

区民農園「マイガーデン南大井」での8か月

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年12月08日

実りの秋。区民農園の横で収穫祭(11月23日)が開かれました。例年、農園で栽培された野菜も出品されるようですが、今年は不作で見送られたそうです。

立会川駅近くにある区民農園「マイガーデン南大井」。4月から借りて8か月が過ぎました。この間いろんな野菜を育て、収穫することが出来ました。全32区画あり、1区画(10平方メートル)で使用料は22,000円(2018年2月まで)。
最初に説明会があり、指導員が1年間にわたる都内の貸農園での自分の体験をビデオで説明してくれたのがとても印象的でした。「とにかく混植、すき間なく植え、収穫した後にも間髪おかず、次から次へと野菜のタネや苗を植えましょう。マルチ(土を覆うビニールシート)をかけ、液肥を与えておくだけで、ドンドン育ちます」と話しました。区民農園では化学肥料を使用せず有機肥料が中心です。さっそく畑にぼかし肥料などを入れて耕し、3つの畝をつくりました。その上にマルチをかけ、指導員の教え通りすき間なく植えることにしました。

1つ目の畝にはパクチーやホーリーバジル、枝豆、サニーレタス、ルッコラ、ケールなどの葉野菜を中心に、すき間なくギッシリ埋め尽くしました。
2つ目の畝には、ふるさと納税でもらったジャガイモ(メークインとインカのめざめ)と種類の違うトマトやキュウリ、ゴーヤ、ズッキーニ、サツマイモなどの苗、それにちょっと珍しいアスパラ、やパパイヤ(ベニテング)などです。
3つ目の畝には、キャベツや白菜、ニンジン、大根、バジル、青じそ、レタス類などのほか、小玉メロン、小玉スイカなども挑戦しました。

とにかく、指導員の言う通りギッシギッシの状態で畑への作付けを完成しました。まわりの畑を見渡すと、かなり個性的です。その方の人柄が畑に出ているというか。植えた野菜の名前を書いてマルチの上に几帳面に貼っている人、大きな畝を2つぐらいしか作らず、野菜の苗を大胆に3~4本をド・ド~ンと植えただけの人、中には自分の腰ぐらいまでの深さまで土を掘り返す“天地返し”農法で本格的に取り組む人などなど、さまざまです。

しばらくして、畑のまわりの桜も満開になり、パクチーや大根、人参などがいっせいに芽を出し始めました。ゴールデンウィークごろになると、トマトやキュウリ、インカのめざめなどが花をつけ、どこの畑も青々と元気よく育っているようです。意外にも葉や茎を大きく伸ばすのがズッキーニでした。たった2~3本で畝を埋め尽くす勢い。しばらくしてサツマイモもあたりを埋め尽くさんばかりにどんどんツルを伸ばし始めました。

6月ごろには畑での初めての収穫が。白菜、サニーレタス、ルッコラ、パクチーなどの葉野菜類で、浅漬けやサラダなどにして美味しくいただきました。
夏に向けてはトマトやキュウリ、ナスなどの夏野菜が採れ始めました。大根や新ジャガなども採れ、食卓は夏野菜でいっぱいに。他の畑でもトマトやキュウリ、ゴーヤなどが花をつけ、次から次へと実をつけていきます。意外だったのが枝豆。6本ほど植えた苗がすべて立派に実を付け、ビールの美味しいお供にさせていただきました。ある畑ではズッキーニが、子供の太ももほど大きくなっているのを見かけました。都合で収穫が遅れたのか。ズッキーニは大きくても美味しくいただくことができるとのことで、一安心。他に小玉スイカや小玉メロン、落花生なども収穫することができました。
 
夏には雨が多く、台風の到来などもあり、あまり天気はよくありませんでした。畑によっては野菜のできにバラつきがあり、思うように収穫できなかったところもあったようです。追肥、間引きや摘芯、枝の整理、水やりなどの野菜栽培の知識や小まめな手入れが必要です。最初に指導員が言われたように、収穫後すぐに苗などを植えましたが、大きく葉をつける野菜の隣では日当たりや風通しがよくなく、思ったように育たなかったケースも見受けられました。混植などは野菜が大きくなったときの姿をイメージして作付けをする必要があるかもしれません。

9月に入ると夏野菜の収穫も終わり、畑をもう一度耕しなおし、秋野菜を植え始めるところが目立てきます。春菊やチンゲン菜、キャベツ類、白菜類、大根など、年を越しての収穫が楽しみです。
4月からは新しい借り主さんによる、畑仕事が始まります。畑を耕す、種をまく、苗を育てる、花が咲く、実を収穫する・・・・・。この素晴らしい畑仕事体験の喜びを大いに楽しんでもらいたいですね。 

平成29年11月23日

環境記者 伊藤 仁

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年12月08日

八潮団地の紅葉を求めて・・・・

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年12月05日

八潮団地の紅葉は11月半ば頃から始まり、プラタナスの黄葉がとても綺麗でしたが、2~3日後に冷たい雨にたたかれ、色も変色し、枯葉となって散ってしまい、残念に思っていました。ところが、11月の終わり頃になって、「今年はいつもの年より紅葉がとても綺麗だよ・・・」と言う声が聞こえ始め、私も早速、八潮地域センターの前から紅葉探しに出かけてみました。 

八潮中通りの紅葉が見事です。

早く紅葉した桜の葉は散ってしまいましたが、まだまだ、紅葉・黄葉をたくさん楽しむ事が出来ました。特に「もみじ」の赤、「ブナ」の黄色は太陽に映え、紅葉の名所にも負けない位見事で、感動しました。

ぽかぽか陽気の昼下がり、カサカサカサと枯葉を踏み、小鳥の声を聞いたり、風に舞い落ちる枯葉を愛でながら、八潮団地の中を歩き、晩秋の小春日和を楽しみました。

平成29年11月29日
環境記者 石田雅子

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年12月05日