品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。

第40回環境記者情報交換会

カテゴリ:◆情報交換会

投稿日:2021年04月22日

 令和3年4月12日(月)、第40回環境記者情報交換会が7名の環境記者のご出席のもと行われました。環境記者の皆さんから投稿された記事について、日ごろの活動の様子、そして興味を持っていらっしゃる環境に関する事柄について、それぞれご報告いただきました。
 また、桜の話題、コロナ禍にどう過ごされていたのかも活発にお話いただきました。

 真壁さんが、コロナ禍での人間関係で感じたのが、コロナに対する温度差だそうです。ご自分では三密回避はもちろん、マスクを二重にする、外食しないなど、できるだけ感染拡大防止に協力したいと思うものの、そうでない人も少なからずいるということを実感されたそうです。
 「花交差点の仲間たち」というボランティアグループで、近隣の歩道の清掃と花壇の整備を行う活動にも参加されています。昨年秋も感染対策をしながら無事に終えることができたそうです。植えた花苗はパンジー、シクラメン、デージー、ノースボール、マーガレット、キンセンカ、ビオラ。こんなすてきなボランティア活動を18年も続けていらっしゃるなんて、すばらしい!継続は力なり!!
*『「花交差点の仲間たち」歩道花壇の植替え』他
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4863

 小野さんは、東京サラヤ株式会社の方で今回、同じ部署の柿森さんと一緒にご出席いただきました。コロナ禍の過ごし方は、仕事では「出前授業」で手指の正しい消毒の仕方を教えてまわり、自宅では紙粘土制作に没頭されていたそうです。
 社員の有志のみなさんと年数回、「品川フラワーレンジャー」として聖蹟公園花壇で清掃、整備、花植替えなどの活動もしていらっしゃいます。もう10年以上も続いていて、投稿記事からも有志のみなさんの和気あいあいとした雰囲気が伝わってきます。
 そして本日参加してくださったゲストの柿森さんは、早速「環境記者」としてデビューしていただくことになりました。ようこそ!
*『聖蹟公園花壇花植替え』他
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4947

 石田さんは、八潮のまわりの四季の移り変わりを投稿してくださっています。この1年は外出自粛の中で、何もせずに1日過ぎてしまう日々を避けるため「歩こう!」と思い立ち、歩くことを「仕事」にされていたそうです。そして、その道中、自然観察をしつつ記事のネタをみつけては投稿してくださいました。この冬は晴れの日が多く、木々や葉っぱの色が青空にとても映えたそうです。出席者のどなたかから「色鮮やかでカレンダーにしてもいいくらいだ。」との声が聞こえてきました。
 桜レポートはご自分の標本木を決めて開花の進み具合を記事にしてくださいました。東京の桜開花宣言の基となる標本木は靖国神社にあり、環境記者石田氏の標本木は八潮にあり。
*『私の桜の標本木』他
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4984

 小滝さんは、図書館再開を待って、本を読破して(1.5日で1冊のペース!)自粛生活を満喫されたそうです。食料の買い出しの回数を減らしたり、調理を工夫して保存食にしたり、コロナ禍ならではのアイデアがわいて、楽しめるようになってきたそうです。
 外出自粛のためのウェブ会議が多く、疲労回復のための散歩は欠かせなかったそうです。晩秋には美しい黄葉・紅葉、春には寒緋桜を日にち、場所を変えて写真にとり、投稿してくださいました。
*『私の散歩道~黄葉・紅葉編』他
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4874

 岑山さんは、仕事は在宅でオンライン中心、あとは保育園に通うお子さんと公園を散歩するなどして過ごされたそうです。環境記事は菅内閣総理大臣の所信表明演説「グリーン社会への実現」についての投稿していただきました。
 この5月開催予定の「しながわECOフェスティバル」にて紹介予定のイヤホン・ホルダーについてもお話くださいました。山梨県小菅村で社会問題となっている害獣対策として駆除した鹿の皮を有効活用しようと作ったもので、制作は障害者の方たちにお願いしているそうです。5月30日(日)のエコフェスの楽しみが1つ増えました。
*『菅内閣総理大臣、所信表明演説でグリーン社会の実現を宣言!』
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4850

 新居﨑さんは、お仕事が行政書士ということで持続化給付金、支援金などの申請書類の仕事が増えて多忙な毎日だったそうです。また、西中延3丁目会の町会長になられ、コロナの収束を願って「私のアマビエコンテスト」を開催され、大好評だったとのことです。
 また近所の神社のそばの桜が面白い咲き方をするのを発見して感動されたそうです。今まで気がつかなかったのが不思議だとのことでした。
*『近所の神社前の桜の咲き方がおもしろい』
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4995

 三森さんは今回が環境記者情報交換会デビューとなります。再生可能エネルギーに興味をもたれ、ソーシャルイノベーションを教えていらっしゃるとのこと。今後ともよろしくお願いいたします。

 最後に、秋に再度情報交換会を開催することをお約束し、閉会になりました。
 今回は出席されなかった高塚さん、真田さんからも以下の記事の投稿をいただきました。
* 高塚さん「酔芙蓉の心変わり」
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4837
* 真田さん「家の電気をCO2排出ゼロの電気に切り替えました」
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4902

ここに紹介できなかった記事は環境情報活動センターのホームページでご覧になれます。
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?cat=23
  https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?cat=24

令和3年4月19日

カテゴリ:◆情報交換会

投稿日:2021年04月22日

近所の神社前の桜の咲き方がおもしろい

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年04月19日

近所の旗が岡八幡神社の前の道路のソメイヨシノの街路樹が3月23日ごろに満開となり、枝はもちろん、幹にまで咲いていました。
4月5日には枝の花はほとんど散ってしまいましたが、幹からは新しい花芽が出てきて次々と咲き、蕾まで付いていました。
桜の生命力のたくましさに感動し、また面白い現象だと思いました。

令和3年4月9日
環境記者 新居﨑邦明

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年04月19日

私の桜の標本木

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年04月05日

 桜の季節となりました。今年の3月は例年の4月並み(日によっては5,6月並み)の暖かさの日があり、全国的に桜の開花が進み、例年に比べると1週間以上早いと言われています。
八潮団地の中には沢山の桜(ソメイヨシノ)の木がありますが、開花から満開までを楽しもうと、今年も「私の標本木」を決めました。
都内の桜(ソメイヨシノ)の標本木は靖国神社にありますが、気象庁の開花宣言が出されたのは3月14日でした。そして、「私の標本木」が開花したのは、3月18日でした。

満開を迎えたのは3月26日でした。

昨年の観察記録を見直してみたところ、今年とほぼ同じ頃、19日に開花を確認しています。
下の写真は昨年観察したものです。

昨年は緊急事態宣言が発出され、投稿をためらいましたので、今回改めて・・・

令和3年3月31日
環境記者 石田雅子

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年04月05日

2021年の桜/しながわ区民公園~花海道

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年03月24日

3月22(月)東京では桜満開情報! 
前日の風雨に耐え満開に・・・満開前の雨は開花を促すそうです。
桜の広場の開花状態が気になり、散歩を兼ねて出かけました。
「しながわ区民公園水族館口~桜の広場~花海道」
【しながわ水族館前】
月曜日の11時、水族館への来館者も少なく、ちょっと淋しい感じです。
ウッドデッキには人影チラホラです。
水族館前の改修工事で桜は2本残りました。まだ3分咲きくらいでしょうか・・?

桜の広場に向かう途中で出会った花たちです♪♪・・

【桜の広場】
6分咲きくらいでしょうか? テーブルは撤去され、広場には数人のみ・・

【しながわ花海道】
花海道沿いの小さな公園にあるブルーシートで覆われテーブルは使用禁止!
桜のトンネルの散歩道になっていた花海道は、昨年古木が伐採整理され淋しい。
目黒川沿いのようになるといいですね。
「さくら・菜の花・芝桜」のベストポジションなのに・・・菜の花がわずかでした。

今年は宴会なしのお花見!来年に期待したいと思います。

令和3年3月23日 
環境記者 真壁美枝子

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年03月24日

東八ツ山公園の桜が開花しました

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年03月18日

今朝、品川駅港南口からインターシティーを抜けての通勤途中で桜の開花写真を撮りました。5輪ほど咲いていました。3月16日(火)8:00
場所は東八ツ山公園で、八ツ山通りに沿って広がる細長い公園です。この公園は品川区と港区にまたがって位置し、花見の名所として知られています。
東京の桜(ソメイヨシノ)の標本木である靖国神社の桜は14日に開花しましたが、これは1953年の統計開始以降、昨年に並ぶ史上最速の開花です。このところ桜の開花時期は各地で早くなっているようですね。
コロナ禍の中、沈みがちな気分も桜が明るくしてくれます。
“春よこい、早く来い♪・・・”といった気分です。

令和3年3月16日
環境記者 小野文義

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年03月18日