品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

パナソニックの“家ライト”工作

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年12月10日

  令和3年11月21日(日)環境学習講座「パナソニックの”家ライト”工作」が開催されました。講師は「パナソニック㈱エレクトリックワークス社」の成瀬勲氏です。暮らしの中の「あかり」について学び、“家ライト”を工作しながら、省エネ、LEDの良さを学びました。

(1) “照明が創り出すあかり”のお話
・「あかり」とは・・・人がつくった光、「照明」とは・・・人がつくった光を利用する技術です。
・あなたの家にはいくつ‘照明’があるか?数えてみましょう!
みんなが答えてくれましたが、多分その数より多いと思います。
・家の中で照明は何番目に多く電気を使っているかな?
電気を一番多く使っているのは冷蔵庫です。1日中電気を使っているからです。照明は2番ですが、1番とあまり差がありません。
・照明ランプの寿命と電気の量の違い(おなじくらいの明るさでくらべると)

1日10時間使った場合、それぞれのランプの寿命は、
白熱灯:約3か月、蛍光灯:約1年6か月、LED:約10年です。
電気の量は、白熱灯:57ワット、蛍光灯:14ワット、LED:7ワットです。
・LEDの特徴
①長く使えるので、とりかえの回数やごみも減る。
②使う電気の量が少ないので、省エネ!
③小さいので、いろいろな所で使える。
④熱くならないので、安全!
(2)“家ライト”工作
①編みカゴ作り・・・講師の説明を聞き、説明書を見ながら何本ものバンドを編んでカゴを作りました。
詳しい説明書が用意されていました。

②和風シェード作り

③基盤に電池とLEDを装着→点灯

④LEDえらび・・・4色から好きな色を2色選びました。

⑤“家ライト”点灯

(3)アンケート結果より(一部)
・照明とLEDの勉強ができ、工作が楽しくできた。
・LEDの色を自分で選べるのと変えられるので楽しかったです。
・最初のレクチャーが簡潔にまとまっていて、子どもも集中して聞いていました。
・実用的なものが自分で手作りできて大満足でした。
以上

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年12月10日