品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

何に変身する?ハロウィンのお面作り♪

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年10月25日

令和3年10月17日(日)環境学習講座「何に変身する?ハロウィンのお面作り♪」が開催されました。講師は大野有紀子氏(エコアート作家)。小学生と保護者の皆さんに、リユース素材を使った張り子のお面作りを楽しんでいただきました。

■ ハロウィンと世界のお面
簡単なアイディアスケッチの後、ハロウィンと世界のお面のお話がありました。ハロウィンは古代ケルト人が、11月から始まる冬が「死の季節」と考えていたことに由来します。10月31日の夜に死の世界の扉が開き、人間界に紛れ込む幽霊や魔女に対抗して人間も怖い仮装をして集まり、かがり火をたいたのです。ハロウィン以外にもお面をつける文化は沢山あります。鳥のお面は世界中にあるのですが、例えばネイティブアメリカンの「ワシ」のお面には、他の鳥より高い所を飛ぶというというワシの特徴になぞらえ「太陽神の声を届ける、皆を上から見下ろすリーダー」という意味があります。どのお面にもそれぞれの祭りや儀式で使われる意味があり、人間が人間以外のものに変身して自然や神様に近づく、また物語を伝える道具として大切にされています。見たお面をヒントにしてもいいし「世界のどこにもないお面を作るぞ!」というのでも構いません。ハロウィンらしいお面でも、怖くなくてもオーケー!自由に製作します。

■ 張り子のお面を作る
厚紙で骨組みを作ったあと、ちぎった古新聞をのりで貼っていきます。リサイクル素材、羽根、アサリの貝殻、木っ端などの自然物もアレンジしてみました。複雑な形を目指す場合、色ぬりは家に持ち帰って行うことも可でしたが、全員が着色の段階までいきました。アクリル絵の具は、牛乳パックに水を少なめに入れ、筆洗いは絵具を雑巾でよく拭いてから行います。パレットは使用済み食品トレーです。

■ 何に変身した…かな?
低学年のお友達にとってこのような立体工作はチャレンジだったかもしれませんが、皆さん集中して取り組みました。「こういう耳を付けたいけど、どうやればできるかな?」と色々な工夫をしていましたね。どの作品も凄い!面白~い♪もう少し時間があったら良かったのですが、またお家で塗り足しても良いと思います。是非、納得ゆくまで手を入れて仮装に使って下さい。保護者の方々もサポート、本当にありがとうございました。

(*ピン一つで掛けられるので壁に飾るのもおススメです)

■アンケートより皆さんの声(一部抜粋)
・面にくり広げられる子供の意志や個性を見て、とてもうれしく勉強になりました。
・1年生には少し難しかったと思いますが、親子で協力できる内容で楽しかったです。子供が自分の好きなものを作れるのは良かったと思います。
・子供と夢中で作れました。楽しかったです。
・いろいろな、どうぐ、ざいりょうでつくれたのでたのしかったです。
・すごく楽しかった!

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年10月25日