品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

飲める水、泳げる海のある暮らし

カテゴリ:平成19年度

投稿日:2008年03月19日

 平成20年3月8日(土)に環境情報活動センターにて環境講座「飲める水、泳げる海のある暮らし」が開催されました。講師には下水処理コンサルタントの諸頭達夫さんと岡本正義さんにお越し頂き、下水道についてお話しして頂きました。
 
わかりやすく図や映像を使って下水道が油だらけになってしまっている事や改善するためにオイルトラップを取り付けよう!など今、私たちがもっとも気にしなくてはならない環境問題について教えて頂きました。
 
 途中、下水道の水再生センターの中の反応槽の中にいる微生物を顕微鏡で見せて頂きました。右の写真は顕微鏡で見た微生物です。この小さな丸い微生物達は円を描くようにくるくる回りながらいろんな所を移動していました。子供達は「動いてるよ!」と興味心身に覗いていました!この微生物が多くいるほど良い水ができるそうです。
 
次は実験です!
芝浦上水所のお水で実験しました。
 
 
 このお水は綺麗な水かな?と「上澄み液」と「処理後の水」をパックテストで比べてみました。緑が上澄み液、黄色が処理後の水となっております。あまりよろしくはないようです。そして匂いがとてもキツイです。こんな風に私たちの生活はお水を汚いものにしていっているのだな、と改めて実感いたしました。
 実験は先生に質問をしながら和やかな雰囲気で行われましたが、ぱっと受講者さまの中から「水道水も調べたい」とのお声が。この日はケーブルテレビの撮影も入りカメラマンの方から「何か問題でもあったら明日の朝からすぐ取材に来ますからね」なんて笑いながら言われましたが、…区役所の水道水に何かあるなんて絶対ありません!!という事で少し怯えながらも区役所の水道水も実験をする事に。
さてさて、結果は?

見事綺麗なピンクになりました!
先生の「大丈夫です」と嬉しそうな声に受講者の方々も「おぉ〜!」「良かった」と安心したようです。スタッフも安心いたしました。
       
 そして最後に先生からお水について「捨てる水ではなくしっかり使っていこう。温暖化もこういう所から来ているのだから」と水の無駄遣いを無くす事を心がけなければいけないと教えて頂きました。
受講者の皆様は実験がとても気に入ってくれたようで、楽しかったという声もでました。
楽しく、環境の事を考えられる講座になりました。

カテゴリ:平成19年度

投稿日:2008年03月19日