品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

大切な森のお話とつみ木のワークショップ

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年12月04日

令和元年11月24日(日)、環境学習講座「大切な森のお話とつみ木のワークショップ」が開催されました。講師は(公財)オイスカスタッフ4名で、木と森のお話と、日本で育った木で作られた一万個のつみ木のワークショップをしていただきました。

■木のクイズ
木の種類とその恵みについてのお話がありました。サクラの木は春、お花見の機会をくれるし、葉っぱや花は桜餅に使われたりします。ドングリがなるコナラの木はカブトムシたちが大好きな蜜を出します。今日使うつみ木は檜(ひのき)です。檜は日本と台湾にしか生えていない、良い匂いの木です。

■「つみ木のシャワー」
大人も子どもも寝転んで目と口を閉じると、スタッフが一万個のつみ木を体にかけてくれました。一万個の木のシャワーで「カラカラカラ~」という音と匂いの波を「浴びる」感覚です。

■「つみ木で作品づくり」
つみ木を作る上でのお約束は3つありました。
①つみ木をけったり、投げたりしない。
②つみ木はみんなで仲良く分け合う
③ともだちの作品もやさしく、大切にする

先生がお友達の作品を紹介してくれます。高く積めた作品も凄いのだけど、先生が細かい発想も見てくれます。スポットが当たると少し恥ずかしいけど、みんな嬉しそう。一度作った作品を、感謝しながら抱きしめるように崩して、二度目に作る時にはお互いを参考にして「もっと良いのを作りたい!」「今度は何作ろう?」と考えはじめました。カーペットの間を川と見立てて橋を作ったり、つみ木の形は3つだけなのに、それぞれの創造性がふくらみ、つながり、だんだん町になっていく様はとても面白かったですね。みんなで決めた名前は「東京・川崎ツミキタウン」(川が県境の所もあるから意外と正しいネーミングだったかもしれません)

■森を守る間伐(かんばつ)のお話
人が作る森では、お花を育てる時のように手入れが必要です。手入れをしていない森は暗くて太陽の光が入りません。光が入るように木を切ることを「間伐」といいますが、日本の木材が使われなくなって、この「間伐」=手入れがされていない森が増えてきています。今日のように日本の木に親しんで、日本の木を使うことで、日本の森を大切にしたいですね。

■参加者の声(アンケートより一部)
・  とてもとてもとってもとってもとーってもとーっても楽しかったです!
・  一人一人が自由に作ったモノがつながって、大きな町になる過程はおもしろかったです。高価なおもちゃでなくても集中してすっと遊べる子どもの想像力、創造力はすごいですね。
・  1万個の積木で遊ぶ機会なんてなかなかないし、子どもたちの創造力に驚かされた。
・  環境問題に対しての前向きな取組を知ることが出来て有意義でした。子どもも非常に楽しそうでした。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年12月04日