品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

「ミニ里山体験と自然観察」

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年10月28日

 令和元年10月14日(祝)しながわ区民公園にて、環境学習講座「ミニ里山体験と自然観察」が開催されました。講師は森林インストラクターの“しんちゃん”こと田中真次先生と“こんちゃん”こと昆野和弘先生。12組の親子が2グループに分かれ、霧雨ふる秋の「里山」をネイチャーゲームなども交えながら楽しく学びました。
 

■里山の自然にふれる
 1.可愛いハート形をしているカタバミのシュウ酸効果で10円玉をみがこう!

 2.笹ぶえを鳴らそう♪ 笹の葉っぱを両手の人差し指と親指にはさんでピー~♪

 
 3.どんぐりのお話
 どんぐりのいろいろなお話を聞きました。最近は食べる機会があまりないですが、その昔は炒ったり、炊いたり、また粉にしてだんごを作って食べたそうです。いろんなどんぐりをみつけて、どんぐりの根っこと葉っぱはどこから出てくるか、どんぐり虫のシギゾウムシとハイイロチョッキリの不思議など先生に名前や特徴を教えていただきました。

 
 4.その他
   
 キンモクセイの漢字名は「金木犀」と書きます。木の樹皮が動物のサイの皮膚に似ていることから犀(サイ)という字がきているようです。動物のサイとは全く想像もつかない可愛い花ですね。

 5.ヘビニョロニョロ遊び~~~
 先生が用意したクズの茎にシャボン玉液をつけて、吹いた泡をヘビのように長くする競争です。雨や風にも負けず、みんながんばりました。まわりにある自然のものを遊び道具にしてもこんなに楽しいのです。
 

■里山でネイチャーゲーム
 カモフラージュ・ゲーム
 自然の中で生きものが敵に見つからないように「カモフラージュ」(擬態)してどのように隠れているかを学びました。先生が事前に隠しておいた15コのアイテムをいくつ探すことができるか競争しました。
     
     
  悪天候の中でみつからないもの、むずかしいこともありましたが、「里山とは人間と自然が仲良くくらしている身近な森や林のこと」という先生が言われたことの意味が実感できたのではないでしょうか。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年10月28日