品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

緑のカーテンを作りましょう

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年05月25日

 平成30年5月12日(日)品川区環境情報活動センターにおいて、環境学習講座「緑のカーテンを作りましょう」が開催されました。講師は品川区民公園統括責任者の宮田 知さんです。
           
 宮田さんは植物・農学がご専門で、本講座では国内外で注目される植物を利用した避暑アイデアとしての「緑のカーテン」の取り組みや背景、そしてツル植物について詳しい解説をして頂き、後半はゴーヤとアサガオの種の植え付けをしました。

●緑のカーテンって何?
植物を建物の外側に生育させることにより、建物の室内の温度上昇を抑え、エアコンなどの利用を極力抑えて省エネを目的とした植物の利用方法です。植物を利用した避暑アイデアは決して今に始まったことではなく、改めて「緑のカーテン」と言う言葉が生まれた背景には地球温暖化、ヒートアイランド現象があります。
近年、「緑のカーテン」の取組は日本でも広がりをみせ、様々な取組事例があります。                     
●緑のカーテンで使われる植物
ゴーヤやアサガオなどの花や観葉植物だけでなく、ブドウ、キウイなどその特性が緑のカーテンに合致した性質を持つ植物すべてが使われます。その共通点として挙げるならば、そのほとんどがツル植物のケースが非常に多いです。
そのつる植物は、何も、アサガオやゴーヤのような草本性植物の一年草に限らず、宿根草はもちろん、木本性植物を含め多岐に渡ります。それらは以下のような事例で、公共施設の事例で言えば新校舎になった小学校の教室のベランダや、個人宅においても様々な植物を用いて緑のカーテンが創出されています。

●今回種まきした植物の基本的な特徴と知識
今回使用したゴーヤはウリ科、熱帯アジア原産。ウリ科植物にはキュウリ、スイカ、カボチャ、メロン、ヘチマ、ズッキーニなどがあります。ゴーヤは生物学的には「ニガウリ」農学では「ツルレイシ」と呼ばれます。
アサガオはヒルガオ科、南米を原産とします。他にはサツマイモ、ヒルガオ、ヨルガオがあります。
ゴーヤもアサガオも短日植物で夏至以降の日照時間が短くなると雌花、花芽がつく性質を持ちます。

●ゴーヤとアサガオの種の植え付け
まず、種植え込み用の土の準備をしておきます。紙のポットに土を八分目ほど入れ、種の落ち着きが良くなるように、水を振りかけて充分湿らせておきます。
次に、ゴーヤの種の尖った先端を少し切り、ゴーヤとアサガオの種を紙ポットに埋め込みます。
     
本日はここまで、あとは各自家に持ち帰っての作業となります。
ゴーヤの発芽に適した温度は25℃位がベストで、温度が低いと発芽しません。発芽から二週間ほどで本葉が出てきますので、本葉が2~4枚出揃ったところで本植えします。緑のカーテンとして利用するのであればその中で一番元気な優性樹を選んでください。
 さらに2枚ほど本葉が出た時点で整枝を行ってください。整枝をすることで、横の広がりが大きくなる生育を呈し、緑のカーテンにふさわしいアサガオやゴーヤが育つことになります。
苗の置く場所は日当たりの良いところで、水やり肥料も大切です。今回使用した西洋アサガオは冬の寒さが来るまで咲き続けるので長く楽しめます。

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年05月25日