品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

エコ素材で作る香り豊かな入浴剤『バスボム』

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2015年12月08日

 平成27年11月29日(日)品川区環境情報活動センターにおいて、環境学習講座「エコ素材で作る香り豊かな入浴剤『バスボム』」が開催されました。講師として一般社団法人環境教育振興協会理事の深澤秀治さんにお越しいただきました。

 地球温暖化に関する3択クイズを行い、温室効果ガスがもたらす影響と、その6割を占める二酸化炭素の増える原因が「ものを燃やしているから」である事を学びました。私たちが使っている電気も、ものを燃やして作っています。パソコンを使用したりゲームをすることは、直接ではありませんが、間接的にものを燃やしている事になります。そのため、私たちは省エネを心がけなくてはいけません。どんな省エネをしているかを子どもたちに聞いたところ、「冷蔵庫を開ける時間を少なくする」「なるべく電気(エネルギー)を使わない」との意見がでました。では、おうちで一番エネルギーを使っているのはどこでしょう・・・実はシャワーなどのお湯を出す給湯用なのです!
 講師が「シャワーを15分ほど出しっぱなしにしていると、風呂桶一杯分くらいになってしまうよ」と言うと、子どもたちの「へえ〜!?」という声が聞こえてきました。普段何気なく使っていたシャワーが温暖化に影響を及ぼしている事実と、エネルギーの量の多さに驚いてしまいますね。なので、シャワーの使用は短時間を心がけ、お風呂は家族で時間をあけずに入り、なるべく追い炊きをしないようにしましょう。
 さて、そんなにエネルギーを使ってしまうお風呂に工夫をしてみましょう! ということで、バスボムの登場です。実はバスボムをお風呂に入れると長いあいだ体がポカポカして、暖房をあまり使わずにすむのです。

お茶の葉入りのバスボムでシュワシュワの泡を実際に見る事ができました。この泡によって血行がよくなり体の温度があがるのですね。
     
バスボム作りに挑戦です。

アロマオイルや色材を使って、オリジナルのバスボムをつくりました♪

色材を混ぜすぎてとても濃い色になってしまった班もありましたが、皆楽しそうにバスボム作りに取り組みました。自宅でも簡単にできるので、お友達や身近な人にプレゼントをしてみてはいかがですか。

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2015年12月08日