品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

アートで素敵なエコバッグ作り

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2015年06月21日

H27年6月7日(日)環境学習講座「アートで素敵なエコバッグ作り」が行われました(講師:大野有紀子/エコアート作家)。デザインのヒントを得るため、文化人類学を絡めたアートの話、エコをデザインする例などを見た後、牛乳パックでオリジナルステンシルに挑戦するという内容でした。

■ 壁画や装飾のデザイン/原始アートPrimitive Art
アメリカンインディアンとクマの濃い関係を知ると壁画などがより興味深く見えてきます。環太平洋の多くの民族の身体装飾等も然り。素朴なデザインでも力強く、正当で様々な意味が隠されています。
■ 1960年代〜の現代芸術/ポップアートPop Artなど
Tシャツ文化と一緒にアメリカから広がった、画廊や美術館から解放されたアートです。明るくはじけた印象ですが、消費社会や体制を批判した内容も多くしっかりとしたメッセージを読み取れ、ステンシルの技法を使った作品も見られます。

■ エコバッグのデザイン/見本の説明
キャラクターが手を繋いだ★見本のイラストは「Good planets are hard to find. Don’t blow it!(良い惑星は見つけ難い。台無しにしてはいけない)」という読み人知らずの格言を元に発想しています。宇宙人というと漫画っぽい発想のように思われがちですが、地球を客観視する思考を促すのに有効です。一つしかない地球を大切にできる人類になれてこそ…、自然、宇宙、どんな生命体とも友好的に調和出来たら…という講師個人の空想を表現したデザインです。他にも天地創造の民話をイラスト化したものなどを参考にしていただきました。
        
・制作は牛乳パックのカット中心…道具等はスポンジなど台所用品を代用しました.

■ まとめ・・・民話や原始アートを通して人類が古より自然をどう捉え、他の動物達とどう向き合ってきたか、各民族のユニークな視点を知ることができます。「ecology」=が人間と自然との共存関係を考える事である時、文化人類学を用いた今回の講座構成も『エコ』に対し新鮮なアプローチになり得るという感触がありました。
——————————————————————————————-
難しい箇所もあったかと思いますが、オリジナル作品〜文献の壁画を用いるなど多様な作品群となりました。大人のクラフト講座として和気あいあいと楽しんでいただけて本当に良かったです。
【受講者アンケートより】ステンシルは初めてで楽しかったです。インディアンアートなどのお話も興味が涌き、これから調べてみようと思いました。/楽しく時間があっという間に過ぎました。初めてだったので次回講座があれば参加したいです。(↓皆さんの完成作品をまとめた画像です)

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2015年06月21日