品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

エコ素材で作る香り豊かな入浴剤「バスボム」

カテゴリ:平成26年度

投稿日:2014年12月11日

 平成26年11月30日(日)品川区環境情報活動センターにおいて、環境学習講座「エコ素材で作る香り豊かな入浴剤『バスボム』」が開催されました。講師は一般社団法人環境教育振興協会理事、深澤秀治さんにお越しいただきました。

■温暖化のお話
 興味深いクイズからはじまりました。温暖化とCO2の関係は今や多くの人の知るところですが、80年前既に温暖化を題材にした物語を描いた日本人がいました。宮澤賢治が「グスコーブドリの伝記」で、冷害からイーハトーブの作物を守るために人工的に火山を噴火させ、CO2を増やすという仕組みを著していたのです。

 現代の私たちは、CO2削減のために省エネを意識した行動が生活のあらゆる場面で求められていますが、これは入浴の時もしかり。家族が間を空けずに(何度も追炊きをせずに)入る、シャワーをこまめに止めるなどを心掛けることで、年間ガス代がいくら違ってくるのかを具体的な数字もクイズで教えていただきました。これは節約もかねて是非実行したいところ…。本日制作するバスボムで、体をしっかり温めることにより、暖房も少し早めに切れるかもしれませんね。
■バスボムの制作

                      本日の材料
 『バスボム』は重曹とクエン酸からなり、お湯に溶けることにより炭酸ガスを発生させる入浴剤です。香りを付け、シュワシュワという音も楽しむことができます。先ずはグループごと、練習としてガチャガチャカプセルを利用した半円型のものを制作しました。
□作り方
�重曹とクエン酸を2:1の割合で混ぜる
�混ぜながら霧吹きで徐々に湿らせます。
�水気は指でつまんでギュッとしたとき、粉が指にくっつく程度。水分が多すぎると発泡が始まってし まうので気を付けます。
�適量をラップに取り、型に入れ、ラップが破れないようにしながら押し固めま   す。
�2〜3日程度乾かして、完成です。

 休憩を挟んで二つ目の制作です。今度は二人一組で香り/色付けの相談をしてから材料を合わせます。料理用の様々な型から好きな物を選び、成型。型から抜くのに苦心した方もいたようですが、皆さん二度目の方がスムースでした。
 後半は香料の良い匂いが教室いっぱいに広がり、幸せな気分が倍増…楽しい作業の様でした。材料も簡単なもので非常に経済的。家に帰ってお友達にも作ってあげたいなどの感想が聞かれました。2〜3日後のお風呂が楽しみです。

カテゴリ:平成26年度

投稿日:2014年12月11日