品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

間伐材を使ってどんぐり人形を作ろう

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年12月01日

 11月20(日)、品川区環境情報活動センターにて、環境学習講座「間伐材を使ってどんぐり人形を作ろう」が開催されました。講師には丸山均氏(しながわ区民公園管理事務所長)をお招きして、小学生とその保護者が一緒に楽しく工作をしました。

●どんぐりのお話
工作の前にどんぐりのお話を聞きました。「どんぐり」という名の木は無く、大きく分けて「ブナ科」の実を「どんぐり」と呼んでいること、栗も仲間であること。マテバシイがどのような幹でどんな花が咲くのか…、どんぐりは食べられるけど、あまりおいしくないことも教えていただきました。どんぐりに付く「ゾウムシ」の電子顕微鏡の写真も興味深いものでしたね。(*使用した実は先生が一度冷凍処理なさっています)

●どんぐり人形作り
今回の工作は丸山先生オリジナルの工作セットで、3種類の人形を作る形式でした。クリボーと名付けられたキャラクターはすぐに出来たけど、音楽隊はバランス良く固定するのに大苦戦…。バイオリン・ギターをチェロに見立てたお友だちもいました。

●完成~!
決まった形に仕上げる難しさがありましたが皆さん本当に集中していました。親子で同じ作業に取り組み、それぞれ少しずつ違った表情の完成になり、「楽しかった~!」の声が聞かれました。今日の工作で公園などに落ちているものでも楽しく作品が出来ることが分かりました。是非また自分で考えたものなど、形にして欲しいと思います。

*参加者アンケートより(抜粋)
・子供がとても楽しみにしていた。細かい作業が少し難しかった。
・親子で楽しく参加できました。秋のもので作品を作り、季節感もあって良かったです。
・先生がとてもきさくな方でどんぐりの話もとても楽しかったです。大人でも作成に苦戦してしまいましたが、とても良い経験ができて良かったです。
・作った人形がかわいかった。

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年12月01日