品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

エコなLEDを使ってクリスマスカードを作ろう

カテゴリ:平成23年度

投稿日:2012年01月04日

平成23年12月4日(日)品川区環境情報活動センターにおいて、環境学習講座「エコなLEDを使ってクリスマスカードを作ろう」を開催しました。講師は子ども向けワークショップ開催団体イクモを主催されている水野さゆりさんです。LEDの特性についてお話いただき、そのあとLEDを使ったクリスマスカードを作りました。
                                                                                                                 右上の写真は今日の材料です
LEDって何だろう?
LEDはどこで使われていますかとの水野先生の質問に「電球」「信号機」の声があがりました。その他、カラフルなイルミネーションにもたくさん使われているLEDですが、次のような特性があります。
� LEDは蛍光灯の約5倍長持ちする→お金がかからない、取り換えの回数が減る
� LEDは蛍光灯の半分の電力で明るく光ることができる→熱くない
� LEDの弱点は値段が高く、照らす範囲が狭いこと→安くなる、改善されるなどの可能性あり
電球比較装置の明かりをつけて、照明を比べてみました。点灯してすぐ白熱電球が熱くなっていることに気が付きます。そしてしばらくすると、蛍光灯も熱くなりますが、LEDは熱くなりません。

熱いかな?                   LED電球はどれ?
次にLEDを光らせてみましょう
1. 赤LEDの黒い線と青LEDの青い線をねじる
2. 青LEDの黒い線と緑LEDの緑の線をねじる
3. 残っているLEDを自分でつなげてみよう(W型のものをふたつ作り、つなげます)
4. 電池スナップとLEDをつなごう
5. 電池をスナップにつけてみると、LEDがつきます
   
つながりました。ふたつ作りつなげます。  LEDが光りました

みんなが画用紙を「折り曲げたり」「丸めたり」「カットしたり」して、思い思いの作品を作りあげました。イラストを描いた絵に小さな穴を開けてLEDを入れると、点滅するタイプのLEDが効果的に光り、とても美しくできあがりました。大きさや形は様々で、立体的なもの、飛び出すもの、折りたたむものなど。絵はサンタやツリーなどのクリスマスの定番のほか、電車や動物が描かれていました。 
 
LEDのエコな部分を学んだだけでなく、自分で絵を考え、形を工夫し、世界に一つのクリスマスカードを作り上げた子どもたち。どの作品も売られているものとは一味違う、心のこもった素敵な作品が出来あがりました。

カテゴリ:平成23年度

投稿日:2012年01月04日