品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

夏休み子ども環境講座「今日は1日環境DAY」

カテゴリ:平成18年度

投稿日:2006年09月15日

●日時   :8月4日(金)午前9時〜午後4時
●参加費  :無料
8月4日(金)、「ガスの科学館:がすてなーに」と「品川清掃工場」に見学に行きました。
とにかくみんな、朝から元気いっぱい!「自由研究にしたい!」という勉強熱心な子供たちがたくさん集まりました。
■「ガスの科学館:がすてなーに」にて

「がすてなーに」では、自分たちが使っている天然ガスが、どこから来て、どのように使われているのか、また、環境にやさしいといわれる天然ガスのさまざまな特徴を、実験や体験を通して学びました。
6月に出来たばかりの施設のため、最新の展示ばかり。実際のガス管を、ヘルメットをかぶって通ってみたり、大きな鍋を二人がかりでアップダウンさせ、目の前の画面に映し出される野菜炒めが焦げないように、ガスの調節をしながらお料理をしたりと、みんな真剣そのものでした。
また、エナジースタジオでは、天然ガスを液状にする実験を見ました。
天然ガスは外国からどうやって運ばれてくるのか、みなさんご存知でした?
一部の女の子は目の前の実験を見るだけでなく、液体になる温度までもしっかりとメモをとっていました。これで自由研究はばっちりと言った感じでした。
■「品川清掃工場」にて
まずは、自分たちの出したゴミがどのように処理されているのかを、清掃工場の方に教えていただきました。ゴミが処理されていく、たくさんの映像を大きな画面で見て驚き!「これって今?」

こちらも新しい施設だったので、とても清潔で、コンピューター制御で運営されていました。
清掃工場の方には施設を案内していただいたばかりでなく、帰りにお土産として清掃工場の脇で育ったお花をいただきました。みんなが思っている清掃工場のイメージとはちょっと違っていたようです。
見学の後、教室に戻りみんなで自分が感じたこと、学んできたことをしっかりと発表しました。
そして、環境のために今日からできる目標をひとりひとりが決め、解散。ちょっと疲れた感じもありましたが、笑顔で帰っていきました。
●楽しみながらも、分からないことはしっかり質問して解決していくというみんなの姿勢がとても印象的でした。今後も子供たちが体験を通して、環境問題を考えられる講座を考えていきたいと思います。ご期待ください。

カテゴリ:平成18年度

投稿日:2006年09月15日