品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

これからの森づくりと環境を考える

カテゴリ:平成18年度

投稿日:2006年06月20日

日 時:5月20日(土)午後2時〜4時
場 所:環境情報活動センター
(品川区役所第2庁舎3F)
講 師:持立真奈美氏
材料費:なし
保険料:なし
♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪
身の回りの木製製品、例えば机や棚・・・あなたは、それらの木がどこから来た木なのか、ご存知ですか?
温暖化対策のため、森林伐採問題を解決するため、森林認証という制度が生まれました。
自然の熱帯雨林から伐採するのではなく、食物連鎖や先住民の権利、環境を考慮した営業方針などの審査を通り、認証された管理された森から伐採した木には、番号つきのロゴマークが付けられ、加工から私たちの手元に届くまで管理されます。
ところが、アラスカ先住民の企業は、代々の土地を切り売りしてアラスカの森を伐採しています。これらは森林認証をとっておらず、70%の木が切られて荒れた状態になっています。その木の60%はアジア向けに輸出され、なんと日本が一番の輸出先になっているのです!流通構造の改善など、森林の伐採により生計をたてている先住民の方々の生活を守りながら環境を守ることが課題です。
これからは食品と同じように木製製品も出所を確認する時代なのかもしれません。

カテゴリ:平成18年度

投稿日:2006年06月20日