品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

春の寄せ植え

カテゴリ:平成21年度

投稿日:2010年03月05日

 2010年3月5日(金)に環境情報活動センターにて環境講座「春の寄せ植え」が行なわれました。講師は秋草会メンバーの方々と園芸研究家の伊藤金美先生です。
 
今回はさぎ草とベニチガヤを寄せ植えします。花も葉もない寄せ植えなので少し寂しい感じもしますが育てる楽しみと咲く期待感が持てる講座になりました。
               
                    
まず初めに秋草会メンバーの方々による実演を見てから実際に寄せ植えをしていきます。
   
サギ草の球根は手で触ると菌が入ってしまうため必ずお箸等を使います。今回の球根には少し芽がでているので芽を上にし、どれが立派に育つか考えながら植えて行きました。
                
*完成品         *ベニチガヤ       *サギ草
    
完成品はこのようになりました!7〜8月くらいには上の写真のようになります。大体20〜30cmくらいに育つそうです。ベニチガヤは日陰に置くと緑色のまま、日に当てると赤く綺麗な色になるそうです。どちらの色で楽しむか考えるのも楽しみの一つになりますよ。
これからの育て方としては下から澄んだ水がでてくるまで水をあげ、日に当てて(西日にだけはあてない)夏になるのを待つだけです。お水を切らすと球根がしぼんでしまうので絶対に水は切らさないで下さい。4月には少しずつ育ち始めるとの事ですので、夏が楽しみですね♪
                
  
最後に伊藤先生からサギ草とベニチガヤの詳しいお話しと今どんな寄せ植えを行なっているかお話がありました。若い人向けの寄せ植えや安い材料でどう楽しむかなど普段身近に自然を楽しむためのアドバイスがあり今後の参考になりました。

カテゴリ:平成21年度

投稿日:2010年03月05日