品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。

気象予報士から学ぶ気象と環境

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月16日

7月27日(土)~29日(月)夏休みこども環境学習講座「気象予報士から学ぶ気象と環境」(講師:NPO法人気象キャスターネットワーク気象予報士の皆さん)が開催されました。様々な気象現象、地球温暖化などについてのお話や実験、工作を楽しみました。

1日目:7月27日(土)「天気予報にチャレンジ」(3、4年)講師:奈良岡希実子氏
(1)お天気クイズ
テレビでもおなじみの奈良岡先生。お天気のクイズではじまりました。雲づくり実験、竜巻実験、保護者2名にもお手伝いいただいた「雨粒はどんな形のパンに似ている?」も面白かったですね。 
 
 (2)自然災害から身を守るマイ・タイムラインづくり
台風などの災害時、避難の準備はいつ始めれば良いのでしょう?自分の家に避難の時に助けが必要な人、例えば直ぐに動けない家族や、赤ちゃん、ペットがいるのか?その場合は早めに避難を始めたほうがいいですね。避難先はどこ?何を持って逃げればいいのか?など前もって家族と話しあっておく機会になりそうですね。
●自然災害から身を守る3つの「K」
 ・被害(ひがい)をイメージする「考える」
 ・周りの様子に注意する「気づく」
 ・早めに避難(ひなん)する「行動する」
(3)天気図の読み方とお天気キャスター体験 
天気図の読み方を学び、お天気キャスターのやり方を見ました。前に出て挑戦できる子はいませんでしたが、お家に帰ってご家族の前でやってみても良いですね。テレビの天気予報も興味を持って見てもらいたいですね。
(4)温度をはかる
外に出て建物のかべ、土の所やアスファルトの所、木かげやひなたの表面温度を測ってみました。実際に数字でみると、自然、緑の大切さがよく分ります。ヒートアイランド現象、地球温暖化への理解が深まりました。

(5)雲の図鑑作り 
最後に雲図鑑を作りました。見本のイラスト、写真を見ながら白や灰色の綿で種類の雲を表現しました。
  アンケートより(一部)
ž・実際に実験してみて知ることは、本当に「百聞は一見にしかず」だと思いました。外の温度を測ってみて、アスファルトと土の差に驚いたりとても身になる講座だったと思います。
・体験できる点(雲作りなど)は、子どもたちも喜んでおり、良い体験になったと思います。また普段子供たちが気にした事のない雨の形や、災害時の避難計画も良い勉強となったと思います。

2日目:7月28日(日)「2100年 未来の天気予報」(4年生~6年生) 講師:新村美里さん
高学年を対象とした2日目は、地球温暖化と私たちの生活について考えました。また、天気図の読み方を学び、牛乳パックで百葉箱を作りました。
(1)2100年の天気予報
講座は、新村キャスターの2100年の天気予報の実況からスタートです。
2100年の地球は、大変なことになっています!最高気温は北海道でも40℃を超えて、熱中症で運ばれる人が続出します。雨が降らず農作物が枯れる被害がある一方で、局地的な大雨や、川の氾濫、竜巻のような大型台風、高波、高潮が発生します。
想像を絶する惨状の原因は、地球温暖化です。100年後には地球全体の気温が4.8℃も上昇すると予想されています。なぜ地球温暖化が進むのでしょうか。空気中の二酸化炭素が増えるためです。二酸化炭素は空気より暖まりやすい性質があるので、二酸化炭素が増えると気温が上がるのです。  

(2)二酸化炭素の温室効果実験
本当に二酸化炭素が多いと温暖化するのか、実験をして確かめてみました。
二つの容器の片方に二酸化炭素を注入し、赤外線を当て続けて過熱しました。4分間で、二酸化炭素を注入したほうは8.3℃温度が上がったのに対して、空気だけのものは7.3℃の上昇で、二酸化炭素を注入したもののほうが、1℃高かったです。。二酸化炭素は目に見えないし、においもしませんが、二酸化炭素が増えると気温が上がるということを子どもたちは、目の前で起こった現象を確認して理解しました。
 
(3) 「生活ボックス」で身近なエネルギーを考えよう
 
二酸化炭素を出さないために私たちができることは何なのか、考えました。
エネルギーを使うときに二酸化炭素が発生します。私たちの日々の生活のどの部分でエネルギーを使っているのか、「生活ボックス」というツールを使って生活を振り返ってみました。どうしたら二酸化炭素の排出量を減らせるのか、グループで話し合いました。例えばパイナップルでも遠くでできたものを運ぶ時にエネルギーを使うことなど、生活の様々な場面でエネルギーを使っていることに気づきがありましたね。 
                                            
(4)天気や地球のエネルギーを使おう!-風力発電実験
発電時に二酸化炭素を出さない再生可能エネルギーの活用は、重要な地球温暖化対策です。
再生可能エネルギーにどんなものがあるのか学びました。また、風でエネルギーを作る実験に挑戦し、風力発電の原理を確認しました。
(5)天気図の見方
天気図の見方をクイズ形式で確認し、お天気キャスター経験もしました。
 
 (6)牛乳パックで百葉箱作り
百葉箱とは、なるべく直射日光の影響や雨などの影響がない環境で、主に屋外の気温を測るために作られたものです。簡易百葉箱を作ってみました。牛乳パックに温度計を見る窓と風を通す窓二つを開けて、温度計を入れて完成です。外に出て、早速測定をしてみました。 

(7)こんな実験もしました♪

アンケートより(一部)
ž・実験が多く 理科が苦手な娘にも興味を持って参加できたと思います。工作も単純でありながら百葉箱作りという観点が面白く、家で使えそうです。
・実際に雲をペットボトルで作っていて、楽しそうでした。CO2効果の実験も家庭ではできなそうもない為ありがたく感じました。

3日目:7月29日(月)「お天気ふしぎ発見!」(小学1,2年生と保護者) 講師:竹下愛美 氏
 中央:竹下先生 左:川崎さん 右:中津畑さん    元気な1、2年生♪♪
(1) お天気クイズ
まず、お天気のクイズではじまりました。雲の名前、雨つぶの形、雷やたつまき、虹のしくみをクイズを通して学びました。皆、元気に手をあげて、もりあがりました。
(2)実験
「雲を作る」「雷の音のする楽器を鳴らす」「虹を見る」「たつまきを作る」などの実験をしました。
ほとんど全員が体験できて良かった!

(3)工作
・紫外線ビーズのストラップ作り
紫外線で色が変わるビーズのストラップを作りました。ビーズが日射し(紫外線)で何色に変化するのかワクワクします。                白のビーズが紫外線で薄紫に!!    
 
光の万華鏡作り 
 
1,2年生は元気いっぱい!おとなにも手伝ってもらって環境のお勉強、実験、工作、と任務完了!
アンケートより(一部)
・目で見て手を動かして学べる形だったので、理屈は分からなくても心に残るのではないかと思います。クイズも楽しく参加できてよかったです。大人も勉強になりました。
・楽しく学ばせる工夫がたくさんあって、とても良かったと思います。来たかいがあったと強く感じました。
・低学年でもわかりやすく、丁寧なお話ありがとうございました。
・ていねいに準備されていて、講座の内容も役に立つものでした。お天気は身近なテーマなので、親子の会話にも良いと感じました。自由工作も豪華な2点で夏休みの工作や自由研究の参考になりました。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月16日

水の力、水の不思議の実験で自由研究

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月15日

 令和元年8月11日(日)、環境学習講座「水の力、水の不思議の実験で自由研究」が開催されました。講師は公益財団法人日本環境協会こども環境相談室の岡本さんほか5名の皆さんです。
すきまを登る水、丸くなる水の実験などを通して、水の力、水の不思議について、さらに自由研究の具体的な進め方など、多くを学ぶことができました。
1.調べたいこと
(1)水に浮かんだ氷がとけると、島が沈むか?
地球の海模型に水を入れ、その中に氷を浮かせ、氷がとける前ととけた後の島の様子を見ました。
「北極海」や「南極大陸」の氷がとけると水面の高さ(赤い線)はどうなったでしょう?

 
  地球温暖化で北極海の氷がとけても海水面の高さは変わりませんが、南極大陸の氷がとけると海水面が上昇します。この写真ではよく見えませんが、模型のツバル(海抜が最高でも5mと低い、南太平洋の小さな島国)は沈んでしまいました。
(2)水は丸くなるのか?
①ハスの葉っぱにスポイトで水滴を落とし、葉っぱの上の水の形を観察しました。
②ヨーグルトのフタの裏に同じように水滴を落とし、フタの上の水の形を観察しました。
③ハスの葉っぱとヨーグルトのフタの表面を顕微鏡で見ました。

   
ハスの上の水滴は丸くなり、葉っぱの上をコロコロと転がりました。
ヨーグルトのフタ(の裏)の上の水滴も丸くなりました。これはハスの上の水滴が丸くなる表面構造を応用したもので、ヨーグルトがくっつかない商品のフタです。
(3)水は細いすきまを登るか?
①太さの違うガラス管3本を立て、ガラス管の先を赤インクで色をつけた水につけると、ガラス管の中を登る水の高さが違いました。
②レタスの下の方を赤インクの水に浸すと、レタスが赤く染まって見えました。
葉っぱの中の細い管を水が登ったのです。
                
(4)黒インキは黒色だけだろうか?
  ろ紙(コーヒーフィルターを使用)に黒インキを1滴たらし、ろ紙の下を水につけました。水がろ紙をぬらしながら上がっていきました。黒インキの色がどのように変化するかを観察しました。
ちょっとわかりにくいですが、黒インキの色は赤・青・黄の3色に分かれています。正しくは赤紫(マゼンタ)、青緑(シアン)、黄の3色で、色の3原色です。この3色を混ぜあわせると黒色になります。水につけることによって3色に分離しました。
なお、光の三原色は赤、緑、青で、この3色を混ぜ合わせると白になります。
         

   

                       

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月15日

環境マークを集めて、自由研究をつくっちゃおう!

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年07月30日

令和元年7 月21 日(日)、環境学習講座「環境マークを集めて、自由研究をつくっちゃおう!」が開催されました。講師は一般社団法人地球温暖化防止全国ネットの井原妙氏です。

(1)地球温暖化についてクイズに答えよう![1]
・いまの地球の平均気温ってどのくらい?・・・15℃
・いままでの100年くらいの間に地球の平均気温ってどのくらいあがった?・・・1℃くらい
 でも東京では、約3℃あがりました。都会では地方より気温が大きくあがっています。
(2)自由研究つくり
①いろいろな商品などについている環境マークを事前に集め、講座当日持って来ていただきました。
②用意されたカードに、持ってきたマークを貼り付け、その名前や意味、商品などについていた場所を書き込みました。



③カードを模造紙に貼り付けました。 カードを模造紙に貼り付けました。 カードを模造紙に貼り付けました。 カードを模造紙に貼り付けました。 カードを模造紙に貼り付けました。 カードを模造紙に貼り付けました。

(3)地球温暖化についてクイズに答えよう![2]
先ほど、いままでの100年くらいの間に地球の平均気温が1℃くらいあがったと言いましたが、それではこのあと100年後には最大で地球の平均気温ってどのくらいあがるでしょう?
いままで100年で1℃なのに、三択の一番下が2℃というのは恐ろしいですね。

5℃もあがってしまうとどんなことが起こるか全くわかりません。そこで国際的協定(パリ協定)では何とか2℃に抑えようという努力目標を掲げています。
一つひとつのエコのマークを知ったうえで、みんなが少しでも環境にやさしい商品を買ったり、ごみに出すときは、表示を見ながら分別しようとしてくれたら、もしかしたら2℃に抑えられるかもしれませんね。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年07月30日

木の大切さを学び、竹笛を作って鳴らそう

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年07月06日

 令和元年6月29日(土)、環境学習講座「木の大切さを学び、竹笛を作って鳴らそう」が開催されました。講師は森林インストラクターの石川雄一さん、田川裕則さんのお2人です。

 タケノコ目当てに輸入された中国原産のモソウチクですが、成長が早く、竹製品の需要なども減っているため、「竹林」が管理されずに「竹やぶ」になってしまっています。今日は素材としての「竹」を使った工作ですので、有効利用と言えます。
工作時の注意は「のこぎりを持って歩かない、人に向けない、ふりまわさない」また「おさえる方の手に軍手をする」です。

■ウグイス笛
石川先生が苦労の末あみだした竹笛の絶妙な角度により、皆さんすぐにウグイス笛を鳴らすことができました。吹いて鳴る位置をみつけたら、そのまま接着します。 

■ブンブンゴマ   
ブンブンゴマは回すのに少し練習が必要でしたが、本当に「ブンブン」と音が聞こえるほど、よく回せていたお友達もいましたね。

アンケートより一部抜粋
・木や昔ながらの遊びにふれられてよかったです。子供がノコギリやヤスリを使う機会に恵まれて新しいチャレンジがさせられてよかったです。
・竹を切るのも、ひもを通すのも、結ぶのも、日頃ほとんどやらないため「もう無理」とすぐ言っていましたが、なんとかやり通し、できあがってからはとても喜んでいました。
・自然の物を利用して楽しむ事の勉強になりました。         

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年07月06日

「南極を知る、体験する」

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年07月05日

令和元年6月16日(日)、環境学習講座「南極を知る、体験する」が開催されました。毎回反響の大きい人気講座です。㈱ミサワホーム総合研究所の元日本南極地域観測隊越冬隊員の井熊英治さんが講師を務められました。井熊さんは、今までに4回、通算3年4か月の間、南極観測隊の建築担当の設営系隊員として任務に就かれた経験豊富な隊員さんです。映像とともに巧みな話術で語られる貴重なお話は大変興味深く、おおいに盛り上がりました。
南極は日本から14000kmも離れていています。南極観測隊は、オーストラリアまで飛行機で行き、そこから南極観測隊「しらせ」で南極へ向かいます。昭和基地までの船旅は、2~3週間、帰路は5週間もかかります。船旅の動画の荒れ狂う海の迫力には圧倒されます。観測船は、左右に80度も傾き、船旅で体重が15kgも落ちた人がいるそうです。「命を懸けないといけないところに来たと覚悟する」と井熊さんはおっしゃっていました。基地に近づくと海は凍っているので、基地から40キロ地点でヘリコプターに乗り換えて南極に辿り着きます。日本からはるか遠く離れた南極はどのようなところで、南極隊員はどんな生活をしているのでしょうか。

(1)南極の自然環境
①とにかく寒い!
日本の昭和基地の観測上の最低気温の記録は-45.3℃、ロシアのボストーク基地の最低気温は、なんと-89.2℃です。井熊さんは、昭和基地で-38.5℃、ドームふじ基地で-58.0℃の寒さを実際に経験されています。これだけ寒いと何が起こるのでしょうか? 耳が凍る、1時間に1回解凍しないと完全に凍って取れてしまう、など、驚きの現象が起こります。

②すごく風が強い!
風速60メートル/秒でホワイトアウトが起こり、視界が白一色になり、まわりが見えなくなります。風速60メートル/秒のブリザード(極地の猛吹雪を伴う強風)は、時速220kmの新幹線の屋根で感じる風速に相当します。

③昼と夜がヘン!
白夜(12~1月中旬)には、太陽は出っ放しで沈まないで、ずっと昼です。極夜(6~7月中旬)には、太陽は1日中昇らないで、地平線を東から西に転がるように移動します。

 (2)南極観測隊の生活
南極観測隊はどんな人たちなのでしょうか。隊長の元、観測部門と設営部門の人が働いています。1年4か月駐在する越冬隊が25~40人、4か月の夏隊が15~20人です。隊員は、1業種につき、派遣されるのは、ひとりかふたりです。ですから、建築作業をするときには、研究者や医師など他の業種の隊員に協力してもらうことになるので、色々な人とうまくやることが必要となります。
基地の中は意外と快適で、室温18℃で床暖もあります。温めた空気が逃げないように工夫して余計なエネルギーを使わないようにしています。食事は一流の料理人が作ります。日本にいるときに比べて、1日当たり1000キロカロリー多く取らなくてはなりません。基地内で水耕栽培で野菜を育てています。雪を溶かして風呂やトイレで使います。ゴミは分別して日本に持ち帰ります。バクテリアを浄化槽で処理して粉にすると、軽いし臭いもしません。インターネットがつながっていて、動画も見られます。娯楽係がいて遠足を企画したり、40人は入れるかまくらを作ったり、‐30℃の屋外で凍りながらアルゴリズム体操をしたり、ホームランを打つとアウトというルールの野球をしたり、厳しい自然の中で任務を遂行する一方で、息抜きや、仲間とのコミュニケーションを大切にしているのですね。

(3)南極の氷
南極の雪の結晶は、120種類くらいあります。湿度と気温で形が変わるのです。南極の氷が溶けたと仮定したら、世界の海の高さはなんと50メートルも上昇します。一方、北極の氷が溶けてもほとんど変わりません。何故こんなに違うのでしょうか。南極は氷の大陸です。氷の厚さは平均2000㍍、最高4700メートルにもなります。地球上の真水の75%~90%が南極にあります。北極は海に氷が浮いている状態です。
1,2年前に南極から持ち帰ったほんものの南極の氷を観察してみました。氷をくだいてコップに入れて、ひとりひとりに配りました。2万年前にできた氷です。氷には泡がたくさんありますが、雪の隙間に入りこんだ空気が閉じ込められてできたものです。まず、触ってみて、次にコップに耳を近づけて聞いてみました。パチパチと音がします。溶けた氷から空気が弾け出た音、そうです、2万年前の空気の音です! 今度は、手でコップに蓋をして、手にどんなにおいがついたか嗅いでみました。なんのにおいもしません。南極の水はきれいで、不純物が入っていないのです。

(4)南極のいきもの
動画で南極のいきものの様子を見せてもらいました。こどもたちに大うけで教室は、笑いと歓声につつまれました。動物園では愛らしいアデリーペンギンの野生の姿、怒っているところ、ずっこけた場面、瞬きをするとき、下からもまぶたが上がる様子など、目が離せません。130センチもある巨大な皇帝ペンギンの生態も見ていきました。ペンギンの結婚事情、けんかや巣作り、育児の様子には爆笑の渦。
厳しい自然の中で生き延びるための動物たちの行動にも触れることができました。下の写真では、カモメがアザラシのそばでずっと待っています。あざらしがうんこをするのを待っているのです。あざらしのうんこに含まれているわかめや昆布を食べるためです。南極の陸地には肉と魚しかないので、南極の鳥は、自力ではそれ以外の栄養を取ることができないのです。

 
(5)南極の自然現象
南極で見られるオーロラ、太陽が地面をころがる極夜、蜃気楼、ダイヤモンドダストなど神秘的な自然現象の動画を見ました。

子どもたちの好奇心が高まった実り多い2時間でした。最後に井熊さんから、「みんなは、可能性の枠を拡げるために勉強をしている、好きなことを追求し、行ってみたい、やってみたいという気持ちを大切にしてほしい。」という言葉をいただきました。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年07月05日