品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。

春のこども環境学習講座〜生きもの博士になろう〜

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年04月06日

平成30年3月17日(土)、18日(日)、春のこども環境学習講座「生きもの博士になろう」が開催されました。講師はNPO法人生態教育センターの村松亜希子さん、小島みずきさん、千葉麻里奈さんです。毎年好評の「生きもの博士」シリーズですが、今回は、学年別に2日間にわたり、五感を使って自然とふれあい、観察やゲーム、工作などを通して生きものについて楽しく学びました。学校の授業とはまた一味違った体験をしていただけたかと思います。

【第1回3月17日】「みぢかな鳥のヒミツを知ろう!」
(小学3~6年生対象)

講師の小島さんは、普段は、葛西臨海公園の鳥類園で働いている“鳥はかせ”です。小学生の頃から、鳥が大好きで今に至っているそうです。

1.教室で
・羽の観察
まず羽の観察をしました。封筒に入っている羽が1人1人に配られました。一枚の封筒に1種類の羽が入っていて、全部で6種類あります。大きさ、模様、羽のやわらかさ、色などを比べて、同じ種類の羽を持っている子同士が集まりました。飛ぶ時に使う固くて大き目の羽、体を守るための柔らかくて小さい羽、というふうに役割によって形状が違います。観察したのは、どれも品川で見られる鳥の羽で、ムクドリの尾の羽、カルガモの翼の青い羽、スズガモの背中の羽、ツグミの翼の羽、キジバトの体の羽、ツグミの体の羽です。
 
・鳥の鳴き声
5種類の鳥の声を聞いて違いを確認しました。鳴き声カルタで遊び、大変盛り上がりました。いづれも品川にいる鳥で、スズメ、ハシブトカラス、ハクセキレイ、ハト、ツバメです。屋外で野鳥の声を聞いたとき、どの鳥かわかりますね。

2公園で
・鳥の観察
ハクモクレンが満開の公園で、鳥を探しました。耳をすますと鳴き声が・・・。先ほど聞き比べをした鳥の声も聞こえてきます。

・渡り体験プログラム
ツバメは渡り鳥です。3月半ばから下旬にかけて、日本が春になって暖かくなると、3000キロくらい離れたインドネシアやフィリピンの越冬地からやってきます。繁殖地である日本には、子供を産み育てるために渡ってくるのです。途中、河川敷のヨシ原を中継地として休みます。道中、様々な困難が待ち受けていて、命を落とす鳥もいます。
ツバメになったつもりで、「越冬地」、「中継地」、「繁殖地」間の渡りを体験しました。
中継地では、ヨシの上にとまって休みます。不安定なヨシにとまったツバメの様子を想像して疑似体験をしました。ツバメは1分間に400回羽を動かします。手を素早く動かして、「はばたき」の真似もしてみましたが、なかなか大変です。

3.ツバメのクラフト作り
小島さんこだわりの型紙を折って、ツバメのクラフトを作って飛ばしてみました。スッときれいに飛んで感激です。本物のツバメの様子を再現できるよう、何度も試作したそうです。クラフトを横から見ると本物のツバメの翼の形と同じようになっています。翼の後ろ側(クラフトの尾側)を少し上げると、実際に翼がしなるのと同じようになって更に飛びやすくなるということです。

受講者アンケートから一部抜粋
こども
・ 楽しかった。鳥のことを、もっとくわしく調べてみたくなった。
ž・ツバメのわたりたいけんが楽しかった。ペーパークラフトをまた作りたい。また来たいです。
保護者
ž・ あそびながら鳥に関する知識を得ることができて良い機会でした。また、学校の先生とは違う雰囲気の若い女性の方が教えてくれたことや、好きなことを仕事にしている姿を見ることで、ロールモデルのようにとらえることができたのではないかと思います。
ž・ 普段考えてないことを知ることができました。耳を澄まして自然の音を聞きたい。そして環境を大切にしたいと思いました。毎日学校では学べないことが経験できてうれしいです。

【第2回3月18日】「五感を使って、ちいさな春みっけ!」(小学1、2年生対象・保護者同伴)
2日目の講師、千葉さんは、ふだんは北区にある「自然ふれあい情報館」で働いている「生きもの」大好きな先生です。皆で、公園のあちこちで始まった「ちいさな春」をさがしました。花のにおいや葉っぱの手触り、目覚めた虫たちの観察を通して、生きものが寒さや天敵から身を守る工夫、花と昆虫の関係等を学びました。観察のあとは、春の草花の香りを詰めこんだ香り袋も作りました。

1.教室で
・最近感じた春は?
みんなが、それぞれに感じた春を発表しました。ウメ、サクラ、スイセン、タンポポが咲いていた。ハエが飛んでいた。暖かくなったなど、いろんな春がありました。
・五感をきたえるクイズに挑戦。
①  かぐ(鼻)
中が見えないボトルに自然物を入れて匂いをかぎ、どんなものが入っているかを想像する。
(ノビル) 
→匂いがネギに似ていました。
②  さわる(手)
黒い袋に入れた自然物を触り、目で見ずに手触りを確かめる。(ハクモクレンの芽を包んでいた外側)
→フワフワ毛は冬を越すための寒さ対策などになっていると学びました。
③きく(耳)
春に品川で聞くことができる鳥の鳴き声を紹介(シジュウカラ)

2.公園で
小さな春をさがしに出かけよう!
教室を出て公園です。目、耳、鼻、感触のすべてで、春をさがしました。
 
・春さがしビンゴ
公園にある「はる」でビンゴゲームをしました。
「しろいはな」「はっぱのかおり」「とりのこえ」「ふわふわはっぱ」「春だとおもうもの」「つぼみ」
「はなのかおり」「むし」「木のえだのあたらしいはっぱ」を探してビンゴゲームを楽しみました。

3.春の香り袋づくり
公園で拾った自然物など春の香りをつめこんで、自分だけのオリジナル香り袋を作りました。
 
薄曇りで、まだ少し肌寒い日でしたが、みんな元気いっぱいに「春がきた!」を探しました。
香り袋作りは、なれないグル―ガンも使って全員が真剣に取り組んでいました。

受講者アンケートから一部抜粋
・たくさんの春を見つけられ、とても楽しかったです。帰り道、お花のかおりをかぎながら帰る子供の姿がたくさん見られました。気が付くことで、子供はどんどん成長しますね!
・子供の年齢に合っていてとても楽しかったです。ありがとうございました。親も忘れていた春の楽しさを再発見できました。

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年04月06日

おいしいお茶のいれ方を学びましょう

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年03月30日

平成30年1月20日(土)環境学習講座「おいしいお茶のいれ方を学びましょう」が開催されました。講師は千田康之氏(株式会社伊藤園 東京港南支店 支店長他、素敵なお手伝い2名)。「急須」そのものがない家庭が増え、茶葉から入れて飲むという場面が減りつつある現代、企業としての取り組みからお話いただきました。

1.伊藤園の取り組み
ペットボトルを主とした緑茶飲料の需要は拡大していますが、農家の減少で国産の安全な茶葉が確保できなくなるという懸念に、伊藤園では「茶産地育成事業」として農家の後継者不足の解消や、遊休農地の活用、雇用の創出などを行っています。又、ペットボトルのお茶生産には大量の茶殻が出ますが、肥料・飼料に回す他、カテキンなどが持つ消臭・抗菌作用を活かし、畳、封筒、名刺、段ボールなど100アイテム以上の工業製品に有効利用しています。

2.お茶の基礎知識
・お茶とは…/緑茶の学名は「カメリアシネンシス,L」。ウーロン茶、紅茶などもツバキ科の多年性植物で同じ木、品種にはアッサム種(主に紅茶用)と中国種があり、日本で作られているお茶は主に中国種です。ルーツは同じお茶ですが、発酵度合で大きく3種(不発酵の緑茶、半発酵のウーロン茶、全発酵の紅茶)にわけられます。お茶は酸化酵素の働きで赤く酸化していくため、熱を与えることで酸化酵素の働きを止め、緑茶は緑色を保っています。
・水と温度とおいしさ/日本の水は軟水なので緑茶には合うのです。ミネラル分が多い硬水は合いません。ポイントは4つ、①湯量 ②茶葉の量 ③浸出時間 ④湯温 湯の温度は玉露が50℃、ほうじ茶・玄米茶は100℃で入れます。本日は上級煎茶を使用するため80℃位。温度を下げることで、ポリフェノール(カテキン)の渋み成分が抑えられ、低温でも抽出される旨み成分(アミノ酸)が相対的に多く溶け出します。

3.おいしい入れ方
通常は100mlあたり茶葉2gで40秒浸出。90℃設定のポットから湯を茶碗に入れ80℃に→茶碗から急須へ→空気穴は注ぎ口側。濃さが均等になるように数回に分けて注ぎます。注ぎ切ったあとの急須は、おしりをポンッとたたき茶殻を下へ移動させ、蒸れないよう蓋はずらして蒸気を逃がしておきます。各テーブル、亭主役を交代しながら二煎目、三煎目と入れました。二煎目はポットから直接いれますが、湯温が高いので渋み成分が高くなります。浸出時間は30秒ほど。二煎目、三煎目と好みにより浸出時間の調節を考えはじめます。

  

水出しでの入れ方も実践しました。茶葉は通常の1.5倍 100ml 3gで3分抽出。水出しは甘みがあり、丸い味わい…水出しの二煎目に至ってはソムリエのよう!…皆さんそれぞれの言葉で表現されていました。
急須の茶殻は、水をフチまでなみなみに入れて一気に捨てると簡単に取り除けます。最後は片付けまでを実習としてやっていただきました。皆さん飲むほどに会話も弾み、和やかに…。これもお茶の魅力の一つだと感じられる楽しい講座でした。

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年03月30日

たねダンゴ作りで楽しくガーデニング

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年03月27日

 平成30年3月4日(日)、環境学習講座「たねダンゴ作りで楽しくガーデニング」が開催されました。参加者は1~3年生と保護者の17組。講師は伊藤先生、牛迫先生、牧野先生(一般社団法人環境教育振興協会ほか)です。

(1)品川区の生きもの
品川区に山はありませんが、海、川、公園もあるので、都会にいるイメージがない生きものも生息しています。池にはオナガガモ、チョウゲンボウ(ハヤブサ科の鳥、ビルに巣を作ることもある)、魚だったらスズキ、ボラ。オオカマキリ、ニホンアカガエル、きれいな水辺のイメージが強いカワセミもいます。
 これらの生きものがいるのは土、水があり、花・野菜・木があるから。そこに昆虫が来て、昆虫を食べる鳥たちが来る…みんなつながっています。

(2)たねダンゴについて
 種の種類にもいろいろあります。皆が食べるお米も稲の種、小麦も種だし、どんぐりなんかも種。オオミヤシ(別名ダブルココナッツ)は最大40㎝にもなります。逆に吹けば飛んでしまう小さな種は、直接土に埋めようとすると、風や水で流れたり、どこに行ったかわからなくなってしまったりします。そこで「たねダンゴ」!たねダンゴにすると簡単に種まきができ、丈夫に育ちます。

(3)たねダンゴづくり
 3月上旬は花には少し早い時期なので、今日は野菜のたねダンゴ(みつば、みずな、こまつなのミックス)をつくります。
 1.けと土と赤玉(7:3)混ぜたもので4つの小さなダンゴを作る
 2.指でくぼみをあけて肥料・ミリオン(というケイ酸塩白土)を入れて丸める
 3.2か所にちょん♪ちょん♪とたねを付けて、手のひらでコロコロ。
 4.白い「おまじないの粉」(こちらもケイ酸塩白土)まぶして完成~

 泥を触る感触もたまには良いものですね。家に帰ったらダンゴを少し平べったくしてから、(*丸いままでも大丈夫ですが、芽の出る範囲が広がる)ダンゴどうしを20㎝位離して土が少しかかる位に浅く埋めます。屋外で雨があたるのか?などの条件にもよりますが、土が乾いたら水はたっぷりやります。(2,3日に1度、やりすぎ注意)。4月には収穫できるというお話でした。成長が楽しみですね。

アンケートより
・久しぶりに土をいじる事が出来てたのしそうでした。発芽がとても楽しみです。子供と大切に育てたいと思います。
・タネだんごを作るだけでなく、作る意味も講座の内容にもり込まれてて良かったです。
・たのしかったです。育てるのがたのしみです。サラダは苦手ですが、たべてくれたらいいなと思います。

以上

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年03月27日

再生可能エネルギー入門~風力発電機作り

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年03月27日

 平成30年2月25日(日)、品川区環境情報活動センター主催の環境学習講座「再生可能エネルギー入門~風力発電機作り」が開催されました。講師は一般社団法人Think the Earth(シンク ジ アース)理事の上田壮一さんとスタッフの笹尾実和子さんです。
 同法人は環境問題や社会問題を考えるきっかけを作る活動を進めており、難しいまま進めるのではなく、関心を持つ人のすそ野を広げたい、親しみを持って取り組んでもらいたいと考えて活動しています。
その活動の中で、将来の社会を担う子どもたちに向けて、持続可能な開発目標(SDGs:下記)の各目標や国内外の取り組みを紹介する教材を制作しています。 


(1)持続可能な社会
 もともとなぜこんなことが言われるようになったのでしょうか。
1972年、国連人間環境会議が「かけがえのない地球」というテーマのもとに世界中の人たちが集まり、初めて環境問題に関する会議を行いました。この年にローマクラブが「成長の限界」というレポートを出し、このまま経済成長が続くといつか限界が来る、地球が持たなくなるとして衝撃を与えました。
その15年後の「環境と開発に関する世界委員会」で「持続可能な開発(サスティナブルディベロップメント)」という概念が初めてレポートに書かれ、むやみやたらに開発するのではなく、また経済成長だけを追い求めるのではなく、次の世代に借金を残さないようにしようという考え方が打ち出されたのです。経済発展をさせてはいけないということではなく、成長させる方向を考えようということで、これが1987年(30年前)です。
30年前に作られたコンセプトがさまざまに議論され、ついに2015年秋に193か国が合意し、2030年に向けて、17個の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals=SDGs)がつくられました。
SDGsというのはちょっとわかりにくいので、この日はカードを使ってゲームをしました。
大切だと思う順に並べてみます。大切だと思う順番は皆さん異なります。正解はありません。

 

 (2)エネルギーの種類と役割
 再生可能エネルギーを使う企業が増えており、世界中の企業がクリーンエネルギーを使おうという動きになっています。欧米の800の投資家は化石燃料の事業を行っている企業には投資をしないという新聞報道(2018年2月3日 日経新聞)があり、その中には日本の企業も入っています。
・エネルギーとは?・・・電気、熱、燃料(二次エネルギー)
・何から作るのか?・・・石油、石炭、天然ガス/ウラン/太陽、風、水、生物、振動、波、潮の干満(一次エネルギー)
・もしも電器や燃料がなかったら、どんな暮らしになるだろう?・・・現代の生活のほとんどが出来なくなる
 (3)エネルギー問題
①人口問題・・・世界の人口がものすごい勢いで増えており、それに伴いエネルギー消費が増えている
②資源問題・・・石油、石炭、天然ガスなど、地下資源を使うと、いつかはなくなる
③環境問題・・・化石燃料は二酸化炭素を出して地球温暖化を進める。放射性廃棄物は捨て場がない
④安全・安心の問題・・・東日本大震災で原子力発電所の事故が発生
⑤安定供給の問題・・・日本は石油、石炭、天然ガスを海外に依存している
(4)5つの再生可能エネルギー
 たくさん使ってもなくならず、温暖化ガスを出さないエネルギー

【水力】小水力発電所(山梨県):農業用水路(「小」水力)
・・・日本は川の国で、一級河川だけで2万以上の川が流れている
【地熱】日本最大の地熱発電所(大分県)
・・・日本は火山の国、温泉もたくさんある。世界第3位の地熱資源を持っている
【バイオマス】木材を使うバイオマス発電所(岡山県)
・・・端材、残飯などの生ごみ、人や家畜の排せつ物(いずれも捨てられるもの)   

 化石燃料や原子力を使った発電は、その設備のある場所とエネルギーの使用場所は離れていても良いが、上記5つのエネルギーはそれらの場所が同じです。そのため、発電施設を造ることにより地域に事業が興り、雇用が発生し、地域を元気にすることになります。
 【未来の再生可能エネルギー(例)】
空中風車(強い風が吹いている上空で風車を回す)、振動発電(サッカーボールを蹴ると・・・)、波力発電(波で海面が上下する力を利用)、ソーラー飛行機などが実験、開発されています。
(4)風力発電機作り
発電のしくみはどの発電も同じです。風力はハネを回して、水力は水の流れで、火力や原子力は燃料を燃やして発生した蒸気でタービンを回し、発電します。 

(5)まとめ

 日本の現状は火力発電が圧倒的に多いです。再生可能エネルギーは今は少ないけれど、大きな可能性があります。年間発電電力量に占める再生可能エネルギー(水力を除く)の割合は、2012年度の1.6%から2017年度は7%以上になる見込みです。また、国は2030年には全電源の22~24%(水力を含む)を再生可能エネルギーにしようとしています。しかし、原子力が使えない可能性が高いので、もっともっと再生可能エネルギーを増やしていかないといけないという声があります。

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年03月27日

楽しい♪おやつ教室と使用済み食用油を使ったキャンドル工作

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年02月27日

平成30年2月18日(日)、環境情報活動センターの環境学習講座「楽しいおやつ教室と使用済み食用油を使ったキャンドル工作」を開催しました。講師はポテトチップスでおなじみのカルビー株式会社の5人の方々です。
最初にカルビーの環境保全に対する取り組みについてお話をしていただき、前半、森田さんと山田さんよりクイズやゲーム形式で身近なおやつを通して食の正しい知識や楽しさを学びました。そして後半では、山川さん、柳田さん、櫻井さんから使用済みの食用油を使ったキャンドル作りを教えていただきました。
講師:

カルビーの環境宣言
カルビーでは「掘りだそう、自然の力。」と言うメッセージのもと、自然の恵みを大切に使い、できる限り自然のカタチに戻して地球に返す、そういう環境に対する考え方で環境の保全に取り組むとともに、省エネルギー活動を推進し資源の保護に努めています。

おやつ教室
カルビーでは身近なお菓子を通じて、「たのしい食生活」をおくるために役立つ情報を提供し、体験する教室を2003年から実施しています。
(1)原材料、食品添加物、アレルギーのお話をしていただきました。
  お菓子の袋にはたくさんの情報が満載です。必ず書かなければいけない原材料、卵、乳、小麦、落花生、そば、えび、かに、そしてなるべく書くようにすすめられているものなど、これまであまり関心がなかった表示にも注意をして、おやつの正しい食べ方を勉強しました。
(2)野菜についてのクイズやゲームで楽しく学びました。
【はいっているやさいはどれかな?】 実際に商品のお菓子を食べてどんな野菜が入っているか?
【それぞれのやさいはどこかな?】 どこの部分を食べている?花?実?葉?茎?根?
【やさいを知ろう】 それぞれの野菜は、どんな花が咲くの?そして、いろんな野菜を水に入れて、浮くか?沈むか?
(3)「ポテトチップスができるまで」のDVD観賞の後、工場服を体験しました。

キャンドル工作  (使用済み食用油を使用)  

         
参加者からの声 (一部)
・ 使用済みの食品油はよくでるものなので何か再利用ができればと思っていました。キャンドルだと子供も楽しくエコを考えることができるのでよかったと思います。
・ 楽しくまなぶことができてよかったです。
・ キャンドル作りがおもしろかったです。他の廃油がどのように処理されているか気になりました。

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2018年02月27日