品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。

春のこども環境学習講座〜生きもの博士になろう〜

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2019年04月05日

平成31年3月16日(土)、17日(日)、春のこども環境学習講座「生きもの博士になろう」が開催されました。講師はNPO法人生態教育センターより村松亜希子さん、椎名明日香さんにお越しいただきました。生態教育センターでは人と自然が共に暮らせる街作りなどを目指した調査・研究・環境教育に取組んでいます。
 
【第1回3月16日】「五感を使って、ちいさな春みっけ!」(小学1、2年生対象・保護者同伴)   
目、耳、鼻、感触を使って身近にある自然とふれあい、観察やゲーム、工作などを通して生きものについて楽しく学びました。

1.春を感じる練習?
教室で五感を使うゲームをしました。
①  かぐ(鼻)
中の見えないフィルムケースに、においのする自然物が入っています。お互い匂いをかぎっこしながら同じ仲間を見つけます。(3種:カツラの葉→秋の落ち葉の甘い匂い、ウメの花、クスノキの葉→樟脳・衣類の防虫剤に使われていた匂い)花は花粉を運んでくれる虫を引き寄せるために香りを発し、葉は食べられないように虫を遠ざけるため触られた時、かじられた時などに匂いを出すそうです。

②  さわる(手)
封筒に入れた自然物を触った感触だけで同じ仲間を見つけます。(3種:ツワブキの若葉→ふわふわ、ツツジの仲間の葉→ペタペタ、シールになる、クスノキの葉→すべすべ、アオスジアゲハが卵を産む)

…それぞれの葉や花の特徴に理由があることも教えていただきました。

2.公園で小さな春をさがしに出かけよう!
教室を出て八潮周辺の春をさがします。少し歩いただけでも桜、タンポポ、ヤマモモのぶつぶつした花などが見つかりました。「これは何~?」「あれは何の葉っぱ~?」と質問が止まりません。「春さがしビンゴ」も親子で真剣モードに…♪鳥の声や木々の音にも耳をすませましたね。鏡の中に映る頭上を見ながら歩く体験は、林の木々を違う角度で見る「鳥になって歩こうゲーム」でした。空に落ちるような不思議な感覚があってやってみて初めて分かる驚きがあります。「春の香り袋作り」のため自由な自然物探しをする頃にはもう、みんな五感をフルに使って自然を満喫…観察のスキルがぐんと上がっていたのでした。
     
3.春の香り袋づくり
公園で拾った物をつめて、自分だけのオリジナル香り袋を作りました。最後はハチミツ飴をもらって、ミツバチのお話で講座が終わりました。これでもう一つの五感も使い、親子で自然に親しんだ2時間でした。

参加者の声(一部)
・身近な公園で、こんなにたくさんの植物があることを知り、専門家の方とまわると、ぜんぜん見方が違って楽しかったです。/・普段は見落としがちな自然なものを探すとてもいい時間になりました。この春、子どもと一緒に身近な自然に目を向けて散策してみたいです/・生物、自然に興味が持てる、親子共々楽しめる講座でした。また参加したいです。/・かがみをみてあるくのがこわかったです。たのしかったです。

【第2回3月17日】「みぢかな鳥のヒミツを知ろう!」(小学3~6年生対象)
今回の講座のメインは、八潮の自然の中でバードウォッチングをして、みぢかな鳥のヒミツに迫ることです。まず、もっとも身近な鳥であるスズメについてクイズを通して知識を得て、ポイントを押さえて野外観察ができるように準備をしました。

1.教室でクイズ

スズメのクイズでわかった観察ポイント
くちばしの形は?足の形、向きは?・・・形には理由がある。枝にとまりやすい足の形など。
ほっぺの模様は?お腹の模様は?
スズメはどれくらいの大きさ?・・・14.5cmくらい
スズメの食べものは?・・・昆虫、種。春先には桜の花のみつも食べる。他の小鳥という選択肢は×。
卵の大きさと模様は? 

観察のコツ
・静かにする
・忍び足で動く
・耳をすまして音をたよりにする
・4つの注目ポイント

①色 ②形(くちばし、足など)③行動(何をしているのか、食べているのか、休んでいるのか、など)
④鳴き声

記録方法
・ビンゴシートのクリアした項目に○をつけていく
 
2. 外で自然観察
センターのある「こみゅにてぃぷらざ八潮」を出発して、近隣の緑地を歩いて観察を行いました。たくさんの発見をして、ビンゴシートにいくつも○をつけることができました。

 
A)    桜はまだ咲き始めたばかりなのに木の下に花が落ちていました。くちばしの細い鳥は舌で蜜を舐めとりますが、スズメはくちばしが太く舐めるのが上手ではないので、花を切って根元から直接蜜を食べます。その食べた痕が花の形のまま落ちたのです。
B)    ジョウビタキを見つけました。大陸からの渡り鳥で、冬の間、一羽ずつなわばりを持っています。
C)    ヒヨドリがエンジュ(マメ科)に止まって実を食べていました。
D)    ヒヨドリ、メジロがツバキの蜜を吸いに来ました。花びらに穴があいていますが、これは鳥の爪痕です。   

他にも、スズメ、シジュウカラ、ハシブトガラス、キジバトを見つけました。


3.ツバメの紙飛行機作り
教室にもどって、紙でツバメを作って飛ばしてみました。

参加者の声(一部)
保護者
・身近なところにもこんなにたくさんの鳥がいたとは驚きでした。外に出たときは今までと違う視点で見てみたいと思います。バードウォッチングの楽しさが少し分かった気がしました。/・子供達が身近な生き物に関心を持つよい機会になったと思う。/・親が見学できるので親子コミュニケーションをはかれながら学ぶ事ができとてもよかった。

児童
・ビンゴでオレンジの色の鳥を見つけるのがむずかしかった。/・かんさつがおもしろかった。

「生きもの博士になろう」は毎年開講していますが、今回初めて八潮で行いました。前回までの開催場所、しながわ中央公園に比べると、自然に恵まれた環境です。豊かな自然を活かしたプログラムで、講師の専門性がより発揮できて、充実した講座になったと思います。

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2019年04月05日

おいしいお茶のいれ方を学びましょう

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2019年04月01日

平成31年1月26日(土)、環境情報活動センターの環境学習講座「おいしいお茶のいれ方を学びましょう」が開催されました。講師は株式会社伊藤園の千田康之氏です。大人20名が参加しました。
              
最初に「伊藤園の環境保全に対する取り組み」についてのお話、続いて「お茶」のお話、そして「おいしいいお茶のいれ方」についてのお話と実演をしていただきました。
その後、グループごとに、教えていただいた方法で実際にお茶をいれて飲んでいただきました。少し学んだだけでいつもいれていたお茶と大違いのおいしいお茶に皆、驚きました。

1.伊藤園の取り組み
ペットボトルを主とした緑茶飲料の需要は拡大しています。伊藤園は1985年に世界初の缶入り緑茶飲料を、続いて1990年に世界初のペットボトル入り緑茶飲料を発売しています。また、ペットボトルのお茶生産には大量の茶殻が出ますが、肥料・飼料に回す他、カテキンなどが持つ消臭・抗菌作用を活かし、畳、封筒、名刺、段ボールなど100アイテム以上の工業製品に有効利用しています。

2.お茶の基礎知識
・お茶とは—緑茶の学名は「カメリアシネンシス,L」。発酵度合で大きく3種(不発酵の緑茶、半発酵のウーロン茶、全発酵の紅茶)にわけられます。お茶は酸化酵素の働きで赤く酸化していくため、熱を与えることで酸化酵素の働きを止め、緑茶は緑色を保っています。
・水と温度とおいしさ/日本の水は軟水なので緑茶には合うのです。ミネラル分が多い硬水は合いません。お茶をおいしく入れるポイントは4つ、①湯量 ②茶葉の量 ③浸出時間 ④湯温 です。この日は上級煎茶を使用するため80℃位。温度を下げることで、ポリフェノール(カテキン)の渋み成分が抑えられ、低温でも抽出される旨み成分(アミノ酸)が相対的に多く溶け出します。

3.おいしい入れ方(実践)
通常は100mlあたり茶葉2gで30秒浸出。90℃設定のポットから湯を茶碗に入れ80℃に→茶碗から急須へ→空気穴は注ぎ口側。濃さが均等になるように数回に分けて注ぎます。注ぎ切ったあとの急須は、おしりを「ポン」とたたき茶殻を下へ移動させ、蒸れないよう蓋はずらして蒸気を逃がしておきます。各テーブル、亭主役を交代して二煎目を入れました。二煎目はポットから直接いれますが、湯温が高いので渋み成分が高くなります。浸出時間は15秒ほど。好みにより浸出時間の調節を考えます。

片づけも全員でやっていただきました。 

皆さん初対面の方々でしたが、講座の後半では、おいしいお茶の入れ方を学んで、さらに「和気あいあい」と言う「味」も加わって、おいしい、楽しい講座となりました。

アンケート(一部抜粋・原文のまま)
・おいしいお茶の入れ方を教わり、楽しんで勉強できました。伊藤園さんの環境に関する対策等も知る事ができて良かったです。
・同じテーブルの方と楽しく受講できました。
・水出しが短時間でおいしくいれられるので、作りたいと思います。温度でこんなに違いがでるんですね。
・お茶の味の違いが良く判りました。有難うございました。
・大変参考になりました。なんとなくお茶を入れておりましたが少しお茶をていねいに扱い、おいしいお茶を飲むよう努力。

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2019年04月01日

風力発電機を作ろう!

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2019年03月13日

平成31年3月3日(日)、環境学習講座「風力発電機を作ろう!」が開催されました。講師は蔵前理科教室ふしぎ不思議(くらりか)の杉山仁さんです。4名の方が工作のサポートに加わっていただきました。

電気とエネルギーについて勉強した後、風の力でLEDライトを点灯させるミニ風力発電機を作りました。また、作製した風力発電機にコンデンサー(蓄電池)をつけて充電した電気でLEDを点灯させました。

(1)電気とエネルギー
私たちは電気をいろいろなところで使っています。例えば、電気を蛍光灯の光やステレオの音、洗濯機の力、ホットカーペットの熱に変えて利用しています。テレビや冷蔵庫など、電気を利用したものが身の回りにはいっぱいあります。
水力発電、風力発電、火力発電、原子力発電などは、発電機を回転させて電気を作っています。一方、太陽光発電は太陽の光を電気に変換しています。日本での発電は80%以上が火力発電で、昔からの水力発電が8%程度です。最近は太陽光発電をよく見かけるようになりましたが、わずか約5%、風力は1%にも届きません。
  火力発電で使われる資源(化石燃料)の埋蔵量には限りがある上、化石燃料によって得られたエネルギーは地球温暖化の原因物質であるCOを排出します。一方、太陽光は無限に利用でき、風も絶えることはありません。また、太陽光や風力、水力、地熱などで得た再生可能なエネルギーはCOを排出しないクリーンなエネルギーです。

(2)風力発電
風の力で風車を回し、風のエネルギーを軸の回転に変え、発電機を回して発電します。このエネルギーはなくなることがなく、無料で、温室効果ガスや大気汚染物質の排出量はわずかです。また海上にも設置できるという特徴があり、中国やヨーロッパ、アメリカではどんどん増えています。

(3)牛乳パック、ペットボトルなどを使ってミニ風力発電機を作りました。
 (4)風はなぜ吹くの?・・・Q&A

Q1.空気には重さがあるか?・・・A1.ある
Q2.冷たい空気と暖かい空気、どちらが軽いか?・・・A2.暖かい空気
Q3.高原と平地、打ったボールはどちらがよく飛ぶか?・・・A3.高原
風が吹くのは、暖かい空気が上昇し、冷たい空気が暖かい空気の方に動くからです。

(4)風力発電の良い点・問題点
・良い点・・・エコ、COを発生しない
・問題点・・・風まかせ(欲しい時に欲しいだけ発電できない)、設置場所に制限がある
「欲しい時に欲しいだけ発電できない」(太陽光発電、風力発電共通)という問題点を解決するために、電気をためること(蓄電)が必要です。

(5)蓄電機能をつけ、蓄電池にためた電気でLEDを点灯させました。

「実際に作るだけではなく、電気について詳しく説明してもらってよかったです。」「発電や蓄電の仕組みが、実験工作を通してとても作り易く、理解出来た。」など、参加者の皆さんからうれしい声をいただきました。

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2019年03月13日

江戸時代の公園、御殿山

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2019年03月11日

  2月24日(日)品川歴史館において、環境学習講座「江戸時代の公園、御殿山」が開催されました。講師は品川歴史館学芸員の佐藤友理さんです。
桜の名所として栄えた御殿山の変化を、江戸時代を中心に、資料やスライドをもとに解説して頂きました。

   

  御殿山には土を削っている場所が二か所あります。ひとつが線路、もうひとつが江戸時代に土を削っている土取り場であります。この二つは御殿山の環境を考える上で大変重要なところといえます。今回、この講座ではこの二つを中心に話が進みました。
 桜の名所としての印象が強い御殿山ですが、桜の名所となったのは江戸時代になってからであって、中世の御殿山は葬送の場としての供養・信仰の場という性格が強かったのではないかと考えられます。

品川御殿
  御殿山というと思い浮かぶ人物は太田道灌で、長禄〈1457~60〉の頃、太田道灌がこの地に館を築き居住したといわれています。
御殿山の名称は、江戸時代初期に品川御殿と呼ばれる将軍の館が設けられたことに由来するとされます。御殿は将軍の鷹狩などの際に休憩する場所として造られたもので、海を一望できる立地にあり軍事的な防御拠点としての性格もあったのではないかと考えられています。三代将軍家光は茶会や鷹狩、また馬揃えなどのために度々ここを訪れ使用しています。しかし、元禄15年(1702)の四谷より出火した火事によって焼失、その後、再建されることなく廃止となります。           

削られる御殿山
 御殿山は宝暦9年(1759)に江戸城二の丸築造のための土取り場として設定されました。また、天保9年(1838)には江戸城西の丸が焼失し、焦土の代わりに御殿山の新土を運ぶことになりました。この地の土を掘った際に、松浦静山「甲子夜話」によると、御殿山土中より古甕、五輪塔、石棺、板碑が多数出土しているといいます。このことからも御殿山がかつては葬送の場であったことが窺えます。
嘉永7年(1854)には、ペリー艦隊が来航して幕府に開国要求があり、江戸湾防衛のために砲台を建設することとなり、埋立てに必要な土を御殿山などから削りとりました。また、明治5年(1872)には新橋・横浜間の鉄道が開通しました。江戸城の普請、御台場砲台築造のための土取り、そして鉄道の開通と御殿山の環境は時代の流れとともに劇的な変化を遂げました。

                          
御殿山の性格の移り変わり
 中世までの御殿山は信仰の場、葬送の地としての性格がありました。江戸時代の初めには品川御殿が造られ、また軍事的な場所として利用されてきましたが、江戸時代中頃には桜の名所へと変わりました。おそらく、江戸時代中期は政治的にも安定していて、軍事的要素が必要とされなくなった時代で、品川御殿山も軍事的拠点である必要性がなくなっていったのかも知れません。ある意味御殿山は平和な時代を反映する場所であったと言えるかも知れません。そういう意味で桜の名所として御殿山が一般開放されたと言えます。

しかし、幕末には開国を迫られ、再び政治的、軍事的場所へ戻っていきました。そして明治の初めには再び桜の名所となり、さらに明治の終わりには四人の個人が所有し、公園としての性格は失われたものの、江戸時代に公園として整備されたということがあって、個人の私有地となってもその公共性は残り、現在においても公園的性格は続いています。そういった歴史的性格を踏まえて今に至っているのではないかとか考えられます。

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2019年03月11日

「古帯で作る『おひなさま』」

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2019年02月21日

 平成31年2月10日(日)環境学習講座「古帯で作る「おひなさま」」が開催され、20名の受講者が参加しました。講師の竹中信子先生(リサイクルアート作家)はアートに関係した活動は勿論のこと、より良い世界を次世代に…!と棚田の保全活動やホームレス支援、原発のセミナーなどにも参加されています。「布端のほつれなどもありますが、気にしないで進めましょう♪」など、とても大らかで楽しい物作りとなりました。

■畳んでしまえる、オリジナルおひなさま
 本日は先生オリジナルのキットを製作します。古帯はリサイクルではありますが、保管や柄の合わせ、サイズのカットや下縫いなどとても手間かかったキットになっていて、それぞれ違う柄の作品に仕上がります。子どもが成長してしまうとひな壇を出さなくなったりしますが、これなら出し入れも簡単でちょっとしたスペースに置くことができます。一時期空港や百貨店などでも販売していたものです。

~簡単な作業手順~
①頭の飾りとなるペップを3本、ずらして二つに折り、綿の端を少し巻きつけ、丸くぐし縫いをした頭用の布の中央へ閉じながら収める。(てるてる坊主の逆様状態)
②爪楊枝を脳天から差し込み、首になるようにする
③胴体部、肩の部分に針金を通し、両脇を下まで返し縫で縫う。
④裾にあたる部分は7㎜~1㎝を返して、丸い輪の状態の針金を入れながらまつり縫いで止めてゆく。
⑤表に反して、頭と胴体を付ける(爪楊枝を肩の中央に差し、少しボンドを着け固定する)

 進み具合に個人差が出たため、1体しか仕上がらなかった方もいらっしゃいましたが、皆さんそれぞれの出来栄えに満足のご様子でした。

■古帯のリサイクル
 帯職人の方に『着物のリメイク、帯にハサミを入れる事等に抵抗感じますか?』と聞いてみたところ「タンスの肥やしになるより、形は違っても人の目に触れられる方が断然嬉しい」という答えだったそうです(染色・和裁専攻のサポートさん談)。手仕事がまた手仕事で蘇るということでしょうか…。切り取られた柄がまた引き立って見えたり、他の方の仕上がりが気になったりして皆さんのお話も盛り上がっていました。

■皆さんの声(*一部抜粋)
・とても久しぶりの裁縫で何度も指をさしてしまいましたが、思いのほかにかわいらしい出来栄えに大満足でした。ありがとうございました。
・自分だけの可愛いおひな様ができました。大切にしたいとおもいます。ありがとうございました。
・2時間というほどよい時間、分かり易い説明、楽しめました。ありがとうございます。

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2019年02月21日