品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。

春の子ども環境学習講座 ネイチャーウォッチング〜身近な自然観察会

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年04月14日

令和3年3月27日(土)、28日(日)、春の子ども環境学習講座「ネイチャーウォッチング~身近な自然観察会」を開催しました。NPO法人生態教育センターの村松亜希子さん、椎名明日香さん、沖田公佳さんが講師を務められました。
コロナ対応で密を避けるため、本来のプログラムをそのまま実施できないところもありましたが、親子でのやりとりを増やすなど工夫して、楽しく充実した講座になりました。生きもの博士の先生方が、みんなの疑問に分かりやすく答えてくださいました。身近な自然にていねいに向き合うことの意義を感じました。

【第1回3月27日】「花のにおい、めざめた虫、“春”をさがしに出かけよう」(小学1、2年生と保護者)
五感(目、耳、鼻、手、舌)を使って身近にある自然とふれあい、自然体験ゲーム、屋外での観察、工作を通して生きものについて楽しく学びました。
1.教室で自然体験ゲーム「アゲハチョウのお母さんに挑戦!」
手で葉っぱを触ってみる
アゲハチョウのお母さんは、幼虫が食べる葉っぱを探し出してその上に卵を産みます。肢(あし)の先に人間の舌のような部分があり、葉っぱにふれて種類を見極めるのです。封筒に入っていて見ることができない3種類の葉っぱを触ってみて、この葉っぱは何の葉?と当てるゲームをしました。親子で当てっこをしてとても盛り上がりました
葉っぱのにおいをかぐ
葉っぱのにおいを嗅いでみました。クスノキは、衣類の防虫剤として使われる樟脳(しょうのう)の元です。虫はこのにおいが嫌いなことが多く、クスノキは虫から身を守ることができます。一方、一部の花は花粉を運んでくれる虫を引き寄せるため香りを発します。生きものが生きぬくために、においは大事な役割を果たしているのですね。

2.野外で身近な自然の魅力と不思議を体験!
環境情報活動センターのある「こみゅにてぃぷらざ八潮」の建物から出ると、すぐそこに豊かな自然が広がっています。ほんの少し歩いただけで森に行き当たります。満開の桜を仰ぎながら、鳥の声に耳を澄まし、様々な色の花を見つけたり、落ちている松ぼっくりを拾ったり・・・。子どもたちは、ごく自然に五感で春を探すことに夢中になっていました。 
自然体験ゲーム「春さがしビンゴ」
どんな春を見つけたかな?ビンゴシートに印を付けていきました。葉っぱから出る汁で緑色の印をつけます。様々な春がみつかりました。めずらしい虫を見つけた子もいます。キリギリスの仲間のクビキリギスです。成虫で冬を越し、春先に「ジーー」と鳴きはじめます。ハート型の葉っぱを触ってみると独特な香りがしました。ドクダミです。痛みやかゆみを取ってくれて薬にもなる植物です。ヨモギやツクシなど、食べられる植物も見つかりました。ヨモギは、草団子の材料になりますね。

自然体験ゲーム「耳を澄ませて」 
森の中に歩み入って観察を続けました。耳を澄ませて鳥の声、風の音を聞き、落ち葉や枝を踏みしめる音、足の感覚も楽しみました。森の中にはおもしろい発見がいっぱい!歩いている鳥、どんぐりの帽子、虹色の葉っぱ、かたつむりの殻、まつぼっくり、緑の葉に赤い毛が生えているアカメガシワ・・・。子どもたちは五感をフルに使って面白いものをいっぱい見つけ出しました。触ってみると、匂ってみると新たな気づきがあります。観察のスキルがぐんと上がってきたようです。森があることによって、近くの道路を走る車の音、海からの潮風を防ぐことができています。そして、生きものもこの森を利用して暮らしているのです。 
自然探検ゲーム「鳥になって歩こう」
違う生きもの視点で森を見てみようというゲームです。魔法の鏡、実はただの鏡を目と鼻の間にくっつけて、鏡を見ながら歩いてみました。普段とは全然違う景色が見えます。まるで空の上を歩いているみたいです。何だかこわい、という感想も。鳥たちはこんな視点でこの森をみているのかもしれません。同じ自然の中でも、人間とは別の視点でくらしている生きものがいることに気づくことができました。
 

3.春の香り袋づくり
公園で拾った自然物をつめこんで、自分だけのオリジナル香り袋を作りました。個性豊かな作品ができて大満足!

工作の後、おみやげにハチミツ飴が配られました。これで五感の最後のひとつ、舌で感じる味覚をクリアできます。みつばちは花から花へと飛び交い、花の蜜を集めます。働きバチが一生に集める蜜は、スプーン一杯ほど、寿命は1か月ほどで、そのうち蜜を集めるのは2週間くらいだということです。はちみつは、貴重なものなのですね。
講座では、五感で自然を感じ観察する方法を知り、身近な生きものがどんなふうに工夫して暮らしをしているか興味が湧いて、一層親しみを持つことができました。 

【参加者の声より一部】
・ 何気ない道草の生き物に心を寄せる思いが子供と共有できました。先生方の熱意に感動いたしました。また、近くの生き物見つけに行こうと思いました。
・ 普段通り過ぎてしまう草花をこんなにちゃんと見ることがなかったので楽しかったです。においをかぐ事ってとても大切ですね。マスクの生活でにおいを感じることを忘れていました。

【第2回3月28日】「八潮の自然の中で野鳥観察!」(小学3~6年生対象)
天気が心配だった2日目は、品川区八潮の自然の中で出会える「身近な鳥」がテーマです。骨格標本などの展示を見ながら開始を待ちます。

1.スズメのクイズ
誰もが見たことのあるスズメのクイズからはじまりました。スズメの食べ物、くちばしの形や模様、どんなところに巣を作るのかなど、知っているようで知らないこともあります。野鳥観察に出発する前のヒントになりました。

「野鳥ビンゴ」が鳥の観察、そして「生態」について考える助けになります。静かに、耳をすませて、何をしているのか、鳥の仕業などを探します。

2.野鳥観察
八潮の団地を抜け、池のある公園、雑木林などを巡ります。向かう途中(凄い速さでカメラでは捉えられませんでしたが)団地の合間を「タカの仲間」がカラスに追い立てられる場面に遭遇!先生も驚いていました。

地面に落ちている桜の花びらの中に花ごと落ちているものがありますが、それはクチバシが太く、舌の短いスズメが花の付け根から蜜を吸った可能性があります。ツバキの花に空いた穴は、メジロが蜜を吸った時の爪あと…。鳴き声でシジュウカラが近くにいるのが分かります。食べ物を探していたり、ケンカをしていたり…。ボロボロの松ぼっくりはカラスが中の種を食べた痕です。この雑木林に松の木がないのに…?きっと少し離れた松林から持ってきて、ここがお気に入りの食事場所だったんですね。

3.ツバメの紙飛行機作り
ツバメは春先、インドネシアやフィリピンの辺りから約4000㎞を飛んで日本へやってきます。ツバメの翼や尾羽は、長い距離を飛ぶ間、何度も羽ばたかなくて良いように、「揚力」という浮く力を上手く使える形をしています。最後にツバメ紙飛行機を作って、ツバメの渡りを体験してみました。上手く飛ばない場合は切り方や角度を調節してみたりしました。

【参加者の声より一部】
・身近に多くの野鳥がいるとはおどろきです。楽しく観察できよかったです。これからはもっと意識して観察してみたいと思います。子供もとてもよろこんでいました。楽しかったと!!
・お天気が何とかもって良かったです。普段の生活で気になっていたんですが、名前を知らなかった鳥を知ることが出来、更に習性まで知ることが出来、学べました。子どもが楽しめるよう工夫されていて参加出来て、ありがとうございました。

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年04月14日

輝く雪の結晶作りと気圧実験

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年02月24日

令和3年2月21日(日)環境情報活動センターの環境学習講座「輝く雪の結晶作りと気圧実験」が開催されました。講師は一般社団法人日本気象予報士会サニーエンジェルスの島田賀子さんほか気象予報士さん3名です。小学生と保護者、計33名が参加しました。

1. 地球温暖化の話
(1) 地球温暖化の主な原因は二酸化炭素(CO2)であるとされていますが、そんなに「悪者」なのでしょうか?現在の地球全体の平均気温は約15℃に保たれていますが、もしCO2などの温室効果ガスがなかったら、地球の温度はマイナス20℃くらいになってしまいます。
(2)地球温暖化が進むと、どんなことが起こるのでしょうか?

(3)私たちができることについての話がありました。
・家庭の電化製品で一番電気を使っているのは?冷蔵庫です。24時間使いっぱなしですから。
・使っていない家電のプラグはコンセントから抜きましょう。
・乗り物は車や飛行機を利用するより鉄道を使う方が「クールチョイス(*)」です。
(*)温暖化対策として環境省が「賢い選択」を促す国民運動です。
例えば、エコカーを買う、エコ住宅を建てる、エコ家電にする、高効率な照明に替える、公共交通機関を利用するという「選択」です。
・限りある資源を大切にしましょう。
2.ペットボトルで雲を作ろう
どのようにして雲ができるかの話の後、ペットボトルの中に雲(白い煙のようなもの)を作りました。
一瞬にできる雲に、みんな驚きの声をあげ、何度も挑戦していました。

3.お天気豆知識

②雪の話
雨や雪のでき方や日本海側で多く雪が降る理由、関東南部で雪が降る場合の気圧配置(南岸低気圧:日本列島の南岸を発達しながら東に進んでいく低気圧)など、興味深い話を聞きました。
4.雪の結晶作り
雪の結晶作りには多少時間がかかるため、前もってドライアイスなどを使って雪の結晶作りの準備をしておきました。雪の結晶はどうなったかな?
全員、きれいな雪の結晶を作ることができましたね。

5.気圧を感じてみよう
浅漬け用の容器(減圧できる容器)と袋菓子、マシュマロ、缶コーヒーを使って、高い山に登った時に菓子などはどうなるかの実験です。
さて、マシュマロや袋菓子などはどうなったでしょうか?缶コーヒーには小さな穴を一つ開け、穴を開けた面を下に向けましたが、さてどうなったでしょうか。
保護者の方も一緒に考え、結果の説明に納得していらっしゃいました。

6.受講しての感想
<小学生>
・気圧などの説明がとても分かりやすく、実験もあってとても楽しく学べました。
・実験が沢山できて楽しかった。
・雲のできる仕組みや雪の結晶の作り方を学ぶことができて、とても勉強になりました。
<保護者>
・子供にも大人にも非常にわかりやすく一緒に楽しむことができました。実験器具も1人1つずつあり、実際に間近で見る事が出来て良かったです。
・わかりやすい話、説明が良かった。面白かった。座学だけでなかったので飽きずに参加できたようだ。楽しんで学べた。
・目で見て分かる実験が盛り沢山で、子供が興味をもって聞いていました。

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年02月24日

楽しいおやつ教室と使用済み食用油を使ったキャンドル工作

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年02月15日

令和3年2月7日(日)、環境学習講座「楽しいおやつ教室と使用済み食用油を使ったキャンドル工作」が開催されました。講師は森田孝枝さん(食生活アドバイザー、野菜ソムリエ)他カルビー株式会社の皆さんです。

■ 食べ物について学ぶ
クイズを通じて食べ物について学び、ポテトチップスの袋を「教科書」として、「賞味期限」「原材料名」「栄養成分表示」の見方を教えていただきました。また「三色食」の、体を作るもとになるグループ、「たんぱく質」がとれる「豆」に焦点をあて、豆から出来る食べ物を考えました。豆はたんぱく質だけではなく食物繊維も豊富です。「ま・ご・わ・や・さ・し・い」という言葉で覚えられる「豆、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけ、いも」など、色々な食べ物で栄養を摂取することが大切です。
学習コーナーの最後は「ポテトチップスが届くまで」というDVDで、じゃがいもがチップスになるまでを鑑賞しました。

  
■ アロマキャンドル作り
今日のキャンドル作りでは、熱したパラフィンと油に削ったクレヨンで色付けをし、アロマオイルで香り付けをしました。量が少なく追加して3層になったお友達、クレヨンの粉を上にのせてみたお友達もいて、それぞれ自分好みの色合いのキャンドルになりました。

  

火をともしてみるのが、楽しみですね。

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年02月15日

庭師と一緒に作るミニ門松

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年12月25日

令和2年12月20日(日)、環境学習講座「庭師と一緒に作るミニ門松」が開催されました。講師には庭師の小野勝己氏(製作スタッフ:竹中信子さん)をお招きし、庭師の仕事についてのお話と、ミニ門松作りを指導していただきました。

■庭師の道具
どんな作業にどの道具を使うのか?様々なはさみ、のこぎり、なた、ちょうな等を見せて頂きました。藍染の作業着で、鍛冶屋さんが鉄を打って作った道具を大事に長く愛用することで、職人さんたちの情熱を受けて、ご自分の仕事も頑張れるそうです。

■庭師の仕事
小野さんは依頼主の「庭で何がしたいか?」などの希望を聞いて一から新しい庭を造ったり、生い茂った庭木を整えたりします。「に・わ・し」を頭文字にして、人間の「に」と自然の「し」を輪(または和)「わ」でつなぐ(または和ませる)ような仕事だと考えながら庭を造っています。「庭」が癒しをもたらすようにと、今までお客様の庭にあった思い出の石や灯籠を、新しい庭へ運び、再利用したりもします。今ではあまり作られなくなった竹垣なども、プラスチックは出来るだけ使いたくないという考えで、庭づくり全般を手掛けます。

■門松の意味
門松の竹の切り口は「そぎ」と「寸胴(ずんどう)」の2種があります。現在よく見られるのは斜め切りのそぎですが、一年の苦労を「そぎ落す」という意味、また徳川家康が唯一負けた武田信玄に対して「次は首をそぎ落としてやる」という意味を表しているという説もあります。新年の神様をお迎えする印であり、1月8日まで飾ります。

■ミニ門松作り
都内では多くの場合、庭で剪定した枝は(土に還るまで置いておける場所もないので)処分場へ運びます(そこから千葉か長野か山梨へ送られます)。今日の材料はそうやって捨てられるはずだった竹・松の葉を使います。竹をリサイクルのゴムで仮止め、ペットボトルに固定します。下の部分はカットされた古帯で包むのですが、包み方はお好みで♪松の葉をアレンジした後、最後に竹垣などに使う天然素材の棕櫚(しゅろ)縄を巻きます。本来は3,5,7の縁起のいい数で結ぶのですが、今日はミニなので1、2か所で留めます。庭師仕事では欠かせない「男結び」をやってみたい人は、教室前で教えていただきました。
*ネット検索すると男結びの図解や動画をすぐに見つけることができるので、調べてみましょう。


松の枝から葉を自分で切り、松の香りを感じました。のこぎり体験でも月桂樹の枝の匂いを嗅ぎました。ごつごつした小野さんの手、道具、日本の風習や伝統技術など「本物」に触れることのできる楽しい講座でした。

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年12月25日

地球温暖化と気候危機時代を諦めない

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年12月21日

 令和2年12月5日(土)、環境学習講座「地球温暖化と気候危機時代を諦めない」が開催されました。講師は地球温暖化防止コミュニケーターの林彰一氏です。地球温暖化防止コミュニケーターとは、地球温暖化に関する情報を人から人に直接伝える‘伝え手’で、環境省の登録資格です。
講座の概要は、米国元副大統領アル・ゴア氏直伝の資料をもとに気候変動、気候危機の全貌を確認し、コロナによるパンデミックと環境汚染の共通点を探るというものでした。
 
 気候変動問題について主要な問いかけは次の3点です。
(1)変わらなくてはならないのか? (2)変わることはできるのか? (3)変えようとしているのか?
以下、「日本では」などの断りがない限り世界に関する説明です。
(1)変わらなくてはならないのか?
【温室効果ガスと異常高温】
・太陽からのエネルギー放射が地球を温めており、また大気中のCO2濃度が上がるほど温室効果が高まります。
・地球に生命が生まれ生存できるのは、太陽からの距離と温室効果を持った大気が絶妙のバランスで地球の温度を15℃に保っているからです。
・温室効果ガスの発生源は農業、森林燃焼、交通など多くの発生源がありますが、最大の汚染物質は石炭や石油、天然ガスなどの化石燃料を燃やして発生するCO2です。(左下図)
 
・昨年から今年にかけて世界で異常高温が記録されています。昨年7月にパリで42.6℃を、今年の7月にイラクのバクダッドで53℃を、また6月にはシベリアで38℃を観測しました。
・2019年は日本でも1898年の統計開始以来最高値を記録しました。
・11月に世界気象機関(WMO)が発表した世界の大気中のCO2の濃度変化です。季節変動を繰り返しながら毎年上昇しています。(左下図)
・80万年前からの大気中のCO2濃度の変遷を見ると、近年の上昇は顕著です。(右下図)

    
【異常高温が自然破壊など及ぼす様々な影響と被害等】
・北西太平洋の熱帯低気圧は今世紀中に激しさを増すことが予想されています。
・全世界的に洪水と豪雨の頻度が激増、干ばつの長期的深刻化、大規模火事の多発などが起きています。
・オーストラリアなどの森林火災により大量のCO2が発生し、CO2を吸収してくれる森林が広範囲に消失しています。
・グリーンランドでは氷河が減少しています。
・オーストラリアのグレートバリアリーフでは、この30年間で半分のサンゴが失われました。2016年からだけで30%の減少です。同じくグレートバリアリーフの北端では、アオウミガメの99%がメスです。ウミガメの性は水温で決まるためです。
【パンデミックと気候危機の共通性と影響を見てみましょう】
 
グレートリセット・・・コロナ禍が終わった後、傷ついた世界経済の回復の進め方
グリーンリカバリー・・・気候危機、環境対策に重点を置き、持続可能な社会の再構築を目指すコロナ禍からの復興計画
Q(1):変わらなくてはならないのか?・・・イエス! 
明らかに変わらなければなりません。
(2)変わることはできるのか?
結論から言えば、我々は解決策を手にしているということです。大いなる希望があります。
風力発電や太陽光発電の能力は、20年前の予想をはるかに超え、発電コストも大きく下がっています。
・イギリスでは昨年、再生可能エネルギーによる発電量は石炭火力発電の18倍にもなりました。
・風力などの再生可能エネルギー発電の増加で、ポルトガルやイギリスでは今年の前半の約2か月間、石炭火力発電を使わずに済みました。日本でも風力発電は確実に増加しています。
・全世界の太陽光発電能力は近年、指数関数的な伸びを示しており、風力発電の伸びを超えています。日本でも固定価格買取制度という投資刺激策が始まった2012年から数年間において急激な拡大を示しました。
 
電気自動車はリチウムイオン電池のコストがこの10年間に1/8までに下がったことにより、生産台数が大きく伸びています。日本でも伸びてはいますが、世界の伸びには及びません。そのため政府は補助金を出して普及を図ろうとしています。
Q(2):変わることができるのか?・・・イエス! 
再生可能エネルギーの利用という解決策を持っており、その爆発的な拡大の実績があるのです。
(3)変えようとしているのか?
・2015年のパリ協定で世界のすべての国が2050年までに温室効果ガスの排出量をゼロにするために協調することに合意しました。
・日本でも、菅義偉首相は所信表明演説(2020年10月26日)で、温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロとする目標を宣言しました。
・では日本はどのようにして気候変動への対応を強化できるのでしょうか?
アル・ゴア氏による政策提言です。(左下図)
また個人はどのように気候変動に対応できるのでしょうか?
 
・知識と実践のチェックリストです。(青:知識 赤:実践)
                    
・使用する電力の100%を再生可能エネルギーにより発電された電力にすることに取り組んでいる企業が加盟している国際的な企業連合である“RE100”には約270社のグローバル企業が、また日本企業も42社が名を連ねています。
●最後に勇気づけられる話を
①日本で起きた公害問題やごみ戦争・・・
(例)夢の島問題は人々の意識変化と努力のお陰で劇的変化を遂げ、解決してきました。
②オゾン層の破壊とオゾンホールの拡大・・・
モントリオール議定書の締結によりオゾンホールガスの規制が行われており、オゾンホールはふさがるだろうと考えられています。
●アル・ゴア氏のメッセージです。
・気候危機の現実を政府や自治体に伝えましょう。
・気候危機に立ち向かうために対策を進めようとする候補者に投票し、有志の人々と行動しましょう。
・地球の未来はそれにかかっています。
●環境情報活動センターより
当日はコロナ対策のため、予定していたグループディスカッションが出来なくなり残念でした。
講師からは、今後の最新情報の情報源(*1)や、自分のアクションを考えるための、IGES発行『1.5°Cライフスタイル ― 脱炭素型の暮らしを実現する選択肢 ― 日本語要約版』(*2)のなかからの抜粋データ(*3)を掲載したので役立ててほしいとのコメントがありました。
 

https://www.iges.or.jp/en/pub/15-lifestyles/ja

                                                
  
以上

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年12月21日