品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!

「SDGs」目標達成のために子どもができること④食品ロスに注目!(1)

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年07月28日

今回は、食品ロスについてみていきます。

食品ロスの現状

まだ食べられるのに捨てられている食べ物を、「食品ロス」といいます。日本では、年間612万トンもの食品ロスが出ています。毎日、1人あたりお茶碗1杯分のごはんを捨てていることになります。1年分だと48キログラムにもなります。驚くような量ですね。食品ロスのうち、半分近くは家庭から出たものです。企業だけではなく、私たち一人一人が食品ロスを減らしていくことが大切です。そのために小学生のみんなにも、できることがあるはずです。何ができるのか、考えていきましょう。

食品ロスを減らさなくてはいけない理由

①世界には飢えに苦しんでいる人がいる
下表、「ハンガーマップ2020」を見てみましょう。ハンガーマップとは、栄養不足の人口の割合を色分けし、どこの国で食べ物が不足しているかを示す地図です。今、世界では、9人に1人以上もの人が、食べ物が足りずに苦しんでいます。5歳未満の子どもは、5人に1人が栄養不足になり、1年間に約310万人が亡くなっています。
世界中から発展途上国に390万トン(※)の食料を援助しています。一方で日本は年間612万トンの食料を廃棄しているのです。こんなに捨てなければ、もっとたくさん発展途上国の人たちを助けられるのに、と思ってしまいます。
※WFP(国連世界食糧計画)より

②日本は、本当は食べ物が足りていない。世界最大の食品輸入国
では、日本のすべての子どもたちは、食べ物に困っていないのか、というと実はそうでもないのです。日本の子どものおよそ7人に1人以上(13.5パーセント)が貧しい暮らしをしています。(厚生労働省「平成29年 国民基礎調査/貧困率の状況」より) 貧しいといっても、住む家や着るものがないほどではなく、お金がないためにあきらめなくてはならないことがあったり、健康を満たすのに十分な食事をとる余裕がなかったりしています。
国内で食べられる食べ物のうち、国産品が占める割合を「食料自給率」というのですが、日本の食料自給率は38パーセント(農林水産省HPより令和元年度)で先進国の中で一番低くなっています。6割の食料を輸入していながら、多量の食品を廃棄しているのが現状です。より多くの子どもたちが、満足できる食を確保できるためにも、食品ロスを減らすべきです。

③命や労力、資源、お金、エネルギーをむだにすることになる
食品を作るためには、動物、魚、野菜の命を使われます。それらを育て、収穫し、加工し、運び、売るのにも、人間の労力とエネルギー、水などが使われています。そして、食べ物を買うにはお金がかかります。食品を食べずに捨ててしまうと、それらを無駄にすることになります。
ごみとして輸送したり、燃やしたりするのにもエネルギーを使い、環境に悪影響を及ぼす二酸化炭素を増やすことになります。

問題だらけです。私たちは、食品ロスを少しでも減らしていく習慣を身につけなくてはなりません。

<参考>
食品ロスを減らすために、私たちにできること(環境省)
https://www.env.go.jp/recycle/food/shiryou.pdf
WFP(国連世界食糧計画)
https://ja.wfp.org/
厚生労働省「平成29年 国民基礎調査/貧困率の状況」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa17/

井出留美監修 『食品ロスの大研究』 PHP研究所 2019年
上村協子監修 『きょうからなくそう!食品ロス~わたしたちにできること』①②③ 汐文社 2020年

「SDGs」目標達成のために子どもができること④食品ロスに注目!(2)に続く
https://shinagawa-eco.jp/wp/coto/?p=3135

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年07月28日

毎年違う?ミミズやカナブンが多い気がした昨年の話

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年06月21日

昨年のこの時期、八潮周辺のアスファルトの歩道にとても多くのミミズの死骸を見かけました。カナブン(…らしき昆虫)も例年より多く飛んでいた印象で、年によって昆虫の発生数ってそんなに変わるのかな?と今年も足元の虫たちに注目しているのですが、昨年秋に昆虫に詳しい方にお会いできたので、「ミミズってなんで出てきちゃうんですか?カナブンも例年より多かった気がするんですけど…梅雨と関係ありますか?」など疑問をぶつけてみました。

「ミミズは土壌に嫌なバクテリアが増えたりして居心地が悪くなると、土から移動しようとします。今年(2020年)の長雨の影響で土壌がミミズの嫌う状態になった可能性はあるので、多くのミミズがアスファルトに出てしまい、その後土のある所にたどり着けず干からびたという事だと思います。カナブンに関しては、よく似たコガネムシやハナムグリかもしれません。ハナムグリは花が少ないと樹液に行きますが、そういった植物の状態も昆虫の栄養・交尾に影響するので翌年の数に差が出ると思います。どの昆虫も多く発生した年は食料の奪い合いになるので、翌年減るなど、理由は色々ありますが数の上下はあります」とのお答え!なるほど!凄い!
毎年桜前線や梅雨の降水量などが季節のニュースになりますが、昆虫も土や植物を介して気候に大きく影響を受けているのですね。

私が見たのは恐らくカナブンなのですがその違いを調べてみると、カナブンは土壌を良くし、ハナムグリは受粉の手伝いをするので、どちらかというと益虫。コガネムシは葉を食べるので人間にとって害虫だそうです。

*カナブン・コガネムシ・ハナムグリの違いについての参考HP⇒ミツモアメディア
https://meetsmore.com/t/terminator/media/79123

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年06月21日

平年値(気象庁)が更新されました~温暖化傾向

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年06月03日

 気象庁は新しい平年値を作成し、5 月 19 日から使用しています。平年値は10年毎に更新され、新平均値は1991~2020年の30年間のデータを使っています。これまでは1981~2010年のデータを使っていました。
新平年値はこれまでの平年値と比べ、年平均気温は全国的に 0.1〜0.5℃程度高くなり、降水量は季節によって多くの地点で10%程度多くなります。
 平均値は気温、降水量、日照時間、積雪の深さ等を作成していますが、ここでは気温を見てみます。
平均気温は長期的に見ると確実に上昇しており、特に1980 年代後半から急速に上昇しています。その背景には、地球温暖化や数十年周期の自然変動の影響があると考えられます。さらに都市化も影響していると考えられる地点もあります。旧平年値よりも高くなる地域が多くあり、年平均気温では、北日本と西日本で+0.3℃、 東日本で+0.4℃、地点によっては+0.5℃も高くなるところ(宇都宮、水戸)もあります。


上記では全国各地の年間の気温差を見ましたが、東京の月別で見てみましょう。
新平年値は旧平年値に比べ3月は0.69℃、4月は0.41℃高くなっています。
今年の3月は平年値を大きく上まわる日が多く、3月としては記録的な暖かさで、さくらの開花が早まったことはご存じのとおりです。

 長期的に見て日本の平均気温は上昇しており、その背景に温室効果ガスの増加に伴う地球温暖化と数十年周期の自然変動の影響、都市化の影響が考えられます。
 日最高気温や日最低気温、さくらの開花日、台風はどうでしょう。東京あるいは関東甲信地方で見てみましょう。

これらの変化は長期的に見ると大きな変化であると言えます。

参考:気象庁「平年値の更新について」

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年06月03日

進む地球温暖化~再生可能エネルギー比率倍増目標

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年05月20日

 世界各国では脱炭素社会の実現をめざして、温室効果ガス排出量ゼロに向けて大きく舵を切りつつあります。日本においても菅首相は、2020年10月26日の所信表明演説で、温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロとするという目標を宣言しました。
しかしこのたび経済産業省は、2030年度の電源構成の計画について新たな目標を掲げました。
それは太陽光や風力といった再生可能エネルギーの総発電量に占める割合を現在の22~24%から30%台後半にするというもので、2019年度実績の18%と比べ約2倍にすることになります。


 温室効果ガスを大幅に減らすためには再生可能エネルギーを第一に、原子力の維持も必要であり、石炭などの火力発電は大幅に減らす必要があるとしています。しかしこの目標の達成に向けては課題があります。
・再生可能エネルギーは他の発電方法よりもコストがかかり、その普及のために現在負担している額は標準的な家庭で年間1万円ほどです。コスト削減のためには技術革新が求めれれるところです。
・これまで導入が進んだ太陽光は買取価格が下がったことなどで導入ペースが鈍っている現状がある一方、太陽光パネルの設置場所が少なくなっており、増やせる場所や効率を考えると住宅への太陽光パネルの設置を積極的に進めるべきだとの声もあります。

・期待される洋上風力発電は設備規模が大きく、環境問題や工期に時間がかかるなど、早期の導入は難しいようです。
・経済産業省は、目標達成のためには原発も重要な電源と位置付けており、現在停止中の原発の再稼働は必要であると考えています。原発の2019年度における電源構成の割合は約6%でした。
                     参考:朝日新聞(2021年5月14日)
‘進む地球温暖化~温室効果ガス「2050年実質ゼロに」’もご覧ください。
https://shinagawa-eco.jp/wp/coto/?p=2533

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年05月20日

今年の桜の開花は記録的に早かった

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年04月26日

全国各地の桜(以下、ソメイヨシノ)の開花は統計開始以来最も早かった地区が多くありました。
今年の桜の開花は3月11日の広島から始まり、その後福岡、東京、京都、名古屋と続き、4月13日現在、開花が発表されている45都府県の主な気象台のある地点では、28地点で統計開始以来最も早い開花日となりました。また平年に比べて平均約10日も早くなっています。

このように開花が早くなった理由は、冬の前半に厳しい寒さの日があり、その後暖かい日が増えて、花芽の生長が促されたためと考えられています。今年は開花が早くなる条件が揃ったと言えます。
下のグラフは2月1日から3月中旬までの日平均気温と桜の開花日を表したグラフです。この1か月半の気温が桜の開花に影響していることが分かります。
なお3月の平均気温は、那覇を除く46すべての地点で統計開始以来最も高く、さらに100年以上観測している38の全地点で最も高かったです。即ち、3月は100年に1回あるかないかの高い気温でした。

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年04月26日