品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!

進む地球温暖化~確実に進行しています

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年03月23日

最近、テレビや新聞で地球温暖化の話題が多く取り上げられるようになりました。
先日BS朝日で放映された「地球クライシス2021~気候変動壊れゆく世界~(2021年3月7日(日)21:00~)」は、気候危機について世界の専門家のメッセージを交えてその深刻さを伝えていました。
以下はその内容を中心に、その他の地球温暖化情報も加えてお伝えします。
1.地球温暖化の実態
二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスが地球全体を覆い、地球から出る熱を吸収して、より高い温度にしています。CO2が毛布の役割をしているようで、その毛布が更に厚くなっていることが問題です。

産業革命後、石炭などを燃やすことにより大気にCO2を大量に排出した結果、地球の温度は産業革命前よりもおよそ1℃高い状態になりました。わずか1℃といいますが、この温度上昇が地球の気候に大きな影響を及ぼしているのです。
2.温暖化によっておこる現象
異常気象の日常化、熱波、干ばつ・水不足、海面上昇、水害、生態系の破壊、感染症リスク増大など。
・2018年は記録的な熱波がヨーロッパを襲い、過去に記録したことのないほどの高温に見舞われました。
日本でも40℃を超える高温を各地で記録しました。
・気温が上昇すると海から蒸発する水分が増え、大気中の水分が増えれば雨の量が増える。それによって巨大な嵐や洪水が起きるわけです。
・何千年もの間凍り続けてきた氷河が溶け出しています。
・わずかな海水温の上昇が南極大陸の氷を大量に溶かし、海水面が上昇しているのです。
3.日本を襲う温暖化3大異常
(1) 日本から寿司が消える!?
・以前は南国で見られた海の生物が日本近海で見られるようになりました。
(例)真冬の相模湾の海底の岩場では水温が25~29℃の沖縄周辺にすむサンゴが見られます。
海水温が上昇すると日本近海の魚は水温の低い場所を求めて北上し、現在は旬の時期がずれるという影響が出ていますが、将来は日本近海にいた魚がいなくなるということになります。
熱帯地方にすむ魚が北上し、日本近海で生息域を拡大することになるでしょう。
・大気中に放出されたCO2を海洋が吸収することにより海洋の酸性化が起こり、海水温の上昇と相まってサンゴが白化し、これが続くと死滅してしまいます。

(2) 巨大台風、豪雨などで大きな被害をもたらしています。
最近「線状降水帯」という気象の専門用語を聞くことがよくありますが、これは次々と発生・発達した雨雲が列を作り、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または停滞し、強い雨をもたらす状態をいいます。

2020年7月に熊本県の球磨川が氾濫しましたが、南から暖かく湿った空気がたくさん流れ込み、山などにぶつかることで上昇気流が発生し、そこに北から寒気が入りこみ、次々と積乱雲ができました。これが何個も直線状に並び線状降水帯を作りました。九州地方はそれが発生しやすく豪雨が起こりやすいのです。
(3) 日本人1億人以上の健康を脅かすヒトスジシマカ(やぶ蚊の仲間)
竹藪に行くと刺される黒い色に白い縞が入った蚊の仲間です。
夏場に水の溜まりそうな場所(ジョウロ、竹の切り株、植木鉢の受け皿、排水溝など)ならどこにでもいるポピュラーな蚊です。
出典:ウィキペディア
これによる健康被害(ヒトスジシマカが媒介する感染症)としてデング熱などがあります。デングウイルスによって高熱や呼吸困難を引き起こし、最悪の場合は死ぬことがあります。
2014年代々木公園を中心に流行したのを覚えているでしょう。この時ウイルスを媒介したのがヒトスジシマカでした。年平均気温が11℃以上のところであれば生息できると考えられており、次第に分布域が拡大(北上)し、2016年には青森県まで分布を広げました。

4.温暖化で世界は
・温暖化により大豆、コーヒー、カカオ(チョコレートの原料)は不作になり、種類によっては絶滅する可能性もあります。
・世界では海抜10m以内の湾岸地域に61億人以上の人が住んでいますが、住むところを奪われる人が多く発生します。
・温暖化が進み回復不可能なほどの変化が訪れる転機のことを「転換点」と言いますが、転換点がおこる可能性は世界中にあります。転換点の一つは地下に眠る温室効果ガス(メタン)が関連しています。北極の永久凍土には大量のメタンガスがあり、永久凍土が溶けることにより閉じ込められていたメタンガスが湧き出ることが懸念されます。メタンガスの温室効果はCO2に比べ21倍もあり、永久凍土から排出される大量のメタンガスが温暖化を更に加速させます。
・パリ協定では産業革命前と比べて平均気温の上昇を2℃より十分低く保ち、1.5℃に抑えるという努力目標を設定しました。しかし、気温上昇を、1.5℃に抑えるためには2030年までに温室効果ガス排出を半減し、2050年までに世界中の排出量をゼロにするという非常に高い目標を達成する必要があります。
5.新技術が開発されつつあります、
(1)再生可能エネルギー(風力発電)
これまで再生可能エネルギーは化石燃料に比べて価格が高いことが問題でしたが、近年世界的には価格が下落しています。風力発電が増え続ければ将来的には化石燃料より安くなるでしょう。
日本の再生可能エネルギー最前線
・洋上風力発電・・・北海道、東北、関東、九州などの沖合ですでに行われています。
出典:日立造船グループ

・次世代太陽光(有機薄膜太陽光発電)・・・インク状の特殊な液体を塗ることで太陽光発電ができます。
(2)最新のCO2回収技術
空気中のCO2を回収し、地中や海底などに閉じ込める技術があります。回収したCO2を地下1800mまで押し込め、そこで岩盤に注入します。大気に影響を及ぼすことはありません。
(3)森林がCO2を吸収してくれています。世界中の至る所で自然を取り戻せば大気中の炭素を木々の中に閉じ込めることができるのです。

6.私たちが明日からできること
●江守正多氏(国立環境研究所地球環境研究センター/副センター長)
(1)常識を変えることが必要です。

(2)興味を持って、知って、声を上げていきましょう。

●依田司氏(気象予報士)

2016年4月1日から電力が自由化され、電気の小売業への参入が全面自由化されました。
すべての消費者が電気会社を選べる時代になったのです。自分が使っている電気は何由来なのか、化石燃料なのか自然エネルギーなのかわかるので、現在では自然エネルギーは若干高いですが、意識的にシフトしていくこともよいでしょう。

・イラストや図は、放映内容をもとに作図しました。
・江守正多氏には2015年(平成27年)11月27日、当環境情報活動センターの環境学習講座「異常気象と人類の選択」でお話をしていただきました。https://shinagawa-eco.jp/wp/kouza/?p=277

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年03月23日

「SDGs」目標達成のために子どもができること③~環境マークをさがしてSDGsとのつながりを考えよう(2)

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年03月18日

この記事は、「SDGs」目標達成のために子どもができること③~環境マークをさがしてSDGsとのつながりを考えよう(1) の続きです。
https://shinagawa-eco.jp/wp/coto/?p=2913

(2)SDGsとのつながり

ペットボトル識別表示マークを取り上げて、どのようにSDGsとつながっているのか見ていきましょう。このマークの効果が、SDGsのどの目標を達成するために役立っているのでしょうか。

① ペットボトル識別表示マークが付いていると、マークを目印にして、使用済みペットボトルを他のプラスチック製品と分別することが容易になります。回収されたペットボトルは、ごみとして燃やすことなく、リサイクルして再び使うことができます。

② ペットボトルを分別してごみとして燃やさなくなると、都市の大気環境への悪影響がその分少なくなります。

③ ペットボトルを分別してごみとして燃やさなくなると、ごみを燃やして発生する二酸化炭素という温室効果ガスを少なくできて、地球温暖化が進むのを防ぎます。

④ ペットボトルを分別してごみに出さないようにすると、ペットボトルがプラスチックごみとして、海に流出することがなくなります。

4個の目標とのかかわりを見ました。ペットボトル識別表示マークは、他のいくつかのSDGsの目標ともつながっています。17の目標は、ひとつひとつが独立するものではなく、相互につながり関係しているのです。丸い輪で表わされているSDGsのロゴは、ひとつの課題への取り組みが他の課題へも影響していることを示しています。みなさんが意識して行動した結果が、いくつものSDGsの目標達成のために役立っているのですね。

<参考>
まち美化キッズ
小学生のための環境リサイクル学習ホームページ(資源・リサイクル推進センター)
SDGs CLUB 日本ユニセフ協会
国際連合広報センター
PETボトルリサイクル推進協議会
Edu Town SDGs
蟹江憲史監修 『マークで学ぶSDGs 家でみつかるマーク』 ほるぷ出版 2020年

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年03月18日

「SDGs」目標達成のために子どもができること③~環境マークをさがしてSDGsとのつながりを考えよう(1)

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年03月17日

みんなのまわりには、SDGsに関係していることやものがたくさんあります。さまざまなものに付いている環境マークについて調べてみましょう。SDGsとつながっていることがわかります。

前回の記事、「『SDGs』目標達成のために子どもができること②~ごみを減らそう」では、ごみを減らすためのキーワード3R(リデュース、リユース、リサイクル)についてみていきました。
https://shinagawa-eco.jp/wp/coto/?p=2825
今回は、3Rのリサイクルにかかわる環境マークを取り上げます。

(1) リサイクルにかかわる環境マーク
●ごみの分別の目安になるマーク
環境マークは、リユースやリサイクルのための分別を正しく行うことの助けになります。マークを見ると包装が何からできているかわかります。
★家で見つけたマーク

●再生利用品マーク
回収された資源を原料にして再生して作られた製品であることを示すマークがあります。再生利用品を積極的に使うことは、リサイクルの促進につながります。

「SDGs」目標達成のために子どもができること③~環境マークをさがしてSDGsとのつながりを考えよう(2)に続きます。https://shinagawa-eco.jp/wp/coto/?p=2981

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年03月17日

進む地球温暖化~2030年②

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年02月03日

 地球温暖化の脅威が喧伝されるようになってかなりの時間が経過しますが、最近「2030年環境問題」が話題になることが多くなりました。国際連合の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、2015年の「パリ協定」で気温上昇を産業革命前の水準から1.5℃以下に抑えるという目標を設定しました。しかし昨年時点で1.2℃の気温上昇があり、現在の二酸化炭素(CO2)排出量が続けば、早ければ10年後には1.5℃に達する可能性があります。その結果は悲惨なものになるだろうということは、温暖化によると言われている様々な現象を見れば容易に想像できます。これから軌道修正して1.5℃の上昇を回避するには、まずは2030年までにCO2の排出量を半減させなければならないということです。
【1】先日、NHKスペシャル「2030未来への分岐点(1) 暴走する温暖化“脱炭素”への挑戦」(2021年1月9日 21:00~22:00)を視聴しました。10年後の世界を見据えて、私たちが真剣に取り組まなければならない問題を提起してくれていました。その一部をご紹介します。
地球温暖化は山火事や大洪水、巨大台風を引き起こし、人類の存続を脅かしている。
(1)専門家の声
・持続可能な社会への大転換が必要である。 
・未来を左右する決定的な10年間に突入している。 
・我々には次世代に対する責任がある。
(2)私たちは現在、2030年未来への分岐点に立っている。
2030年を境に、持続可能な未来と、暗黒の未来に分かれていく。
(3)地球上の各地で異変が起きている。

(4)この結果と今後
・こうした連鎖が繰り返されることで地球の平均気温は上昇し続け、2100年には+4℃に達する可能性がある。
・“1.5℃”を超えないためには、今すぐに温室効果ガスの排出量を減らし、2030年に「半減」、2050年には森林などの吸収分を差し引いて「実質ゼロ」にすることが必要だとされている。
・新型コロナの感染拡大を抑え込むために行われたロックダウンや経済活動の自粛でも、それによって削減できた排出量は推定7%で、目標を達成することができない。
・今の社会システムのまま目標を達成することは難しいのが現実である。

(5)EUは社会の仕組みを丸ごと作り変える脱炭素革命を起こそうとしている。
①石炭火力の新設禁止
最も重要なのは、CO2排出量の75%を占めるエネルギーの転換である。
 石炭火力発電所の新設を禁止し、太陽光や風力など再生可能エネルギーへ転換する。
②循環型経済への大転換
産業部門では、繊維産業で古着を燃やすのではなく、新たな繊維に再起用すること。
 しかしリサイクルは新しい製品を一から作るよりコストがかかり、競争力で不利になる。
③国境炭素税・・・温暖化対策をとっていない企業に税金を払わせる。
④2025年 100万基の充電設備・・・電気自動車を一気に普及させるため
⑤2030年 住宅・公共施設の断熱化
これらにより、2030年には排出量55%削減を目指す。
【2】わたしたちにできること
環境省の「地球温暖化対策計画」(平成28年5月)では、我が国の温室効果ガス削減目標として、2030年度に2013年度比で26%減を達成するとしています。どのようにしてそれを達成するのでしょうか。
「計画に位置付ける主要な対策・施策」を見てみましょう。

 この削減目標を達成するためには、あらゆる部門での対策・施策の実行が不可欠です。それではわたしたちにできることは何でしょう。
まずは電力使用量を減らすことです。
続いて住宅の省エネルギー性能の向上を図るとともに、
わたしたちみんなが地球温暖化問題を自らの問題として捉え、ライフスタイルを見直すことです。
また再生可能エネルギーの導入や省エネルギーに努めることです。

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年02月03日

進む地球温暖化~2030年①

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年01月26日

(1)この冬の寒さと大雪
 昨秋、今年の冬は寒いという予想が出ていましたが、その根拠としてラニーニャ現象をあげていました。
よく言われるのは、エルニーニョ現象(*)発生時、日本では夏は涼しく冬は暖かいということです。一方ラニーニャ現象(*)発生時には、冬は寒くなる傾向があるということです。
(*)気象庁ホームページ、各種データ・資料、エルニーニョ/ラニーニャ現象とは
https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino.html
 この冬、日本海側に豪雪をもたらしているのは地球温暖化が原因だとも言われています。温暖化なのに大雪?と疑問に思われるかもしれませんが、理由は次の通りです。
 
(2)地球温暖化による生態系への影響
 地球温暖化は、大雨や台風の大型化、海面上昇、干ばつ、気温上昇などの気候変動を引き起こし、地球上の動植物などの生態系にも影響を及ぼしています。農作物の被害により作物の収穫が減るだけでなく、絶滅してしまう動物も出てきます。
一昨年の9月に千葉市付近に上陸した台風では、大規模な停電や断水が発生しました。フィリピンを襲った超大型台風の記憶もあります。オーストラリアでは多くのカンガルーやコアラが犠牲になり、アメリカのカリフォルニアでも山火事が続きました。一方、北極や南極では氷河や氷が溶け、シロクマなど北極圏の動物たちは絶滅の危機に瀕しています。また海水温が上昇することで、サンゴ礁の白化現象が進んでいます。
これらはほんの一例です。
(3)海水温の上昇により、地域によってとれる魚が変化している現実を見てみましょう。

・北半球で海水温が高くなると、南方の暖かい水温を好む魚が、どんどん北上する。
・サワラ・・・以前は東シナ海に分布していたが日本海に北上し、沢山とれるようになった。
・スルメイカ・・・漁獲量の激減が心配されている。海水温の変化で産卵や成長に適した水温の海域が狭まり、資源量に影響しているのではないか。また過剰な漁獲の影響も懸念されている。
・ブリ・・・昔は漁獲の北限が千葉や茨城周辺だったのが、現在は北海道沿岸でも沢山とれるようになった。
・近年の秋サケの不漁は、温暖化の影響を受けている可能性が指摘されている。
     参考:公益財団法人・海洋生物環境研究所(海生研)中央研究所
        「地球温暖化が引き起こす海水温上昇と漁業の関係」
(4)海水温上昇による変化について、テレビでも紹介していました。
(フジテレビ「所JAPAN」2021年1月18日・22:00~/伊豆半島での取材)
・イカの漁獲量が大幅に減少し、とれても小ぶりのものが多い。
・伊豆の名物である金目鯛がとれない。
・夏の魚だったものが秋から冬にとれるようになった。
・サンゴ(*)や熱帯魚が見られるようになった。(*以前からも少しは見られたが)
 一方、沖縄では海水温が高くなりすぎてサンゴが白化している。
(5)100年間の海水温上昇率の変化と違い近年の変化であることを考えると、10年後の世界は私たちの日々の生活にかなりの影響を及ぼすようになるかもしれません。

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年01月26日