品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

「‘地球を守ろう’お話とコンサート」開催

カテゴリ:平成22年度

投稿日:2010年10月22日

 10月9日(土)、荏原第五中学校で「‘地球を守ろう’お話とコンサート」(第6回)が開催されました。会場には地域の皆さん、荏原第五中学校生徒さんたち大勢が集まり、楽しく華やかに開催されました。
主催は「ト音記号の会」で、子育て支援の一つとして、親子で音楽に触れ、音楽の楽しさ素晴らしさを感じてほしいという願いから、平成17年に第1回のコンサートを開催しました。2回目からは、コンサートと共に環境問題にかかわる講演を企画し、年1回のペースで続けてきました。昨年5回目は「地域の『子どもと大人』がともに環境教育を学ぼう」が評価され、平成21年度‘しながわ環境賞’を受賞しました。
●第一部 「森の人オランウータンから学ぶこと」・・・今、私たちにできることは・・・
 (お話:東京サラヤ�営業本部 環境担当 小野文義さん)
DVDとスライドをまじえ、ボルネオにおける同社の環境を守る活動についてお話いただきました。
インスタントラーメンやマーガリンなどの食料品や、「環境にやさしい」として販売されているせっけん、洗剤などに広く使われているパームオイル。また石油などの代りに「環境に優しいバイオディーゼル」としての需要が多くなっていますが、その85%はインドネシア、マレーシアなど東南アジアの熱帯雨林を破壊しながら作られた大規模なプランテーションで栽培されています。
環境に優しいといわれるパームオイルですが、野生生物の絶滅危機を招くなど環境に優しくないものになってしまいました。
 熱帯雨林などの自然が破壊され、オランウータンやボルネオ象の生息域が狭まってきています。これらの動物の生息域を守るための活動に売上げの一部を寄付し、プランテーションに侵食されたジャングルの一部買戻しを行っているとのことでした。
 
   
 なお、東京サラヤ株式会社は昨年度の‘しながわ環境大賞’を受賞し、‘環境賞’を受賞した「ト音記号の会」とのジョイントとなりました。
●第二部 コンサート
(1)みんなで歌おう(「ト音記号の会」の皆さん、荏原第五中学校生徒さん) 「大地讃頌」
(2)うた [混声合唱] (「ト音記号の会」の皆さん) 「ほたる」「筑波山麓合唱団」ほか
 50名を超える歌声が会場に響き渡りました。
(3)フルート独奏(吉原友恵さん) 「チャルダッシュ」ほか
 きれいなフルートの音色に、ひとときの安らぎを覚えました。
(4)吹奏楽(荏原第五中学校吹奏楽部) 「小さな恋の歌」「威風堂々」ほか
 特訓練習の成果が出ていました。
(5)独唱(女屋哲郎さん) 「アルディラ」「イヨマンテの夜」
 アンコールの「宇宙戦艦ヤマト」では最高に盛り上がり、しばらく拍手が鳴り止みませんでした。
(1)みんなで歌おう                (4)吹奏楽(荏原第五中学校吹奏楽部)
  
今回で6回目を迎えた「‘地球を守ろう’お話とコンサート」、今後も続いてほしいと思いました。

カテゴリ:平成22年度

投稿日:2010年10月22日