品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

これからのISO14001の運用はこう進める

カテゴリ:平成21年度

投稿日:2010年02月28日

             「これからのISO14001の運用はこう進める」
          〜即活かせる!活動が活性化する楽しい意識改革〜
                             
 2月15日(月)しながわ環境ISO取得事業所情報交換会(講師:エコエナジー�代表取締役 伊藤智教氏)が中小企業センター大講習室で開催されました。
48企業から約60名の方が出席し、熱心に講師の話に耳を傾け、また講師の質問に真剣に答えていました。以下は講演の部のご紹介です。
今回の参加目的として「(ISO14001については)ある程度してきたが、手詰まり感がある」といった現状から、参加を決めたという人が多かったようでした。

                  
 講師からの問いかけや説明はいずれもなるほどと思わせるものばかりでした。
その一部をご紹介しましょう。
○あなたにとって、あるいは会社にとってISO14001って?
 一部出席者から「仕事としてやっている」「会社として必要だ」「当社がISO14001を取得していることを他の会社に知ってもらう」など、必要だからやっている、あるいは指示されているのでやっているといった回答が多いようですね。ISOの仕事をつまらないと思って話をしたら、聞いた人はもっと面白くないでしょう。
○ISO14001って本当に楽しい?
 節水、節電、省エネ、コスト削減など、これらの行動にマイナスイメージを持っている人が指示をしたら、指示された人はどうお感じになるでしょうか。

参加者の席を回って直接話しかける講師
○省エネ成功の方程式
 成果=意識×技術・ノウハウ×省エネ機材
意識の持ち方は変えることができます。意識を高めることにより、スキル(技術・ノウハウ)も向上します。
○「見える化」って?
 表やグラフを作りますが、それで「見える化」が完成したとは言いません。表やグラフを示し、変化した理由を問いかけて一緒に考えて頂く事、それでこそ成果が上がる「見える化」です。
○正しい情報があると正しい判断をする
 「白熱電球を電球形蛍光灯に変えると省エネ率は77%です」と聞いて、現在使っている白熱電球を電球形蛍光灯に変えますか?
「これにより年間約1,821円の電気代が節約できます」と聞いてはじめて「じゃあ変えようか」ということになります。この情報があって正しい判断が出来るのです。実際の仕事の場面でも同じです。
○ノウハウが必要ですか?
 ノウハウは即効薬です。しかし、症状が変われば効きません。人が変わると効きません。エネルギー使用の実態が変われば効きません。
本当に必要なのは今の自社の実績に合わせてノウハウを構築できる人材を育成する事が大切です。
                       
  「ISO14001は楽しい仕事ですか」と問われて、‘YES’と答えることができますか?
それを‘YES’と答えるためには意識改革が重要です。また意識改革はイメージ改革でもあります。仕事を楽しくする工夫をし、うまくできた場合は褒め、うまくいった理由を明確にし、さらにそれを続ける仕組みづくりをすることが大切です。

カテゴリ:平成21年度

投稿日:2010年02月28日