品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

「食品ロス」を減らしましょう

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年12月03日

環境省は令和3年11月30日に令和元年度の食品ロスの発生量の推計結果(*)を公表しました。その発生量は約570万トンと推計され、平成27年度をピークに最近の4年は減少傾向が見られます。570万トンと言われても・・・・・ 東京ドーム約5個分の量と言えばその多さが想像できます。
(*)下のグラフは同データを加工したもの

「食品ロス」とは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食べ物のことをいいます。食べ物を捨てることはもったいないだけでなく、地球環境にも悪い影響を与えてしまいます。この「食品ロス」の量(年間570万t)は国民1人当たり1日に茶碗約1杯のご飯の量を捨てている計算になります。
(下図:食品ロスとは:農林水産省 (maff.go.jp)より、「(参考)東京ドーム約5個分」を除く)

本来食べられるはずの多くの食品が廃棄されてしまっています。豊かな日本の社会が資源を無駄にしている現実がありますが、かつての日本人が持っていた当たり前の行動規範である「もったいない」の気持ちを生活の中に取り入れ、私たち一人ひとりができることをする、それが大切なことではないでしょうか。

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年12月03日