品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

今年の桜の開花は記録的に早かった

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年04月26日

全国各地の桜(以下、ソメイヨシノ)の開花は統計開始以来最も早かった地区が多くありました。
今年の桜の開花は3月11日の広島から始まり、その後福岡、東京、京都、名古屋と続き、4月13日現在、開花が発表されている45都府県の主な気象台のある地点では、28地点で統計開始以来最も早い開花日となりました。また平年に比べて平均約10日も早くなっています。

このように開花が早くなった理由は、冬の前半に厳しい寒さの日があり、その後暖かい日が増えて、花芽の生長が促されたためと考えられています。今年は開花が早くなる条件が揃ったと言えます。
下のグラフは2月1日から3月中旬までの日平均気温と桜の開花日を表したグラフです。この1か月半の気温が桜の開花に影響していることが分かります。
なお3月の平均気温は、那覇を除く46すべての地点で統計開始以来最も高く、さらに100年以上観測している38の全地点で最も高かったです。即ち、3月は100年に1回あるかないかの高い気温でした。

カテゴリ:令和3年度

投稿日:2021年04月26日