品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

進む地球温暖化~2030年②

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年02月03日

 地球温暖化の脅威が喧伝されるようになってかなりの時間が経過しますが、最近「2030年環境問題」が話題になることが多くなりました。国際連合の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、2015年の「パリ協定」で気温上昇を産業革命前の水準から1.5℃以下に抑えるという目標を設定しました。しかし昨年時点で1.2℃の気温上昇があり、現在の二酸化炭素(CO2)排出量が続けば、早ければ10年後には1.5℃に達する可能性があります。その結果は悲惨なものになるだろうということは、温暖化によると言われている様々な現象を見れば容易に想像できます。これから軌道修正して1.5℃の上昇を回避するには、まずは2030年までにCO2の排出量を半減させなければならないということです。
【1】先日、NHKスペシャル「2030未来への分岐点(1) 暴走する温暖化“脱炭素”への挑戦」(2021年1月9日 21:00~22:00)を視聴しました。10年後の世界を見据えて、私たちが真剣に取り組まなければならない問題を提起してくれていました。その一部をご紹介します。
地球温暖化は山火事や大洪水、巨大台風を引き起こし、人類の存続を脅かしている。
(1)専門家の声
・持続可能な社会への大転換が必要である。 
・未来を左右する決定的な10年間に突入している。 
・我々には次世代に対する責任がある。
(2)私たちは現在、2030年未来への分岐点に立っている。
2030年を境に、持続可能な未来と、暗黒の未来に分かれていく。
(3)地球上の各地で異変が起きている。

(4)この結果と今後
・こうした連鎖が繰り返されることで地球の平均気温は上昇し続け、2100年には+4℃に達する可能性がある。
・“1.5℃”を超えないためには、今すぐに温室効果ガスの排出量を減らし、2030年に「半減」、2050年には森林などの吸収分を差し引いて「実質ゼロ」にすることが必要だとされている。
・新型コロナの感染拡大を抑え込むために行われたロックダウンや経済活動の自粛でも、それによって削減できた排出量は推定7%で、目標を達成することができない。
・今の社会システムのまま目標を達成することは難しいのが現実である。

(5)EUは社会の仕組みを丸ごと作り変える脱炭素革命を起こそうとしている。
①石炭火力の新設禁止
最も重要なのは、CO2排出量の75%を占めるエネルギーの転換である。
 石炭火力発電所の新設を禁止し、太陽光や風力など再生可能エネルギーへ転換する。
②循環型経済への大転換
産業部門では、繊維産業で古着を燃やすのではなく、新たな繊維に再起用すること。
 しかしリサイクルは新しい製品を一から作るよりコストがかかり、競争力で不利になる。
③国境炭素税・・・温暖化対策をとっていない企業に税金を払わせる。
④2025年 100万基の充電設備・・・電気自動車を一気に普及させるため
⑤2030年 住宅・公共施設の断熱化
これらにより、2030年には排出量55%削減を目指す。
【2】わたしたちにできること
環境省の「地球温暖化対策計画」(平成28年5月)では、我が国の温室効果ガス削減目標として、2030年度に2013年度比で26%減を達成するとしています。どのようにしてそれを達成するのでしょうか。
「計画に位置付ける主要な対策・施策」を見てみましょう。

 この削減目標を達成するためには、あらゆる部門での対策・施策の実行が不可欠です。それではわたしたちにできることは何でしょう。
まずは電力使用量を減らすことです。
続いて住宅の省エネルギー性能の向上を図るとともに、
わたしたちみんなが地球温暖化問題を自らの問題として捉え、ライフスタイルを見直すことです。
また再生可能エネルギーの導入や省エネルギーに努めることです。

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2021年02月03日