品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

暖かい日が続くしながわ区民公園の今

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年01月20日

この冬は異常と言えるほど暖かい日が続いています。月平均気温が平年に比べ0.3〜0.4℃高いと平年より高いとのことですが、昨年12月は最高気温が1〜2℃高く、相当高い状況です。これはエルニーニョの影響と言われています。

         
先日、NHK総合テレビの気象情報で、この暖かさのため「植物も混乱!」と、以下のように伝えていました。新宿御苑では、例年であれば既に落ちているはずのカエデの葉が残っていた。晩秋に咲くはずのツワブキが今も咲いており、これから咲くはずのカワズザクラ、春の花ツツジ、サツキも咲いていた。カンザクラが満開など・・・
しながわ区民公園はどうかと思い、訪ねてみました。(1月11日)
新宿御苑のような現象は見られませんでしたが、水族館前の「上の滝」に藻が異常発生しているとのことでした。藻の発生は例年であれば6月以降に見られるようですが、今年の冬は非常に暖かかったためだろうということでした。近々除去作業をする予定だそうです。

   
冬の花である「蝋梅(ロウバイ)」が満開でした。時期としては少し早い満開ではないかという人がいましたが、いかがでしょうか。良い香りを漂わせていました。
名前に「梅」の字が入っていますが、ウメの仲間ではありません。(ロウバイ科ロウバイ属)
梅はバラ科サクラ属で、サクラの仲間なのです。

     
ロウバイは葉が落ちてから咲き始めるはずですが、しながわ区民公園のロウバイは、花と葉が一緒に咲く木があるということです。また、今年は落葉を待ち切れずに開花が進んだというところもあるようです。
(環境情報活動センター取材)

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年01月20日