品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

天気のふしぎと気象実験

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2015年11月04日

10月17日(土)の午後、浜川小学校の課外授業として「天気のふしぎと気象実験」が開催されました。
同校では今回を含め、今年度9回の「浜川科学教室」を開く予定で、浜川コミュニティースクール(CS)の一環として実施されました。この教室の目的は、楽しい理科の実験をすることで理科離れを防ぎ、理科に興味関心をもてる児童の育成を図っており、成果も上がっているとのことでした。
今回は一般社団法人日本気象予報士会サニーエンジェルス(女性を中心とした気象予報士のグループ)の5名のみなさんが講師となり、4年生30名が出席しました。
●雪の結晶作りの準備
グループに分かれてドライアイスなどを使って雪の結晶作りの準備をしました。結晶ができるまでには多少時間がかかるためです。
●お天気クイズ・・・児童のみなさんは元気よく手を挙げて答えていました。
雲、雨、カミナリ、空気、気圧など、いろいろな話がありました。カミナリの話では、それがどのようにして発生するのか、またカミナリの音が聞こえた時どうしたらよいか、理解できましたね。問題には元気よく答えてくれました。

●全グループで雪の結晶ができました。感激!!!

●ペットボトルで雲を作る実験
透明だったペットボトルの中は、一瞬にして白いけむり(=雲)になりました。

●気圧を感じてみよう
浅漬け用の容器(減圧できる容器)を使って実験しました。
容器の中の空気を抜いて気圧を下げていくと、容器の中の小さな袋菓子、缶底に小さな穴を開けた缶コーヒー、マシュマロは・・・さてどうなったでしょう?

 
●さまざまな気象現象のはなし、地球温暖化のはなし、防災のはなしなどに、児童の皆さんは真剣に耳を傾け、問題に答えていました。理科好きの皆さんには楽しく勉強できた一時だったと思います。

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2015年11月04日