品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

秋が来た

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年09月14日

9月も半ばになろうというこの頃(14日)、東京では8月の暑さを引きずって真夏日が続いていますが、ようやく秋の訪れが見えてきました。その一つが秋雨前線です。
梅雨前線とどう違うのでしょうか。
前線は性質の異なる空気(暖かい空気と冷たい空気)の境目にでき、空気がぶつかる場所では上昇気流が発生して雲ができます。季節の変わり目には「南の暖かい空気」と「北の冷たい空気」の境に東西に長い前線ができます。これが梅雨前線や秋雨前線です。

            
一般には梅雨時の6~7月が1年の中で一番降水量が多いと思われていますが、東京では9~10月の方が多いのです。この時期は台風による大雨に対する注意も必要です。

 
もう一つ、秋の訪れを感じるのは秋の七草を鑑賞することができることです。秋の七草は夏から秋にかけて咲きますが、今の時期は7種類すべてを見ることができます。
夏真っ盛りの時期に開花するのに「秋の七草?」と疑問に感じますが、その理由は旧暦の秋にあたるためです。とにかく秋の訪れを知らせてくれる草花です。
              
                         

      

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年09月14日