品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

増える猛暑日

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年08月19日

 2020年8月17日(月)浜松市(静岡県)で国内の史上最高気温に並ぶ41.1℃を観測しました。これは2018年7月23日に熊谷市(埼玉県)で観測された41.1℃に並ぶ歴代最高気温です。これはフェーン現象によるとのことですが、かつて最高気温を記録したことがある熊谷(埼玉県)や多治見(岐阜県)も同じようにフェーン現象と報道されました。
                            テレビで「あすの予想最高気温はA市、B市で39℃・・・」と伝えていましたが、昨年7月に環境省が公開した「2100年未来の天気予報」(新作版*)が現実味を帯びるように思いました。この予報では、全国各地で40℃を大きく超えると伝えています。
(*)https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/2100weather/
 
 気象庁は、大雨や猛暑日など(極端現象)の変化について、各種データ・資料として提供しています。それによると、全国の猛暑日の年間日数は1910~2019年で100年あたり1.8日増加しています。
最近30年間(1990~2019年)の平均年間日数(約2.3日)は、統計期間の最初の30年間(1910~1939 年)の平均年間日数(約0.8日)と比べて約2.9倍に増加しています。
       
 東京の8月の最高気温の推移を見てみましょう。
1901年からの約120年間(10年平均)で1.9℃上昇しており、この30年では0.6℃上昇しているのが目につきます。一方、1941年から2000年はあまり変化がありませんでした(左図)が、毎年の推移(右図)を見ると少し違った様子が見られます。
1980年と1993年は大変な冷夏で、衣類、電気製品、飲料など夏物商品の売れ行きが極端に悪かったという記憶があります。しかし、1994年以降はこのような極端な冷夏がありません。
1970年以前は現在に比べて最高気温の平均が低く冷夏の年もあり、それらが平均気温を下げています。

 
 猛暑日が増え、確実に最高気温が上昇していることから、地球温暖化が着実に進んでいるように感じます。

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年08月19日