品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

必要なものを必要な量だけ買う

カテゴリ:平成18年度

投稿日:2006年07月13日

 「グリーンコンシューマー」ってご存知ですか?
健康や環境に悪影響を与えないくらしを実践する消費者のことです。
 この「グリーンコンシューマー」として研究会に所属し、各地を講演で飛び回っている矢野郁子先生。初めてお会いしたときの名刺はカレンダーの裏面に印刷されたもの、頂いた郵便は一度利用された封筒をリサイクルしたもの、そんな先生を見て「本物だっ!」と思い、ますます先生のライフスタイルに興味を持ちました。よくよく聞いてみると、電子レンジも炊飯器も持たず、洗濯機は全自動から二層式に買い替え、車も持たず、ご自宅は青森産のヒバとヒノキを用い、しっくい壁を取り入れ、大工さんに特注したものとのこと。ご家族三人暮らしで電気代の月平均は4千円!なのだそうです。
 そこで、このコーナーでは矢野先生の暮らしぶりを拝見しエコのコツを学びつつ、グリーンコンシューマー10原則について、一つずつ解説していきたいと思います。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
必要なものを必要な量だけ買う 今回のお題は冷蔵庫!

「冷蔵庫は小さい方がお徳って本当?!矢野先生のご自宅の冷蔵庫は255ℓ!!」
 255ℓといえば、主に単身の方が利用する中型(140cm)サイズ。先生は3人家族でいらっしゃいますが、このサイズを使っています。
 この5月に冷蔵庫のカタログに表示されている消費電力の見直しがあり、大型クラスで従来の3〜4倍になりました。以前の表示が、空の冷蔵庫で扉の開閉を考慮せず計測されていた、室温変動を考慮していなかった等のため、実態とはかけ離れた表示になっていたためです。盲目的に「大型冷蔵庫は省エネ技術がアップして、エコ度が高い」とは言えないようです。
こんなことは以前から承知していた先生。「小さい方が効率よく食材を管理できます。つまり、中の物が良く見えるので、何が残っているかすぐ分かるし、中の食材を使わないと次の物が入らない。このことは、食品を使い切るよい動機になります。大きい方が、目が行き届かず、食材を腐らせることにつながってしまうのです」とのことです。
☆☆☆矢野先生の一言アドバイス☆☆☆
毎日の食材、残さず使い切っていますか?食費のうち約10%が手付かずに捨てられているというデータがあります。
買い物をする前に、冷蔵庫の中身を点検してみましょう。足りないものだけを買うようにすると、家計のムダも省けます。
冷蔵庫をスリムにするのは、シンプルライフの第一歩!ゴミは減り食費も節約、環境によし、家計によし。おのずから食材を大事にして、感謝の気持ちも湧いてくるというもの。
 さらに考えを発展させて、モノに頼りすぎるライフスタイルを見直しましょう!

カテゴリ:平成18年度

投稿日:2006年07月13日