品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

増え続けるCO2

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年06月12日

朝日新聞(2020年6月6日夕刊)は「世界気象機関(WMO)は5日、今年5月の大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が過去最高の417.1ppmを記録したと発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)による経済活動停止で、一時的に排出量は減っているが、経験のない地球温暖化の危機が続いていることが改めて示された。」と報じています。
地球全体のCO2の経年変化を見てみましょう。 CO2濃度は季節による変動がありますが、毎年確実に増加しています。ピークは光合成が活発になる夏前で、その変動が下図の青色の線です。

  

更に過去にさかのぼってCO2濃度の変化を見てみると、近年の濃度上昇の割合が大きく、工業化以前に比べ約50%増えています。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、気温上昇を2℃未満に抑えるには、450ppm程度に抑える必要があるとしていますが、このままで推移すると10年ほどでこの数値に達してしましそうな勢いです。
 
 

CO2は地球温暖化に最も大きな影響を及ぼしている気体で、その濃度変化は気温上昇の変化と非常によく似ています。下のグラフは北半球の気温(偏差)の推移を見たグラフです。過去1000年のスパンで見ると1900年ころまではほとんど気温の変化はありませんが、その後120年ほどで大きな気温上昇が見られます。詳しくは、‘ECOだより(2020年度第1号)’をご覧ください。

 一方、地球温暖化がすすむ今日、私たちにできるはどんなことでしょうか?
ECOトピックス「地球温暖化対策として私たちにできること」をご覧ください。

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年06月12日