品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

体験型環境学習講座の内容が本に!

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2020年03月03日

   当センターと山中小学校の共催で実施した体験型環境学習講座・授業(*)の内容が本「生ごみからエネルギーをつくろう!」になりました。(下左写真)

(*)バイオガスで聖火を燃やそう!~みんなで生ごみからバイオガスをつくる~

   https://shinagawa-eco.jp/wp/kouza/?p=2909

  本講座・授業は東北大学大学院農学研究科の多田千佳准教授が全国各地で行った出前授業で、品川区では平成30年5月8日(土)に山中小学校で行われました。


  この講座・授業のねらいは、給食の生ごみから再生可能エネルギーであるバイオガスをつくる過程を、実験を通して体験しながら理解することです。

  生ごみをミキサーで粉砕し(上中写真)、マルチビタミンなどの溶液を加えよく混ぜ、牛の胃に見立てたペットボトルの中に入れます。そこに発酵菌を入れ40℃弱の温度に保ちます。ペットボトルとアルミホイールの袋につけた口とをつなぎます。3週間ほどでペットボトルの中がガスでいっぱいになります。

前もって作っておいたガスでお湯を沸かし(上右写真)、みんなでお茶を飲みました。

  このようにして作ったガスを2020東京オリパラのパラリンピックの宮城県パラ聖火採火式のエネルギー源として採用されることになったとのことです。

  毎日の生活の中で発生する生ごみを利用して環境にやさしいエネルギーを作ることは、温暖化が進んでいる今日において非常に大切なことですね。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2020年03月03日