品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

‘しながわエコフェスティバル2019’開催

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年06月07日

5月26日(日)晴天の下、‘しながわECOフェスティバル2019’が開催されました。
当日の東京の最高気温は32.6℃でしたので、会場のしながわ中央公園は、場所によってはそれ以上の暑さになっていたかも知れません。

小学生が保護者と参加したワークショップ、ごみ・資源回収、エコカーやLEDなどについてレポートします。
(1) 小学生が保護者と参加したワークショップ
 ペットボトルの中で雲作り、気圧の変化で出たり入ったりするコーヒー缶の中のコーヒー、エコかるたとり、シュロの葉でバッタ作り、木々や緑に触れながら楽しむといった様々なワークショップがあり、子どもたちが挑戦していました。

(2)ごみ・資源回収
 ごみは持ち帰りが原則です。これには参加者皆さんの協力が第一です。
環境展示・飲食ブースでは持ち帰り用のポリ袋は提供されていませんでした。
ごみ・資源回収コーナーでは、「割りばし」「燃やすごみ」「燃やすごみ(生ごみ)」「びん」「缶」など、分別回収がされていました。

 

(3) エコカーとLED
 電気自動車の普及が進んでいますが、燃料電池車の試乗会がありました。試乗した人は「非常に静かで、快適な乗り心地でした」とのことでした。
3種類の電球の消費電力比較です。白熱電球に比べ蛍光灯型電球の電気代は1/4、LED電球は1/8です。
また、電球の寿命は、白熱電球に比べ蛍光灯型電球は長く、LED電球は非常に長いとのことでした。
(それぞれ、1,000~3,000時間、6,000~16,000時間、40,000時間)

(4)フードドライブ
家庭で眠っている食品などを集め、地域の福祉団体や施などに寄付する活動です。
賞味期限・消費期限をチェックし、フードドライブブースで受け付けていました。

(5)使い捨てプラスチック製品の削減
 近年、マイクロプラスチック(サイズが5ミリ以下の小さなプラスチックごみ)による海洋汚染が世界的に注目を集めています。本フェスティバルでは飲食ブースに「サトウキビの搾りかすを原料とした環境配慮型容器」や「紙パック」、「紙ストロー」などを提供し、使い捨てプラスチック製品の削減に取り組んでいました。
(6)その他
グランドでの最高気温は30℃を超えていたと思います。数か所で大型の送風機とミストが大活躍していました。

その他にもさまざまな企画があり、参加者は楽しい1日を過ごすことができたと思います。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年06月07日