品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

ヒキガエルの産卵

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2019年03月01日

 我が家には十数年前から庭にヒキガエルが棲んでいました。ヒキガエルは水域依存性の低い両生類のため庭先でも生き延びられるのでしょう。また、外に置いていた水槽(120cmサイズ)の中には、池で捕まえたモツゴ(別名クチボソ)やコイ、田んぼにいるタニシがいました。ヒキガエルは繁殖期のこの時期になると、毎年産卵の為にこの水場にやって来るため、これには少し困っていました。おたまじゃくしからカエルになれるのは本当に数匹、その後の消息はわかりません。
 最近この水槽を撤去したため、あまり見かけることがなくなっていました。ところが、ここ数日、庭先で2匹のヒキガエルを見かけるようなり、まだ棲んでいるのだなぁと思っていた矢先、朝起きて庭を見ると、30センチほどの水槽ケースに3匹のカエルが産卵にきていました。それは先日、掃除に使った30センチのケースに、たまたま水を張って置いた翌朝のことなので大変驚きました。雨の少ない今年のお天気、水溜りなどあるはずもなく、産卵の出来る場所がなかったのでしょうか。                          こんなケースの水を見つけて、このタイミングで産卵するとは自然の生命力を感じます。
 さて、この水槽の卵どうしたら良いかなぁ・・・

平成31年2月27日
環境情報活動センター

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2019年03月01日