品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

浜川中学校のプールにて

カテゴリ:平成18年度

投稿日:2006年06月21日

 6月17日午前、虫メガネ研究所の南孝彦さんと嶋村泰輝さんに同行し、浜川中学校へ「ヤゴ救出作戦調査」を行いました。
 そのときの様子をレポートします!

●ヤゴ○ヤゴ●ヤゴ○「これでヤゴを救出できるのか?」○ヤゴ●ヤゴ○ヤゴ●

 前日に、ヤゴをすくう網を購入しようとインターネットで調べてみました。
しかし、魚用の網では、網目が大きくヤゴはすくえない……
熱帯魚用の網は、網目は細かいものの、長さが足りない……
「これはイイ!」と思っても、大きすぎて重たい……
プールの底を歩いているヤゴをすくうには、網目の細かさと、プールの底まで届く棒の長さが必要でした。
 そこで、小学生でもブンブン振りまわせる虫取り網を参考に、「ヤゴ救出網」を作ってみることに!
♪用意するもの♪
☆はりがねハンガー
☆突っ張り棒(長めがいい)
☆網(網目の細かいもの)
 □50cm×60cm
 ※今回は網戸用の網を使用
☆針・糸
☆ペンチ

�網を袋状に縫います。袋の口の部分が、針金ハンガーの外周と同じになるように。
�ペンチで針金ハンガーの引っ掛ける部分を、まっすぐに伸ばします。

�突っ張り棒の細い方のキャップをはずし、伸ばしたハンガーのねじ込みます。引っ張り棒の中にはネジが切ってあるので、ねじ込むことにより、強度が増します。
�完成!今回はこのような網を使って、ヤゴを救出しました。一番右が完成品です♪

○ヤゴ●ヤゴ○ヤゴ●ヤゴ○ 「6月17日ヤゴ救出日 」 ○ヤゴ●ヤゴ○ヤゴ●

当日はとても天気がいく、最高の「ヤゴ救出作戦」調査日和となりました♪
網も持ったし、あとはプールにヤゴがいることを願って……
浜川中学校に着くと、土曜日にもかかわらず、管理人さんがこころよくプールへと案内してくださいました。

○ヤゴ●ヤゴ○ヤゴ●ヤゴ○ 「  いざ出陣! 」 ○ヤゴ●ヤゴ○ヤゴ●

「緑色の水」が満ちているプールのふちにいざ立つと、この見えないプールの底にはヤゴではなく、未知の生物が潜んでいるのではないかと思ってしまうくらい、本当にきれいな怪しい「緑の水」なのです。

何度もヤゴ調査をされている南氏も「ここのプールはたくさんいそうだね。」と緑の水を眺めながら意気込んでいました。
網を投入すると、さっそくヤゴが網にかかりました。感動しながらも網を入れては出して、ヤゴがいるかをチェックする動きを繰り返すこと1時間。バケツの中は大量のヤゴで底が見えないほどに。4人で1時間ほどすくった結果、70〜80匹のヤゴを救出することができました。

 すくったヤゴは、1/3を調査協力いただいた浜川中学校の生徒たちに見てもらうため、管理人さんに預けました。
残りは「水神児童センター」「大井第一小学校」「環境情報活動センター」の各ビオトープにて、羽化の時を待っています。
今回、浜川中学校などのプールで実際にプールのヤゴ救出を行い、多くのヤゴがプール掃除の日に流されていたことを痛感しました。プールのふちを手の届く範囲で調査しただけでもバケツの底が見えないほどのヤゴがいたのですから。
自作の網は、網戸の網を使用したため、目の細かさは良かったのですが、網が硬く、ヤゴをバケツに移す作業にてこずりました。改善が必要ですね!
次回は「ヤゴレスキュー」を授業の一環として行っている戸越小学校をご紹介します。

カテゴリ:平成18年度

投稿日:2006年06月21日