品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

6月と言えば(2)~‘梅雨’

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年06月07日

 6月と言えば梅雨を思い浮かべる人も多いと思いますが、梅雨入りについて、気象台は「梅雨入りしたと見られます」という発表の仕方をします。なぜ「梅雨入りしました」と言わないのでしょうか。
その理由は、「梅雨入りの発表は予報の一つだから」「季節の移り変わりだから」です。
梅雨入りや梅雨明けの月日は、後日(9月頃)必要に応じて修正し、確定することになっています。
さて、梅雨の季節は本当に雨が多いのでしょうか?
東京の月別降水量を見ると、多いのは9月と10月です。秋雨や台風の時期です。

一方、「非常に激しい雨、猛烈な雨」(1時間に50mm以上の降水)が降った日数は、最近20年では増えています。これは気温が高くなっていることによるようです。(左下の表)

一方、1日に0.5mm以上の雨が降った日数を見ると、6月は9月に比べ1~1.7日多い程度です。(右上の表)6月は雨の日が多いという印象がありますが、9月とあまり大きな差はないと言えます。
地球温暖化により雨の降り方や台風の動きなどに変化が出ると言われています。
例えば、大雨の回数や強い降水現象が増加する。夏から秋にかけて降水量は全国的に増加する。台風では、発生数や接近数、上陸数との関連性は明らかになっていないが、台風の強度が強まる可能性が高いとの報告がなされています。(IPCC第4次評価報告書より)

品川区環境情報活動センター

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年06月07日