品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

しながわ区民公園の果実いろいろ

カテゴリ:平成24年度

投稿日:2012年09月21日

しながわ区民公園はオープン以来25年を経過し、緑が豊富で自然を感じることができ、都会の中のオアシスとなっています。松並木があり、花見の季節には梅や桜が咲き、多くの区民が訪れます。
まだまだ夏の暑さが残る9月15日(土)、しながわ区民公園で一足早い秋を感じてきました。お話を伺ったのは、区民公園管理事務所長の丸山均さんです。
区民公園では観賞用としてくだものの木を育てています。ザクロ、夏みかん、みかん、柿、レモンなどです。ザクロはこれから10月にかけて、夏みかんはまさに夏の7〜9月に実をつけます。みかんはこれからで、緑色をしたみかんが一杯生っていました。

たくさんの柿が枝をしならせていました。この柿は渋柿で、柿色に色づく頃には歯形が残った柿が、木の下に落ちているそうです。渋柿は軒下につるして干し柿にして食べますが、昼夜の寒暖の差が大きく、湿気が少ない地方が干し柿づくりには適しており、都会ではなかなか美味しい干し柿は出来ないとのことでした。
今年は実をつけなかったレモンの木もありました。

 今年の夏は暑さが長く続いているせいでしょうか、枯葉が目に付くそうです。昼過ぎには日向で33℃でしたが、日陰に入ると29℃で、涼を取っている人もいました。エアコンの効いた家の中より、自然の中での気分転換は省エネにもいいですね。

カテゴリ:平成24年度

投稿日:2012年09月21日