品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!(ECOトピックスのトップへ戻る

大井町駅西口イルミネーションの点灯と照明器具のLED化

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年11月25日

 環境にやさしいLEDライトが、大井町駅西口に彩りを添えています。
10月29日に点灯式があり、来年1月9日まで毎日楽しむことができます。
このイルミネーションは、約16万球のLED電球が、区役所通りからJR大井町駅西口までと、西口バスロータリー周辺にあるケヤキ、球体のオブジェに、さらに低木にも設置されており、大井町駅周辺に幻想的な光を放っています。
 今年は同駅東口のペデストリアンデッキにもイルミネーションが施されており、こちらは3月下旬まで楽しむことができるということです。
 
 

 LEDライトが消費電力の節約になることはよく知られていますが、現在どれくらい普及しているのでしょうか。また、今後の普及はどうなのでしょう。
ある調査によると、LEDの普及率(ストック)は2013年8月現在で23%とあります。 
一方、経済産業省のエネルギー基本計画によると、「今後大幅な省エネ性能の向上が見込まれる高効率次世代照明(LED照明、有機EL照明)については、2020年までにフローで100%、2030年までにストックで100%普及させることを目指す」とあります。
「LED照明産業を取り巻く現状 2012年11月29日」
  (経済産業省商務情報政策局 情報通信機器課)
今後10~15年で照明器具のほとんどがLEDになっていることになります。
「フローで100%」 :照明器具は出荷段階でほとんどLEDにする。(部品は除く)
「ストックで100%」:使われている照明器具をLED100%にする。

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年11月25日