品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!

雨の日が多かった今年の梅雨

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月06日

 7月29日(月)、気象庁は関東甲信地方での梅雨明けを発表しました。正確には、「梅雨明けしたとみられると発表した。」です。9月に結果を再検討して修正し、確定値を発表します。
今年は平年より8日、梅雨明けが非常に早かった昨年(6月29日ごろ)より30日遅い梅雨明けでした。なお、昨年は1951年以降で最も早く、今年は7番目の遅さです。

また、雨の日が多かったと思います。東京では6月27日から7月29日までの33日間、連続して降水があり、これは1886年(明治19年)以降で最長とのことです。
しかし、降水量は最近30年間で極端に多くはありませんでした。雨の日が多かった7月でも平均を少し上回る程度でした。

 
「梅雨明け10日」という言葉がありますが、梅雨明けした後10日間くらいは、太平洋高気圧に覆われて夏型の安定した天気が続くということです。丁度今頃(8月上旬)がその時期で、全国各地で最高気温が35℃を超える猛暑日となっています。積極的に、また適切に水分をとるなど、熱中症対策を心がけることが大切です。
一方、6月下旬から鹿児島県をはじめ九州各地で記録的な大雨が降りました。昨年は岡山県倉敷市真備町での大規模な浸水被害が記憶にある方も多いと思います。かつて経験したことのない大雨が、全国いつどこで発生してもおかしくない昨今で、今や他人事ではありません。異常気象が異常でなくなっているとも言われるようになりました。私たち一人ひとりが万一の災害に備える必要があります。
さて、これらは地球温暖化によるものでしょうか。長期的には極端な大雨が増える傾向があると言われています。大雨以外にも、スーパー台風の危険性は高まるといった報告があります。

環境情報活動センター 気象予報士 大島正幸

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月06日

JAL工場見学~SKY MUSEUM~にてエコ探し

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年07月21日

 令和元年7月9日、羽田空港・新整備場の「JAL工場見学 SKY MUSEUM」に行って参りました。航空教室・展示エリアタイム・格納庫見学の3部構成で、航空教室では主に空港や機体の基礎知識、ボーイング社の機体製造過程を視聴しました。

 展示エリアで「何かエコ要素的な情報はありますか?…燃費とか?」と伺ってみたところ、軽量化のための関連素材の向上、大気観測の測定器を乗せた機体には緑のロゴが入っている事や、燃費向上・騒音低減を可能にしたエンジンのファン・ブレードの展示を教えて下さいました(ファン・ブレードはその機能美を評価されてニューヨーク近代美術館にも置いてあるとか…)。また衣料品からのバイオジェット燃料の製造を試みていて、「2020年にチャーターフライトを運行予定」だという表示もありました。

ファン・ブレード   バイオジェット燃料について   カーペット

格納庫ではダイナミックなジェット機に目を奪われてばかりでしたが、通路に機内と同じカーペットが敷かれていて、それが客室乗務員や機長の制服からリサイクルされているという説明もありました。燃えにくい素材で出来ているそうです。
 全体が飽きさせない構成で「もう少し見ていたいのに~」という方がリピーターになってしまうのもうなずけます。個人的にはグッズ売り場での一品「PLANE TAG」に惹かれました。引退した機体から作られていて、色や厚さがそれぞれ違う一点もので、どの航空会社の機体だったのかがトレース出来るようになっている点や、加工の手間を想像すると貴重な感じがたまりませんね。


迫力のメンテナンス中エンジン  デザインがかっこいい!プレインタグ

 帰宅してからネット検索して見ると、気候変動解明のための大気観測の研究内容、バイオジェット燃料の活用についての詳細ほか、たくさんの取組みについて載っていました。
(JALの環境への取り組みについて→https://www.jal.com/ja/csr/symbiosis/)

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年07月21日

‘しながわエコフェスティバル2019’開催

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年06月07日

5月26日(日)晴天の下、‘しながわECOフェスティバル2019’が開催されました。
当日の東京の最高気温は32.6℃でしたので、会場のしながわ中央公園は、場所によってはそれ以上の暑さになっていたかも知れません。

小学生が保護者と参加したワークショップ、ごみ・資源回収、エコカーやLEDなどについてレポートします。
(1) 小学生が保護者と参加したワークショップ
 ペットボトルの中で雲作り、気圧の変化で出たり入ったりするコーヒー缶の中のコーヒー、エコかるたとり、シュロの葉でバッタ作り、木々や緑に触れながら楽しむといった様々なワークショップがあり、子どもたちが挑戦していました。

(2)ごみ・資源回収
 ごみは持ち帰りが原則です。これには参加者皆さんの協力が第一です。
環境展示・飲食ブースでは持ち帰り用のポリ袋は提供されていませんでした。
ごみ・資源回収コーナーでは、「割りばし」「燃やすごみ」「燃やすごみ(生ごみ)」「びん」「缶」など、分別回収がされていました。

 

(3) エコカーとLED
 電気自動車の普及が進んでいますが、燃料電池車の試乗会がありました。試乗した人は「非常に静かで、快適な乗り心地でした」とのことでした。
3種類の電球の消費電力比較です。白熱電球に比べ蛍光灯型電球の電気代は1/4、LED電球は1/8です。
また、電球の寿命は、白熱電球に比べ蛍光灯型電球は長く、LED電球は非常に長いとのことでした。
(それぞれ、1,000~3,000時間、6,000~16,000時間、40,000時間)

(4)フードドライブ
家庭で眠っている食品などを集め、地域の福祉団体や施などに寄付する活動です。
賞味期限・消費期限をチェックし、フードドライブブースで受け付けていました。

(5)使い捨てプラスチック製品の削減
 近年、マイクロプラスチック(サイズが5ミリ以下の小さなプラスチックごみ)による海洋汚染が世界的に注目を集めています。本フェスティバルでは飲食ブースに「サトウキビの搾りかすを原料とした環境配慮型容器」や「紙パック」、「紙ストロー」などを提供し、使い捨てプラスチック製品の削減に取り組んでいました。
(6)その他
グランドでの最高気温は30℃を超えていたと思います。数か所で大型の送風機とミストが大活躍していました。

その他にもさまざまな企画があり、参加者は楽しい1日を過ごすことができたと思います。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年06月07日

SSFF国際短編映画祭2019 地球を救え!部門

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年06月05日

 5/30日(木) 二子玉川iTSCOMイッツコムにて開催中の、‘SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2019’国際短編映画祭の「地球を救え!プログラム (EARTH)」を観て参りました。映画祭は今年で21回目を数え、各国約1万点の応募作から選りすぐられた映像作品(実写、アニメーション、ドキュメンタリーなど)がそれぞれのジャンルに分けられ、無料で鑑賞されています。
     
EARTHプログラムでは、プラスチックの海洋汚染、南アフリカの女性密漁対策部隊のドキュメント、…地球の未来を暗示するような作品などがあり、1~13分前後の全10作品の上映もさほど長くは感じません。作家の方も4人ほど会場にいらしていて上映後、製作秘話などを聞くことができました。また、例年各作品の紹介まで載せていたパンフレットが簡易的なものに、配布物も少なくアンケートも任意に変更されていて、エコロジー的な配慮だなと感じました。

 この部門の日程は終了していますが、6/16(日)まで映画祭は開催されています。(*後半は渋谷の各会場にて)また「オンライン会場」として、パソコンでの視聴可能な作品もあります♪       
 ・映画祭開催期間:5/29〜6/16→「映画祭ホームページ」をご覧ください。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年06月05日

イギリスの歴史的建造物でバイオマス発電

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年04月26日

Tyntesfield (ティンスフィールド)は、イギリス南西部のサマセット州北部に位置する、約150年前のヴィクトリア朝に建てられたゴシックリバイバル様式の大邸宅です。指定文化財1級の認定を受けています。現在は、ナショナルトラスト(※)の管理の元、一般公開されています。

    ※ナショナルトラストとは、歴史的建造物や景勝地の保護を目的に1895年に英国で設立された民間の非営利団体。歴史的に価値のある土地や資産を所有者から買い上げ、国民の利益のために永遠に保存し、次世代に伝えるべく管理、保全をしている。資金は、会費や寄付によりまかなわれる。350以上の歴史的な家屋や公園など、英国でもっとも広い私有地を保有。ピーターラビットで有名な湖水地方の3分の1はナショナルトラストの土地。

Tyntesfieldには、2台のバイオマスボイラーが設置されています。1台目は邸宅に、もう1台は、今はビジターセンターとして使われている建物(Home Farm)に、暖房と温水を供給しています。緑豊かな広大な敷地内にある豊富な間伐材や木くずなどを木質ペレットや木質チップといった原料として有効活用して発電をしているのです。また、ソーラーパネルを設置し、太陽光発電で得たエネルギーをバイオマス発電に使っています。バイオマスボイラーの導入により、年間141トンの二酸化炭素の排出を削減できていると試算されています。

バイオマス発電や太陽光発電などの技術を取り入れて化石燃料の使用を減らし、エネルギーを自給自足し、持続可能な環境を生み出す試みは、Tyntesfield以外にも、ナショナルトラストが管理するいくつもの歴史的資産で実行されています。

品川区環境情報活動センター

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年04月26日