品川区の環境ポータルサイト

ECOトピックス

品川区内の出来事を中心に、エコなトピックをレポートします!

SSFF2018 地球を救え!部門監督インタビュー

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年06月14日

6/7 ‘SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2018’国際短編映画祭 Save The Earth地球を救え!部門の監督3名が来場、質疑応答があり、また個別にお二人のお話も聞けたのでその一部をご紹介します。(*フィルムをご覧になる前の方は、内容についての記述があります)
■「森林Plantae」Animation / Guilherme Gehr 監督 (Brazil)

http://www.shortshorts.org/2018/prg/ja/2034
Y.Ohno:日本人の私はどうしても宮崎駿監督の「天空の城ラピュタ」を思い出してしまうのですが、観ていたり、その場合何らかの影響はありましたか?

G.Gehr監督:はい、観ています!彼の描く一貫したテーマ、文明と自然についてなどメッセージは同じです。彼の精神は反映されていると思います。「千と千尋の神隠し」の方が近いかな。

Y.O:なるほど〜!「千と千尋〜」も文明と自然の関係などが描かれていますね。あと、浮いてゆく巨木は人間に見切りをつけて、宇宙へ逃げてゆこうとしている…という解釈はできますか?

G.Gehr監督:そういう解釈も可能かもしれません。でも樹のスピリットが死んで離れていくイメージで、子供の頃(ヘリウムの)風船を手放すと上へと飛んでいって、二度と捕まえられなくなってしまう時経験する悲しさ。巨木を切ることは他の生命や人類自身に刃を向けることと同じで、失ったモノは二度と手に入らない、そういう喪失感を表現したつもりです。

Y.O:なるほど!美しい作品でした!ありがとうございました。

*僕のインフォメーションここだよ!とWEBサイトも教えて下さいました。ポルトガル語ですが素敵なイラストや動画は見ることができます。⇒www.guilhermegehr.com

■ 「シロクマとグリズリー Poles Apart」Animation / Paloma Baeza 監督(UK)

http://www.shortshorts.org/2018/prg/ja/2036
Baeza監督:(ヘレナ・ボナム・カーターを声優に起用出来た点について)クリエイター側は予算が無くて苦労するものですが、良い脚本があれば賛同を得られる。有名な人でもお願いしてみるものです。若いクリエイターへのメッセージです。

Y.O:質問です。物語はナヌーク(シロクマ)とアクラーク(グリズリー)が出会うストーリーでしたが、実際シロクマとグリズリーの遭遇はあるものなのですか?

Baeza監督:遭遇しています。

Y.O:未来の可能性の話ではなくて?

Baeza監督:現在の話なんですよ!温暖化の影響と言われています。生息域が混じって来ているようなのです。カナダの例などいろいろ調べました!(イヌイット語で)ナヌラークと呼ばれるシロクマとグリズリーの交配種が確認されています。

Y.O:勉強になりました!楽しい作品ありがとうございました。

お二方とも出品作品での受賞歴もあり、ファンタジックなストーリーでありつつも、真実に基づいた意義深い作品でした。拙い英語に気さくに、丁寧に答えていただき感謝感激です。

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年06月14日

6/17渋谷で無料!…国際短編映画祭2018 地球を救え!部門

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年06月14日

 6/7日(木) 表参道ヒルズSPACE Oにて、無料開催中の‘SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2018’国際短編映画祭の「地球を救え!プログラム (EARTH)」を観て参りました。世界の環境問題について各国の映像作家がそれぞれの視点を展開しています。
    
 ドキュメンタリーや事実に基づいた作品は勿論深刻ですが、ブラックユーモアを交えたアニメ作品もあり、映像の美しさや芸術性も楽しめ、1作品6分~18分、全7作品、環境問題の様々を垣間見ることができます。

 残りの日程でこの部門は6/17(日)15:40~シダックスカルチャーホール(渋谷駅徒歩5分)での上映。毎年空いている部門なので当日券も有ると予想されますが、(*チケットはFacebook連動のチケットシステムPeatixで予約可能)今回は日曜!渋谷!無料!…是非沢山の人に観て貰えたらなぁと思います♪      
             
・映画祭開催期間:6/5〜6/24→映画祭ホームページ→http://www.shortshorts.org/2018/
・地球を救え!部門:EARTH 6/17→http://www.shortshorts.org/2018/ja/program/earth.php

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年06月14日

6月と言えば(2)~‘梅雨’

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年06月07日

 6月と言えば梅雨を思い浮かべる人も多いと思いますが、梅雨入りについて、気象台は「梅雨入りしたと見られます」という発表の仕方をします。なぜ「梅雨入りしました」と言わないのでしょうか。
その理由は、「梅雨入りの発表は予報の一つだから」「季節の移り変わりだから」です。
梅雨入りや梅雨明けの月日は、後日(9月頃)必要に応じて修正し、確定することになっています。
さて、梅雨の季節は本当に雨が多いのでしょうか?
東京の月別降水量を見ると、多いのは9月と10月です。秋雨や台風の時期です。

一方、「非常に激しい雨、猛烈な雨」(1時間に50mm以上の降水)が降った日数は、最近20年では増えています。これは気温が高くなっていることによるようです。(左下の表)

一方、1日に0.5mm以上の雨が降った日数を見ると、6月は9月に比べ1~1.7日多い程度です。(右上の表)6月は雨の日が多いという印象がありますが、9月とあまり大きな差はないと言えます。
地球温暖化により雨の降り方や台風の動きなどに変化が出ると言われています。
例えば、大雨の回数や強い降水現象が増加する。夏から秋にかけて降水量は全国的に増加する。台風では、発生数や接近数、上陸数との関連性は明らかになっていないが、台風の強度が強まる可能性が高いとの報告がなされています。(IPCC第4次評価報告書より)

品川区環境情報活動センター

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年06月07日

6月と言えば(1)~‘アジサイ’

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年06月07日

 6月と言って思い浮かぶ花はアジサイではないでしょうか。花の色は青、紫、赤、白と様々ですが、開花してから日が経つにつれて少しずつ変化することがあります。
5月下旬から7月上旬にかけて、都内の公園などでアジサイの見ごろを迎えますが、先日(6月1日)しながわ区民公園のアジサイを観察してきました。

● アジサイの色や、その変化について
・アジサイは土壌のpH(酸性度)によって花の色が変わり、酸性ならば青、アルカリ性ならば赤になると言われています。
・1株で青や赤など色の違う花が咲くことがありますが、伸びた根のある場所によって青系や赤系の色になります。
・青いアジサイは、日が経つにつれて赤紫のような色に変わっていくのですが、これは「花の老化現象」によるもので、日が経つにつれ酸が溜まり続け、花の色が変わってしまうのです。これは土壌には関係なく起こる変化だと言われています。
・白いアジサイは、花の色を変える色素を持っていないため、土壌に関係なく白くなります。
●区内では、しながわ区民公園の他にも、しながわ中央公園、中延公園、東品川海上公園、京浜運河緑道公園などでも見ごろを迎えていますので、お出かけになってみてはいかがでしょうか。

環境情報活動センター

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年06月07日

“Quotes about Earth” ~地球についての格言~

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年04月17日

 環境に関する資料やチラシを作る際ネット検索をしていると、呼びかけポスター、イメージ画像と共に地球やエコロジーに関する偉人の格言、ことわざなどを良く目にします。英語で頻繁に引用されているフレーズは、日本語の「地球にやさしく」などと短く表現されたものとはまた違った含蓄があり、調べてゆくと勉強になりました。今回、個人的なお気に入りをいくつかご紹介します。

Nature does nothing uselessly. – Aristotle  
(訳)自然の為すことには全て意味がある-アリストテレス

We do not inherit the earth from our ancestors, we borrow it from our children.  Native American Proverb
(訳)自然は祖先から譲り受けたものというより、子孫から借りているのだ-ネイティブアメリカンの言葉
*より自然に近い生活をしていた少数部族の言葉の中にも、深い教えがたくさんありますね。

Earth provides enough to satisfy every man’s need, but not every man’s greed. – Gandhi
(訳)地球が与えてくれるのは、すべての人の必要を満たすものである。すべての人の欲を満たすものではない。-ガンジー

 In nature nothing exists alone. Rachel Carson
(訳)自然界では何も単独では存在できません-レイチェル・カーソン
*全ての生命が自然界の一部であり、それは人間も同じで全てが繋がり合っている…。アメリカ環境保護運動の祖とも言われるレイチェル・カーソンはまた、自然界の保全について、われわれが慎重を欠いていた事を未来の世代は決して許さぬだろう」という厳しい言葉も残しています。

Good planets are hard to find, Don’t blow it.  Unknown quotes
(訳)良い惑星を探すのは大変、台無しにしちゃいけない-読み人知らず
*人類が他の星に移住する計画はまだ実現しそうにありません。

 言語によってしっくり感じられる度合は違いますが、古の格言も現代の私達に響き、自然に対する謙虚さを喚起します。環境問題というと専ら科学や政治の分野に関連付けられがちですが、人類が自然をどう捉え、どう関わるのかは倫理や哲学など言葉を通し、文化・芸術などとも繋がります。「quotes about~(~についての引用文)で地球earth、自然nature、エコロジーecology、環境environment、温暖化global warming…」など検索ワードによっても違う一文や画像が…。是非お好みの格言を探してみて下さい。
                

 (*イラスト:Y.Ohno)

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年04月17日