品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。

折り紙教室と七夕飾り!

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年07月05日

日時:7月1日(土)10時~12時
場所:南大井2丁目 ライオンズマンション大森 エントランス前
主催:「花交差点の仲間たち」

【折り紙】
昨年から始めた折り紙教室、好評だったので今年も開催です!
折り紙は誰もが大好きみたい!(^^♪ 
広告チラシで持ち帰り用箱、紙鉄砲、紙飛行機、色紙で熱帯魚、星などを作りました。
今年は開催日が土曜日で、子どもたちは登校日にあたり、4歳以下の幼児が対象となりました。周りの大人に手伝ってもらい、何とか形になりました。

【七夕飾り】

しながわ区民公園から笹竹を頂戴し飾り付けました。
2011年の東日本大震災から初めて7年目になります。
新作の「扇つづり」を楽しみながらの七夕飾り作成です。200枚あまりの短冊を設置、7月8日の片付けまでに、子どもたちの微笑ましい夢いっぱいの願い事が楽しめそうです。

平成29年7月1日撮影  

環境記者 真壁美枝子

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年07月05日

「緑のカーテンを作りましょう」講座を受講しました。そして・・・

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年06月30日

 4月30日(日)に品川区環境情報活動センターで「緑のカーテンを作りましょう」講座に参加しました。受講の目的は「昨年緑のカーテン大失敗。だから、今年こそは成功の秘訣を学ぼう!」

https://shinagawa-eco.jp/wp/kouza/?p=2227

 当日、ゴーヤ3粒・朝顔3粒・ひょうたん3粒をプラスチック苗床に、ゴーヤ3粒を再生可能苗床に、そしてさらにおまけのゴーヤ3粒を自宅へ持ち帰り手持ちのプランターに植えました。
 二週間後(5月15日)プランターにもやしの豆発見。あれっ、どこかから飛んできたのかな
あ????
 三週間後(5月25日)プランターのもやしが双葉をつけました。その形はゴーヤ
 そういえば、先生がおっしゃっていました。三週間で朝顔が芽を出した、そうです。我が家の苗床の子たちは一向に芽を出す気配がありません。ということで、プランターのゴーヤを中心に写真をパチリ。

   待てど暮らせど他の子たちは芽を出しません。先のゴーヤ君はツルを伸ばし始めたのでネットを準備。しっかりネットを掴んで挨拶をしてくれたところでパチリ。これは6月11日六週間目です。
 
   七週間後(6月19日)葉9枚ツル5本。他の仲間たちはプランターの土として寂しがり屋のゴーヤ君とともに生きることになりました。

 さて、今月は環境月間だそうです。図書館では、様々な環境・特に八潮図書館では「エコ」に関する本が紹介されていました。そこで見つけた昭和のエコロジー代表として「ヘチマ」が挙げられていました。その本(*)からちょっと抜粋。
(*)「昭和に学ぶエコ生活—日本らしさにヒントを探る」(pg6-17)

     著者:市橋芳則 発行所:河出書房新社

 昭和の暮らしの達人は「二度使いどころか三度は使う」「端っこまで使い切る」「身近にあるものを資源化する」「暮らしとは工夫そのものだった」「もったいないがしみついていた」そうです。ヘチマは漢字で「糸瓜」。形状と繊維質を表しています。内部に繊維のみを残すと「ヘチマタワシ」。蔓を切って一升瓶に差し込んでおくと「ヘチマ水」。サポニン・ペクチン・タンバク質・糖分を含み、保湿効果がある化粧水です。また、夏の日焼けやあせも、冬のひびやあかぎれ、咳止めのうがい薬としても用いられていたそうです。そして、もちろんヘチマ棚は日よけとしても利用されていました。豆知識—俳人・歌人である正岡子規は辞世の句として下記を詠んだそうです。

『糸瓜咲て 痰のつまりし 仏かな』

平成29年6月20日

環境記者 小滝静子

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年06月30日

戸越銀座駅舎裏の「ロマンチック・プチ・ロード」に「ECOプランター」を設置

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年06月16日

6月10日(土)、私が会長を務める平塚二丁目町会のメンバーが、戸越銀座駅舎裏にECOプランター(町会管理)を設置しました。写真の通路を「ロマンチック・プチ・ロード」と名づけ、花苗75株が歩行者をお迎えしています。ここに至るまでに近隣説明会を行い、ECOプランターの管理は町会の花と緑の部が担当、さらに隣接する店舗と地域のボランティアの協力を得てスタートしました。
ECOプランターの設置については、東急電鉄(株)と平塚二丁目町会とが土地利用に関する確認書を交換し、実施する運びになりました。通勤通学の方々を含め通行する方々に、優しく見守っていただけたらと願っております。
集合写真には、作業のお手伝いをしていただいた東急電鉄(株)職員の方も一緒に写っております。

平成29年6月12日
環境記者 志賀 勝

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年06月16日

「花交差点の仲間たち」花壇の植替え

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年06月16日

日時:平成29年6月11日(日)9時~10時 参加者:50名

梅雨入りして雨の心配もありましたが、天気にも恵まれ植替え日和となりました。
場所は南大井2丁目大森海岸駅前のマンション7棟で、歩道花壇の植え替えです。
一週間前に行った地拵えで土はふかふか、レイアウトなど事前準備もあり、植え替えがスムーズに、いつもながら早い時間で終えることができました。 

花苗は初デビュー「ジニア・プロフユージョン」と「ペンタス・サルビア・メランポジューム・マリーゴールド・ニチニチソウ」を植えました。 

植替え手順を説明しスタート!


秋の植替えまで、日常の管理(枯れた花摘み、水やり、雑草駆除)を継続します。

平成29年6月11日
環境記者 真壁美枝子

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年06月16日

聖蹟公園の花壇の花を植替えました

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年06月06日

 

 私が勤務する東京サラヤ(株)の社会貢献への取組として、品川区の‘みどりと花のボランティア’活動に参加していますが、5月19日(金)、聖蹟公園花壇の花の植替えを行いました。
この活動は有志を募り、「品川フラワーレンジャー」という活動名で行っているもので、今回は3名が参加しました。

▼品川区から借りている聖蹟公園花壇です。草花を植替えるため土を耕しました。
 

▼この日は気温26℃晴れ、少し暑い中、210株ほどの草花を休みなく植えていきました。
 
▼約1時間で植替え完了。冬から夏の花に綺麗に変わりました。
 
●感想

綺麗な花を植えることで、公園を利用される方も気持ち良く感じていただけたらと思います。
久しぶりの土いじり、暑い中でしたが気分リフレッシュ、公園の景観もUPで満足です。

平成29年5月31日

環境記者 小野文義

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年06月06日