品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。

地球にやさしいスイカのレシピ

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年08月25日

 環境情報活動センター8月の小学生対象講座に「地球にやさしい旬の料理をつくろう!」がありました。東京ガスが数年前から提唱している「エコクッキング」(http://home.tokyo-gas.co.jp/shoku/ecocooking/)は、お財布にも、時間にも、そして地球にもやさしい。数年前、「エコクッキング」コンテストに応募しましたが、あえなく落選。お盆休みを利用して挑戦してみることにしました。
 
 今回の自分なりのテーマはスイカ。以前レポートに登場した書籍「昭和に学ぶエコ生活—日本らしさにヒントを探る」に掲載されていたスイカの皮のジャムと種のから炒りです。ただ、レシピはかなりざっくり。そこでマイレシピを追記しました。
 

<レシピ①ースイカの皮のジャム>
スイカを召し上がったあとの皮を、硬い外皮だけむきとり、白いところを薄く切って、水をその分量の五、六倍も入れ、指でつまんで、つぶれるくらいやわらかく煮ましたら、ひと晩そのままにおいて、翌日そのスイカと同じ量の砂糖を加え、よく煮詰めます。スイカには、酸味がありませんから、レモン、夏ミカン、柚子、なんでも結構です。ちょっとしぼり込むと、おいしいジャムができます。
 
                               
   

<レシピ②ースイカやカボチャの種の利用法>
よく実の入ったのは、乾かしておいて、油で炒めると、香ばしくて美味しいものです。

<マイレシピ③ースイカの皮のジャム>
材料:
白い皮の部分と同じくらいの赤い身のついたスイカ・・・1/6の半分
砂糖・・・大さじ1杯
シークワーサー・・・直径2cm程度を1個
作り方:
1. スイカの皮と実は適当な大きさに切ってミキサーでシャーベット状にする。
2. 1に砂糖とシークワーサーのしぼり汁半分を加えて火にかけ、アクを取りながらとろ火で約30分程度煮詰める。
3. 汁気がなくなり、トロトロになったらシークワーサーのしぼり汁残り半分を加えて火を止める。
4. 煮沸消毒した瓶に3を入れて出来あがり☆

<感想>
 レシピ①は、出来立ての味見でとても甘く感じました。昔のスイカは皮がもっと厚かったからかもしれません。ところが翌日冷たいものを食べたら、意外とその甘さがなんとも言えず、旨味に変わっていました。食感と味は桃の缶詰。

 レシピ②は、・・・香ばしいだけで味はありません。でも、口寂しい時のおつまみやお浸しのトッピングには良いかもしれません。

 レシピ③は、・・・①が甘すぎたかな、ということで砂糖控えめで色を鮮やかにしてみました。いま風のジャム。スイカの実の甘さとシークワーサーの酸味が夏の味を上手に演出する味に仕上がりました。上記材料で手持ちのジャム瓶1本分。

 今回購入したスイカ1/6切れから出たゴミは、緑色の硬い外皮だけ。それ以外は我が家の食後のデザートとモーニングジャムと三時のおやつになりました。楽しんでエコ、これなら長続きしそうです。
 
平成29年8月21日
環境記者 小滝静子

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年08月25日

蝉しぐれの中を歩いて・・・・

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年08月09日

梅雨明けと同時に聞こえ始めた蝉の声。ちゃんと季節を知ってるかのように

とても不思議な自然の営みを感じます。

八潮団地は桜の木をはじめ、大きな木々に緑の葉が生い茂り、こんもりとした森は蝉達の格好の棲み家なのでしょう・・・・・ 

ミーン・ミン・ミン・ミン・ミン・ミーンの鳴き声に誘われ、緑道公園を歩いてみました。小枝をわたる風も涼やかで、いろいろな蝉の鳴き声も聞こえ、ベンチに腰掛け、夏の暑さもしばし忘れ、こころ癒されるひと時を楽しみました。 

蝉の声が聞こえるので木々を見上げ姿を探すのですが、なかなか見つける事ができません。やっと姿を探し、カメラを向けると、逃げられてしまう始末でしたが、辛抱強く頑張ってみました。

 
 
今日は7月最後の日、昼寝をしていた私は、ジージージージーとあぶら蝉の鳴き声に起こされました。

何処にいるんだろうと探しましたところ、ベランダのコンクリートの壁にとまっていました。我が家の訪問者なのかなぁ・・・?

夏の風物詩と言う「蝉しぐれ」、貴方も楽しみませんか。

平成29年8月1日

環境記者 石田雅子

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年08月09日

聖蹟公園清掃美化活動

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年08月09日

2017年7月31日(月)8:30、聖蹟公園の清掃美化活動を行いました。

月一回の取組、先月は雨で中止になり2カ月ぶりの活動です。

参加者は5名です。朝から30℃近い気温の中行いました。

各自ゴミ袋を持ってゴミ拾い、けっこう草むらに捨てたタバコの吸い殻が多く、となりは民家ですのでポイ捨てはやめていただきたいと思いました。

花壇の水やり、遊具類の簡易チェックをして終了。

朝から日差しが強く汗をかきながらの作業でしたが、会社朝礼に間に合うよう急いでもどりました。

■活動の様子

朝早くの作業ですが、10分程で汗だくに、今年は短い作業でも紫外線予防と熱中症にならないよう注意が必要です。

平成29年7月31日

環境記者 小野文義

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年08月09日

第33回環境記者情報交換会

カテゴリ:◆情報交換会

投稿日:2017年07月28日

平成29年7月19日(水)に、第33回環境記者情報交換会を開催しました。今年度に入って初めての会合となります。

 
環境記者の皆さんに、地域や職場での美化活動など、日頃の活動の様子や、興味を持っていらっしゃる事柄についてご報告いただきました。

前回に引き続き、マンションの管理に関わっていらっしゃる記者さんから、マンションの共有部分の照明をLEDに替えた場合の費用対効果について、具体的に詳細を示して報告していただきました。LEDを取り入れての省エネ対策が顕著な効果を上げていることがわかりました。皆さんが興味を持っていらっしゃる話題で、質問も多く出ました。

「市民共同発電所」に関わっていらっしゃる記者さんのお話も興味深かったです。多くの方が太陽光発電に参画しやすいよう市民の立場から再生可能エネルギーを広げていく活動です。進行中のプロジェクトでは、パネルオーナー制を採っています。出資者は、ソーラーパネルを一枚単位で購入し、発電所に設置し、発電事業者に管理してもらうのです。屋根の上にパネルを付けられる方は限られますが、ソーラーパネル一枚から購入して参加できるのなら、間口は拡がります。

農業体験も話題にあがりました。品川区の区民農園「マイガーデン南大井」での農業体験の感動、驚きを報告して下さった方、福島に農地を持ち農産物を作る傍ら、ご自身の農地を解放して事業化し、農業体験を提供することを検討している方、袖ヶ浦に2か所の太陽光発電所を運営し、近隣での農作業も楽しんでいる方、など、品川区で暮らす私たちにとって、農業体験は心躍るテーマなのでしょう。話が盛り上がりました。

消費者の立場から「東京都環境白書」を読んでみたという方もいらっしゃいます。「まずは知ること、関心を持つこと、自分に出来ることからやってみること、発信することで、未来に美しい環境、豊かな環境を残していきたい。」とのご意見に同感です。

他にも昭和のエコな生活のこと、緑のカーテンの生育観察、公園や街角で出会う自然の様子、など、今回も和気あいあいと和やかな雰囲気の中、様々な話題で盛り上がりました。環境情報活動センターのホームページに環境記者さんが投稿してくださった記事が掲載されています。よろしかったらご覧になってください。区民の皆さまにお気軽に環境記者活動に参加していただけたら幸いです。

カテゴリ:◆情報交換会

投稿日:2017年07月28日

環境という面から見た夏の町のイベント

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年07月11日

7月7日(金)七夕祭りと9月9日(土)祭礼の御酒所作り
町会では、毎年、お願いを書いた短冊を吊るす竹、そして祭礼の御酒所に飾る竹ともども、町会内に生えている竹を提供していただいております。
ご家族も、七夕祭りやお祭りに使ってもらえるということで、真っ直ぐな良い竹を喜んで育てていただいております。孟宗竹の映えている家は、年々少なくなっているようですが、当地域では、頑張って育てていただいて、地域のみんなが喜んでいます。尚、当初より短冊を吊るす紐は、棕櫚の葉を裂いてこよりの代わりにしています。金属類やプラスチック材は使用していません。色紙だけです。

2016年七夕祭りの様子

7月8日(土)ぼんぼん廻り(戸越銀座商栄会主催)
構想段階ではローソク、豆電球を使う予定でしたが、LED電球に替えています。地元の人たちによる手書きの絵を貼った300基のぼんぼん(行燈)が、約3時間の間、電灯や照明を消した商店街に並べられ、幽玄な世界が広がり、浴衣を着たり、団扇を持ったりしたたくさんの方々が見て巡り、商店街に溢れでます。

2016年ぼんぼん廻りの様子

平成29年6月29日
環境記者 志賀 勝

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年07月11日