品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。(区民環境記者レポート(記者募集中)のトップへ戻る

海の中の温暖化(貝から見た温暖化)

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年02月12日

 最近、関東地方の海の中の貝の生息状況にここ2,3年で変化が見られ始めてちょっと気になっています。
 陸の上の生き物については変化が見られて来ているとの話はよく聞きますが、海の中でも最近は亜熱帯性の貝が見られる、または以前は幼貝のみ見られていた貝が成貝 (大人の貝)まで成長しているのが見られています。京浜運河の中ではまだ感じられないのですが、真鶴半島、三浦半島、房総半島では 変化が見られています。
 写真の貝はマガキガイですが、暖かい海では個体数も多く見られごく普通の貝ですが、関東地方では以前は幼貝のみが僅かに見られていました。現在は見られる幼貝の個体数も多くなって来ていて、ここ数年で大人になっている個体も見られる様になって来ました。その他にもナツメモドキ(タカラガイの類)やトミガイ、チイロメンガイ他、以前は紀伊半島以南の貝として地域分けされていた貝が出現しています。
  
    マガキガイ 成長順 右端が成貝(奄美大島産個体)
また、奄美大島に行っても最近の2、3年で、以前沖縄でやっと見つけた貝が何種類も見つかるようになりました、こちらも変化を感じています。
  
平成28年2月10日 
青野良平(記者NO.070103)

カテゴリ:平成27年度

投稿日:2016年02月12日