品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。(区民環境記者レポート(記者募集中)のトップへ戻る

できることから少しずつ~プラスチックごみ減量 ~

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年12月04日

師走になり、品川区も寒くなってきました。
街ではクリスマスのイルミネーションが輝き始め、年末の気配が、、、

先日センター主催で、東京理科大学教授の二瓶泰雄氏による「海洋プラスチックの現状」という講座に参加し、改めて私たちの身近な所からたくさんのプラスチックが川や海に流入している現状を知りました。

我が家は普段からプラスチックごみを減らすために少しずつ出来ることをしています。エコバッグや水筒を持ち歩き、プラスチックの食品用ラップの使用もやめ、みつろうラップに替えました。みつろうラップとは、布にみつろうのコーティングをしたもので、軽く洗って何度も使えるラップです。こちら(下写真)は我が家で手作りしたもので、食べ物を包んだり、お茶碗に被せて使っています。

しかし、あまり意識していなかったのが、化学繊維のプラスチックごみです。二瓶氏が日本全国のあらゆる河川で行った調査によると、マイクロプラスチック(5mm以下のプラスチック)の中で、合成化学繊維も多いことが分かったそうです。これは、合成繊維の洋服を洗った際に出る糸くずやホコリだそうです。冬になると、私たちの身の回りにもフリースなどの化学繊維のアイテムが沢山ありますが、これらは洗濯すると繊維が下水へ流れてしまうそうです。

川や海へ流れ出たマイクロプラスチックは魚の体内に蓄積し、皮肉にも私たちの食生活に影響を及ぼしつつあります。日本の河川全てでマイクロプラスチックが見つかったそうです。遠い国のお話ではありません。

年末 はクリス マや忘年会 といった イベントが盛んになり ます 。使い捨てプラスチックを なるべく減らしたり、 店頭で過剰な包装を断ったりするだけも 、ごみ を少し減らすことが できます 。大掃 除では、 お掃除用具や洗剤は環境に配慮したものを 選びたいですね。
一人ひとり が日々の暮らし中にあるプラスチック少でも意識的なって 、できること から始めることが大切だ感じました。

令和元年 12 月 2日
環境記者 岑山萌子

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年12月04日