品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。(区民環境記者レポート(記者募集中)のトップへ戻る

第33回環境記者情報交換会

カテゴリ:◆情報交換会

投稿日:2017年07月28日

平成29年7月19日(水)に、第33回環境記者情報交換会を開催しました。今年度に入って初めての会合となります。

 
環境記者の皆さんに、地域や職場での美化活動など、日頃の活動の様子や、興味を持っていらっしゃる事柄についてご報告いただきました。

前回に引き続き、マンションの管理に関わっていらっしゃる記者さんから、マンションの共有部分の照明をLEDに替えた場合の費用対効果について、具体的に詳細を示して報告していただきました。LEDを取り入れての省エネ対策が顕著な効果を上げていることがわかりました。皆さんが興味を持っていらっしゃる話題で、質問も多く出ました。

「市民共同発電所」に関わっていらっしゃる記者さんのお話も興味深かったです。多くの方が太陽光発電に参画しやすいよう市民の立場から再生可能エネルギーを広げていく活動です。進行中のプロジェクトでは、パネルオーナー制を採っています。出資者は、ソーラーパネルを一枚単位で購入し、発電所に設置し、発電事業者に管理してもらうのです。屋根の上にパネルを付けられる方は限られますが、ソーラーパネル一枚から購入して参加できるのなら、間口は拡がります。

農業体験も話題にあがりました。品川区の区民農園「マイガーデン南大井」での農業体験の感動、驚きを報告して下さった方、福島に農地を持ち農産物を作る傍ら、ご自身の農地を解放して事業化し、農業体験を提供することを検討している方、袖ヶ浦に2か所の太陽光発電所を運営し、近隣での農作業も楽しんでいる方、など、品川区で暮らす私たちにとって、農業体験は心躍るテーマなのでしょう。話が盛り上がりました。

消費者の立場から「東京都環境白書」を読んでみたという方もいらっしゃいます。「まずは知ること、関心を持つこと、自分に出来ることからやってみること、発信することで、未来に美しい環境、豊かな環境を残していきたい。」とのご意見に同感です。

他にも昭和のエコな生活のこと、緑のカーテンの生育観察、公園や街角で出会う自然の様子、など、今回も和気あいあいと和やかな雰囲気の中、様々な話題で盛り上がりました。環境情報活動センターのホームページに環境記者さんが投稿してくださった記事が掲載されています。よろしかったらご覧になってください。区民の皆さまにお気軽に環境記者活動に参加していただけたら幸いです。

カテゴリ:◆情報交換会

投稿日:2017年07月28日