品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。

海の温暖化と汚れ

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年09月17日

(1)海水の温暖化と生息する貝
  月2回程、三浦半島や房総半島など近くの海に出かけています。今年特に感じたのは、房総半島の館山に行った時、紀伊半島以南に生息しているとされている貝が多数見られ、昨年、一昨年と比較しても更に温暖化が進んでいることを実感しました。まるで南紀へ行った時に見られる貝が関東地方でも見られるようになって来ているのです。

   
         
 

  元々これらの海岸では、昔から南方種が打ち上がる海岸として貝を集める人には有名で、結構色々な人が来る場所です。貝仲間に聞いてみると、最近は以前見られなかった貝が多く上がっているとの話でした。ただ今年行った私の感想は今迄にない変化を感じたので、温暖化が更に加速しているのではと心配しています。写真では見にくいのですが、プラスチックごみの漂着も更に増えて来ているのを感じます。
(2)プラスチックごみが増えている海岸
  貝の整理をしていて、1993年に能登半島の富来や増穂の浦で採取した砂の中から小さい貝を見つけました。その時にはプラスチックの小さい粒は全く無いと言える状況でした。しかし現在は三浦半島、房総半島、奄美、沖縄のどこの砂を持って来ても、小さなプラスチックのごみが含まれています。
  日本で貝の打ち上がる海岸として、能登半島の増穂の浦、京都府の琴引浜、鎌倉の由比ガ浜が三大打上げの海岸と昔から言われています。今の増穂の浦の状況は判りませんが、京都の琴引浜や時々行く鎌倉の由比ガ浜も非常に多く、打ち上げられた貝ラインには小さなプラスチックのごみがたくさんあり、砂ごと貝を採るにも躊躇してしまう程です。
  貝が打ち上がる場所はやはり漂着ごみも多いようで、この傾向は奄美、沖縄でも貝の打上の多い所はごみの打ち上げも多く見られます。写真は今年5月に行った沖縄 西表島の状況です、観光ではないので人の行かない場所に行く事が多いのですがこんなにもとびっくりさせられました。

いずれも沖縄県西表島海岸です。

  プラスチックごみが意外に多かったのが西表島の海岸ですが、風向きや潮流によりきれいな海岸もありました。ごみは特定の場所に塊りとなって漂着しており、この海岸ではほとんどが外国語表記でした。温暖化と海の汚れと異常気象、未来の子供たちへの影響が心配です。

令和元年9月5日
環境記者 青野 良平

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年09月17日

しながわ水族館周辺の環境

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年09月17日

 平成28年度から、しながわ区民公園内の改修工事が段階的に進められ、平成30年4月に北側ゾーンが終了、南側ゾーンのしながわ水族館周辺の改修が進んでいます。(令和2年7月完成予定)
 海水を利用した人口湖「勝島の海」は半分くらい埋め立てて小さくなり、レストランの近くにあったシュロの木や休憩所もなくなり、改修後の「勝島の海」周辺の景色完成図が想像できませんが、来春を楽しみにしているところです。

令和元年8月26日
環境記者 真壁美枝子

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年09月17日

しながわオリパラ暑さ対策

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年09月17日

  先月、環境記者レポート「わたくしの課題図書」で、「季刊環境ビジネス2019年夏号/大特集“2020環境都市へ生まれ変わる東京”」をご紹介しました。その際にオリンピックのホッケー会場周辺について触れましたが、後日調べてわかったことがありますので、ご報告します。

  まず「なぎさ会館」横の公衆トイレ前のミスト設備ですが、これは期間限定の試験的設置とのことで、すでに撤去されていました。次に道路の暑さ対策。広報しながわ8月1日号に「この道は世界につづく ゆめとびら/8月は道路ふれあい月間です」という、道路課と土木管理課の特集記事が掲載されていました。遮熱性舗装の写真と記事も載っていたので、道路課道路維持担当へ問い合わせてみました。

 

Q①:勝島橋を通る車道は遮熱性舗装はされているのですか?

A①:今年度中に灰色の塗装をする予定です。

Q②:八潮橋の八潮団地側の歩道は最近、歩きやすくなりましたね?

A②:雨が染み込みやすく、滑りにくいタイルを敷きました。

Q③:立会川駅までの樹木に張り紙が巻きつけてありましたが?

A③:高い樹木は活かし、残りを低木に整備するための告知です。

立会川駅近辺では自転車ナビライン・ナビマークならぬ歩行者ナビライン・ナビマーク、および遮熱性舗装を発見(写真④)しました。

 

令和元年9月6日

環境記者 小滝静子

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年09月17日

東八潮緑道公園『夏の終わりの蝉しぐれ』

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年09月06日

 梅雨がなかなか明けず、蝉の声も聞こえなかったので、今年は蝉が鳴かないのかと思っていましたら、『梅雨明け宣言』と同時に少しずつ鳴き始め、いつもの年と変わらずの「蝉しぐれ」にほっと致しました。
 8月も終わりに近づいた27日、蝉たちの姿が少なくなったかなぁ~思いながら、少し早起きをし、東八潮緑道公園を歩いてみました。公園の木々も歴史を重ね、幹も太く、高さも高くなり、大きな枝は深緑の葉っぱを生い茂らせ、蝉の姿は見えないけど、ジージージージー・ミーンミンミンミンミーン と元気な鳴き声は、まるで森の合唱団のような『蝉しぐれ』でした。蝉の声を頼りにそうっと近づくと、鳴くのを止めて他の所へ飛んで行ってしまい、望遠レンズを使いながら、葉っぱや枝から『蝉』の姿を探すのに苦労をしましたが、羽を広げて、お腹を膨らませ、大声で力いっぱい鳴く蝉たちに、元気をもらいました。

蝉の幼虫が土の中から出て、木に登り、脱皮するのは何時頃の事なのでしょうか? 
蝉たちの「抜け殻」もたくさん見つける事が出来ました。

 「ツクツクボウシ」がホーシンチョコチョコ、ホーシンチョコチョコと鳴く声やカナカナカナと鳴く『ひぐらし蝉』の声も混じっていて、秋の気配を感じましたね。
 桜の木の下の椅子に腰かけ、「蝉しぐれ」に耳を澄まし、朝の涼しい風に吹かれ、大きく深呼吸をした時、自分も自然の一部に生活している事を改めて確認した気がいたします。
 
 
令和元年9月2日
環境記者 石田雅子

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年09月06日

真夏が過ぎた公園の虫たち

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月27日

                             
気温31℃、薄曇りのもとで園内を遊歩しながら樹液に集まる昆虫たちを観察しました。
  
●カブトムシ
みなさんよくご存じの通りです。
●コアオハナムグリ(コガネムシ科)
大きさは1~1.5cmで、5-10月に日本全国で見ることができます。
林の周辺や原っぱで見られ、白っぽい花のまわりを飛び周り、花粉を食べます。
●蝶(アカボシゴマダラ)外来種
中国大陸から入ってきたと考えられる外来種で、ほぼ関東全域に分布しているそうです。
夏型と春型で翅(ハネ)の色に違いがあります。

令和元年8月22日
環境記者 小野 文義

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年08月27日