品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。

八潮団地にも「紅葉」がやってきた

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年12月13日

 12月に入り、朝晩、急に寒さが増して来た八潮団地も紅葉の時期を迎えました。特に、八潮中通りの紅葉はとても見事で、皆さんのんびり歩きながら、カメラに収めたり、落ち葉を拾ったりしていました。

 塩害で心配しておりましたが、赤や黄色の綺麗な葉っぱを今年も楽しむ事が出来ました。 また、落ち葉に埋もれた渡り石が、風のいたずらでしょうか・・・?自然の造形美として、まるでアートを見ているようでした。

 昼間は12月とは思えないような「暑さ」を感じながら初冬の団地内を歩きましたが、このあざやかに色づいた葉も、もうすぐ吹く木枯らしに振るい落され、木々達も本格的な厳しい冬を迎えることでしょう。

平成30年12月11日
環境記者 石田雅子

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年12月13日

しながわ区民公園ほかの紅葉・黄葉

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年12月12日

自然は正直なもので、毎年この季節になると私たちに季節の到来を教えてくれます。
今年は台風などの影響か、都心での紅葉黄葉と良い出会いがありませんが、近くの公園の現状を撮りました。(11月26日撮影)
① 南大井6丁目駅前住宅の隣にある公園の銀杏です。
きれいに色づいてきています。
   
② しながわ区民公園を俯瞰してみました。(11月26日)
紅葉はもう少し、今週末(12月上旬)といったところでしょうか。

先日(11月26日)の区民公園の紅葉は少し早めでしたので、12月3日に改めて行ってみました。今度は美しい紅葉を観ることができました。
 
銀杏の黄葉も負けてはいませんでした。

平成30年12月5日
環境記者 真壁美枝子

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年12月12日

「花交差点の仲間たち」 11月の花壇の植替え

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月28日

日 時: 平成30年11月11日(日)9:00~10:00

参加者: 64名

南大井2丁目(大森海岸駅前~しながわ水族館入口)歩道花壇の植替えを行いました。

立冬の頃は寒暖差が激しい時季で、20℃と穏やかな小春日和となりました。

前日降った雨で花壇は湿り気もあり植替えに最適、土ほこりもたたず植えることができました。 

今回も鈴ヶ森中学校の生徒7名が参加、マンションボランティア57名と一緒に手際よい作業で植替えは

あっという間に終わりました。

花苗は「シクラメン、パンジー、デージー、ノースポール、マーガレット、ビオラ、キンセンカ、コレオステプス・ルムチコーレ」8種類です。 来春5月まで楽しめるような花苗です。

同じ花苗ですが、レイアウトの違いで印象もかわります。

冬の花壇を彩る花たちに歩道を行き交う人びともきっと和みますね(*^-^*)

 

平成30年11月25日

環境記者 真壁美枝子

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月28日

品川区の紅葉だより

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月28日

 明治神宮外苑や靖国神社が見頃になっているとの情報を入手しました。品川区では、まだ準備不足のような気配ですが、それでも「どこかにあるかもしれない!」と念じながら、連休を利用して歩いてみました。私の見つけた「紅葉」と「黄葉」をお楽しみください。そして、おまけとして来月に向けての「高揚」をご笑覧ください。

● 紅葉その1(荏原神社鎮守橋と目黒川の桜並木)  

● 紅葉その2(昭和橋と目黒川の桜並木)  

● 紅葉その3(桜新道南大井三・六交差点から水神公園への桜並木)  

 
 ●黄葉その1(しながわ区民公園自転車用道路のイチョウ並木)  

● クリスマスツリーあれこれ  

最後のクリスマスイルミネーションは品川駅港南口のイーストワンタワーのものです。それ以外は品川区内にあります。

平成30年11月25日
環境記者 小滝静子

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月28日

八潮花図鑑〜11月〜

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月28日

 品川区の健康診断でやや運動不足との結果が出てしまいました。これは困った!どうしよう!広報で「しながわ健康ポイント」プログラムを発見。11月2日から歩数計を携えて毎日ウォーキング開始!!

  ということで、今回は八潮団地とその周囲を取り囲む緑道公園ぐるりを歩いてみました。歩数計は5,000歩をクリア。

   緑道公園の明晴学園前バス停付近には、山茶花(サザンカ)があちこちに花を咲かせていました。花の少ない季節なので、赤い葉や赤い実もパチリ。

 モッコクやビワの花は気がつかずに通り過ぎてしまうところでしたが、赤いものを探してキョロキョロしたのが幸いしたようです。

 ところで椿と山茶花の見分け方をご存知ですか?実は、私もあまりはっきりしていなかったので、調べてみました。特に一般的な二点に絞って表にしましたのでご参照ください。例えば、花の散り方では、椿は花首が落ちるということで武士が嫌う、という話や、椿餅についてくる葉のすべすべ感を思い起こしていただくと、わかりやすいかもしれません。ただし、昨今はそれぞれ品種改良等で種類も増えていることと、もともと山茶花も植物分類上「ツバキ科ツバキ属」、見分けることは難しいのかもしれませんね。
 
<参考>
https://lovegreen.net/gardentree/p67942/
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010551850
http://www.flower-photo.info/products/camellia_japonica/sasanqua.html

平成30年11月18日
環境記者 小滝静子

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月28日