品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。

太陽光発電の「卒FIT」が目前に迫る

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年10月23日

 「うちは太陽光発電なんてやってないから関係ない」とおっしゃる方も、環境問題に密接に絡む自然エネルギー普及の話、社会勉強として読んでいただければ幸いです。
 前回3月の記事では、<太陽光発電の「卒FIT」って?>というタイトルで「卒FIT」の意味や概況を解説しました。
https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=3894
おさらいすると、「FITとは、太陽光発電普及の支援目的で、住宅用太陽光発電の余剰電気(自宅で使っても使いきれず余る電気)を国民(電気使用者)負担のもと、10年間固定の優遇価格で買い上げる」という、法律に基づく制度であり、その制度開始から10年が経過し、優遇価格の買上げが終了することが、卒FITと呼ばれるものだ」ということです。
 住宅用太陽光発電は先行して2009年11月にこの制度が始まっていましたから、この時点から同制度を利用した先発組のオーナーには、今度の11月分でこの制度の適用が終わることになります。対象者には東京電力エナジーパートナー社から「再生可能エネルギーの固定価格買取期間満了のご案内」という封書が届きます。先発組である私のところにも届きました。買取期間の満了日が2019年12月17日であることや、直近1年間の各月の売電実績情報などが記載されていました。
 それでは、「卒FIT」オーナーの先発組は、11月以降はどうなるの?という話に移ります。
電力会社は、法律による固定価格での買取義務がなくなりますので、価格変更して買取を続けるのも、やめるのも自由になります。また従来の電力会社以外の会社が買取ってもいいことになります。
 さて、卒FIT先発組の太陽光発電余剰電力の買手と取引条件がだいたい出揃ってきました。品川区の環境記者として、現時点で品川区民の卒FITオーナーが選べる買手事業者を買取単価が高い順にまとめたのが以下の表です。

さらに、事業者の提示する条件に当てはまるオーナーなら選択肢になる買手事業者は以下の通りです。


面白いところで、利益追求ではなく、企業や自治体等の団体を応援し返礼品を受け取るふるさと納税みたいなもの、純粋に寄付するという仕組みを用意している事業者もいます。

 情報は刻々変わっていきますので、上記の情報が古くなっている場合があります。意思決定される場合は各社ホームページ等で最新の情報を注意深く読み込んでください。図に示したもの以外に、東京電力パワーグリッド社は、「再エネおあずかりプラン」という仮想の蓄電池サービスを新たに始めます。これは、「ご家庭に蓄電池を設置しなくても、余剰電力を当社がお預かりし、他の時間帯にご使用したものとみなすプランです。蓄電池の設置にかかる初期費用やメンテナンスの負担が無く、余った電気で電気料金を節約いただけます。日中の電気のご使用量が多いお客さまや毎月の余剰電力が多いお客さまにおすすめです。」と説明されています。利用するための毎月4000円の基本料金と利用できる電力量の上限が250kWhという条件があります。どの需給契約と組み合わせるか、余剰電力はどの程度でるかで個別に計算しなければ損得が分かりません。
詳しくは、東京電力エナジーパートナーホームページ
http://www.tepco.co.jp/ep/notice/pressrelease/2019/pdf/190806j0101.pdfもしくは、http://www.tepco.co.jp/ep/renewable_energy/plan.htmlをご覧ください。
 卒FITの対象となられる方は、ご自分の事例で脳トレのつもりで計算に奮闘してみるのも良いのではないでしょうか。(私もまだまだ蓄電池の初期投資は高いから、条件があえば電気代をもっと安くするのにこの「再エネおあずかりプラン」は簡便でお勧めだと一旦は考えました。しかしながら、この1ヶ月程のうちに立て続けで大停電をもたらした台風15号、19号を経験した後では、蓄電池が高すぎると本当に言えるのか、と考えが変わりました。太陽光発電には自立運転という強い味方がありますが、「再エネおあずかりプラン」はあくまで仮想の蓄電池サービスで、停電時の夜間に電気を供給してくれるリアルな蓄電池ではないことに留意が必要です)
 以上のように、様々な事業者が色々なメニューで卒FIT電力の買取をオファーしていることがお分かりになったかと思います。支払い条件なども事業者によって異なります。事業者の名前も知っている会社もあれば、それほど知名度のない会社もあると思います。シビアに言えば、将来倒産してしまう会社もあるかもしれません。売った電力を支払ってもらえない可能性もありえます。
 FITの制度が終了し、自由市場になるということはこういうことです。自分で情報収集し、自分の判断で決めなければなりません。ただ、情報が多すぎて満了日に間に合うように決められないという方には朗報ですが、、現在ほとんどの方が売電している東京電力パワーグリッド社は、現在の契約約款上、価格変更に同意するならば、改めて申込み、再契約の必要がなく、従来の支払い条件で継続されるとのことです。意思決定が間に合わなくて余剰電力がタダで東京電力パワーグリッド社の電線に流れていくことだけは避けられるますので、焦らず意思決定できます。
                                                                
令和元年10月21日  環境記者 林 彰一

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年10月23日

旧東海道品川宿まちづくり計画 『灯篭プロジェクト』活動報告

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年10月21日

主催:旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会
協賛:東京サラヤ株式会社、しながわ水辺の観光フェスタ実行委員会、
協力:なぎさの会、父親の会

 2019年9月28日(土)しながわ宿場まつり一日目にあわせて品川宿交流館わきの路地に手作り灯篭を飾りました。
灯篭は手作りで区立台場小学校と区立城南第二小学校の二校の3年生と4年生が授業で作ってくれました。
作った灯篭は地元協議会や企業、団体と父親の会の協力でかざりました。
■目的
旧東海道地域で生活している住民や企業、諸団体が協働して景観と歴史をバランスよく守りながら、住みよい街づくりを未来ある子どもたちへ引き継ぎたいという思いで行っております。
       

10月秋の運河祭りでも展示予定です。

令和元年10月4日
環境記者 小野義文

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年10月21日

八潮彼岸花事情 〜10月〜

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年10月18日

  大型台風19号が過ぎ去った八潮。くっきりと青い富士山が姿を見せた朝、京浜運河沿いの緑道公園には台風15号の爪痕と同じくらいの木の枝や葉が散乱していました。「八潮昆虫日記〜8月〜」で登場したエンジュの樹も幹が裂けていました。たわわにつけた実が重すぎたようです。
   
  ところで皆さん、彼岸花が思わぬところに咲いていて、びっくりしたことはありませんか?すでに八潮の彼岸花は花が枯れ、葉が伸びるのを待っているところ。今年の不思議現象は、ツツジの生垣から突然一輪の赤い彼岸花が咲いたこと。彼岸花は球根で増える植物だから、足がなければ、どこかへ移ることは出来ないはず。田んぼのあぜ道なら、雨で流れることはあるけれど・・・。
  調べてみました。やはり、同じ疑問を持つ方はいるようです。結論としては、人や動物による土や球根自体の移動によるということ。その他にも楽しい知識を得ましたので、シェアします。
 ●彼岸花は毎年分球して球根が増える
 ●土壌が固かったり、浅いところでは地表に球根がせり上がる
 ●ある研究では30年余りの観察で1個の球根が926個に増えた
 ●日本産の彼岸花は3倍体で種子はできないが、中国産は2倍体で種子ができる
 ●別名には、曼珠沙華・シビトバナ・ハミズハナミズ・ユウレイバナ、欧米ではマジックリリー(何もない地面から花茎のみ伸ばして花が咲く)
●ショウキラン・キツネノカミソリ・ナツズイセン・アマリリスも仲間
●救荒植物として飢饉のときに球根のデンプンを食用(擂り下ろして水にさらす)として、有毒なアルカロイド成分による田畑のネズミ・モグラや土葬の野犬除けとして利用
●細長い6枚の花びら(花被片)がそり返り、6本の雄しべと1本のめしべが長く突き出るが、実は結ばない
●漢方では鱗茎を石蒜(せきさん)と呼び、去痰・腹膜炎・浮腫の薬

 彼岸花の話なのに、写真を撮り損ねてしまいました。寂しい紙面を「最近の八潮風景」で締めますので、ご笑覧ください。

<参考>
一般社団法人 日本植物整理学会サイト
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=1059&key=1059&target=number
書籍:「毒草・薬草辞典」 サイエンス・アイ新書
     著者:船山信次  発行所:ソフトバンククリエイティブ株式会社
    「ただ 生きようと 花は咲く」
     著者:印南和麿  発行所:株式会社ルックナウ
  
令和1年10月13日
環境記者 小滝静子

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年10月18日

【緊急レポート】台風15号と停電対応

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年10月07日

9月12日(木)22:30時点で経験したことを書き留めたレポートです。私がいた千葉県袖ケ浦市も台風15号の暴風被害とその後の大停電でかなり深刻な影響を受けました。
・袖ケ浦の当地の停電復旧は9月11日夜9時半でした。
・シャットダウンが9月9日(月)3:55でしたので、65時間半ほどのブラックアウトでした。その時点で木更津ではまだ停電継続中でした。
・水圧は弱まったものの断水はありませんでした。
・ガスはプロパンで乾電池着火式なのでガスレンジは通常使用できました。
・停電2日目から携帯電話docomoの電波は非常に不安定、停電解消時から徐々に回復といった状況でした。
私自身、台風通過時は東京に薬を取りに戻っていて、袖ケ浦にはおりませんでしたが、月曜正午にアクアラインが再開されたため袖ケ浦に戻ろうとしたものの湾岸線からのルートが閉鎖。仕方なく川崎大師方面から浮島入口を目指すも3時間以上の大渋滞! 夕刻にようやく木更津、袖ケ浦の自社発電所にたどり着き、目視点検ができました。フェンスがぐにゃりと曲げられたり、スチール収納庫がひしゃげて扉が吹き飛び、なかみが散乱したり、トタン板の引きちぎれたようなもの等、他所からの飛散物があちこちにあり、片づけに時間がかかりました。
 当然、東電停電のため自社発電所も停止。電気的な被害があったのかは分からないものの、外観目視では問題はなさそうだったので、袖ケ浦の家に戻りました。途中の信号は全部無灯。交通整理の警察官なんていません。交差点でみんな一旦停止。譲り合って事故のないよう走行していました。信号機は、どれも本来の方向とは違った方に向いて、信号灯の上のカバーフードも引きちぎれているのにはショックを受けました。信号や電柱も柱という柱は斜めに傾き、家々の屋根やビニールハウスは破壊しつくされ、木更津・袖ケ浦界隈は壮絶な光景でした。弊社発電所の気象観測器では、台風中心通過後の4時4分南南西の風、瞬間最大風速46m/s、平均風速でも35m/sを記録していましたので、このレベルの暴風にやられたものと思います。(ちなみに発電所の設計上の風圧荷重計算上、法令での当地基準風速は38m/sです) 家の方は太陽電池の載っている母屋は瓦も飛ぶことなく無事でしたが、納屋の方は一部屋根が欠け、トタン板の外壁が東側を中心に吹き飛び、納屋の中の道具類が浸水していました。暗くなってきたので、調査、片づけはあとまわしにして、非常用電源のセットアップにかかりました。 
袖ケ浦の居宅には太陽光・再生鉛蓄電池充電システムがあり、別途備えていた2500Wのインバータを接続し、ドラムコードリールで電気を玄関経由で、ダイニングに引き込み、ここを宅内避難所に定めました。 結局この電力で東京電力が停電中ずっとほぼ通常の生活を営めました。ダイニングのエアコンはつけっぱなし、テレビ、冷蔵庫、10WのLED投光器照明をドラムリールにつないだ延長コードでそれぞれ配線しなおして使えました。ダイニングと接続しているリビングルームのソファで涼みながら寝ることができました。
 

2日目からは分電盤の主幹ブレーカを落とし、昼間は住宅太陽光発電PCS自立運転コンセントからの電力で、エアコン、冷蔵庫用のベースロード電力をとり、鉛蓄電池は独立の太陽電池からの充電にいそしみ、夜にそなえるという切り替えを行いました。自立運転のコンセントや蓄電池電源につながっているドラムリールのコンセントとダイニングルームの壁面コンセントを、両端がオス=オスの自作ケーブルで接続してやり、宅内配線そのものを利用できるようにしました。(コンセントの穴がある方をメス、差し込む方の金属 端子板2枚が突き出ているプラグの方をオスと表現)  これでエアコンも冷蔵庫も元々接続していたコンセントに差し込んだままで使えます。プラグがない外置きの井戸水ポンプまで使用可能となりました。このケーブルプラグを、系統が違う壁面コンセントにつなぎかえることで、別室のプロパン湯沸かし器、洗濯機などまで使えるようになりました。 この自作ケーブルでの宅内配線利用というのは絶大な効果がありました。ドラムリールにつないで延長コードで各家電製品のプラグを接続するのにも、長さや数に限界があったからです。
単相3線式の分電盤は宅内に中性線をはさんで100Vの配線が2系統出来ています。分電盤内の上下2系統のうち、どの部屋、どの器具がどちらの系統に属するのかきちんと表示、把握できていれば、それをもとに予備電源とどの宅内コンセントをつなげばいいのかが分かるわけです。以前からこうやればうまくいくのではないかと想定し、自作ケーブルを用意していましたけれど、それが実際に機能することが今回の被災で実証できました。非常事態で主幹ブレーカを確実にオフにして運用し、自己責任で行えればよいのではないかと考えます。 (主幹ブレーカをオフにする理由は、屋外で復旧工事をしている作業員を感電させ、死傷事故につながる危険があるからです)
                     

日中の屋外片づけ修理作業で汗だくになったあと、温水シャワーができたこと、汚れた作業着や下着を洗濯できたこと、熱帯夜に涼しい部屋で寝られたことがなにより有難かったです。ダイニングと続きのリビングがエアコンが効いているスペースで、十数人は収容可能という環境を確保できたために2日目の午前中にはご近所さん、地区の顔役の方を訪れ、拙宅に冷房があること、携帯電話などの充電ができることを地区の連絡網で知らせてほしいとお願いに行きました。遠慮されて女性陣は来られませんでしたが、顔なじみの男性陣は携帯電話の充電がてら涼みに来てくれました。 また、屋根貸しで車庫に太陽電池が載っている方が、「非常時に自立運転で電気を使っていいといわれているがどうすればいいか分からない」と相談に来られたので、現場に行って自立運転に切り替えてあげて、業務冷凍庫に通電できたので大変喜ばれました。
 
停電3日目の昨日は、木更津の発電所のフェンスに設置しておいた非常時電源コンセント(遠隔監視装置用の太陽電池蓄電池独立電源からの常時給電)が使えるかと、懇意にしているご近所さんから電話を貰いました。確認しに行ったところ問題なく通電していたので、携帯を2台、満充電にすることが出来とても喜んでもらえました。こういうときのために備えていた機能がちゃんと発揮できて胸をなでおろす思いです。
鉛蓄電池は1日だいたい5kWhくらいを消費し、天気が良かったのでその減った分をちょうど太陽電池で充電でき、それを繰り返した計算です。 エコロジア第一発電所は近くなので復旧エリアに入り、今朝から無事発電復帰したことが確認できました。もちろん住宅太陽光も売電モードに復帰。
木更津の第二発電所エリアはまだ停電復旧できていなかったため、他のご近所さんにも口コミで前述の非常時電源コンセントのことが伝わり、近所の農家さんからお礼にとれたてのキュウリなどをいただくなど有難い交流ができました。
皆さんのお困りの共通項は、冷蔵庫が使えず食材がだめになっていくこと、情報取得や連絡手段の携帯の電池が切れてしまい孤立すること、充電しようにも公的施設の充電場所はすごく混雑していること、それになにより暑くて寝られないことでした。商店も、飲食店も、ガソリンスタンドも全く営業できないというのもこれまで経験したことのない事態です。
「気候変動」は、いまや「気候危機」と表現されることもあります。そしてそれは近い将来に到来するかもしれないという悠長なものではなく、すでにその時代に突入してしまっていることを今回再認識しました。
電気が長時間ない生活がこれほど不自由や人命への危険をもたらすことを考えれば、せめて10軒に1件くらいは太陽光発電を中心とした非常時電源確保とそのシェアをコミュニティとして図ることで、随分苦しみが減るのではないかと感じます。
最後に
家中からかき集めた延長コードコンセント、そのうちの1つが古いもので、使用中一部の差込口の裏が発熱し焦げました。匂いで気が付いたからよかったものの発火の可能性もありました。電気は危険物であることを肝に銘じる必要があります。

令和元年9月19日
環境記者 林 彰一

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年10月07日

第37回環境記者情報交換会

カテゴリ:◆情報交換会

投稿日:2019年10月02日

 令和元年9月20日(金)、第37回環境記者情報交換会が7名の環境記者のご出席のもと行われました。令和最初の会合となります。環境記者の皆さんから投稿された記事について日頃の活動の様子、そして興味を持っていらっしゃる環境に関する事柄について、それぞれご報告いただきました。
 

 青野さんは月に2回ほど関東近辺の海に出かけていて、今年特に感じたのは、海の「温暖化」と「汚れ」だそうです。紀伊半島以南に見られる貝が関東地方でも見られるようになって来ていて一段と温暖化が進んでいることを実感されたそうです。「汚れ」は漂着ごみがたくさん打ち上げられているのと、小さなプラスチックごみが砂にたくさん混じっていてびっくりされたそうです。
*『海の温暖化と汚れ』
https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4249

 真壁さんは「花交差点の仲間たち」というボランティアグループで、近隣の歩道の清掃と花壇の整備を行っていて、毎回その活動報告を記事にしていただいてます。
 今回、もう一つお話いただいたのは、品川区民公園内の改修工事です。その工事を日々観察するのが興味深くなって楽しんでいらっしゃるとのことでした。
*『しながわ水族館周辺の環境』
https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4245

 小野さんは東京サラヤ株式会社の方で、社員の有志のみなさんと「品川フラワーレンジャー」として年数回、聖蹟公園花壇で清掃と整備を行っていて、毎回活動報告を記事に書いていただいてます。品川宿まちづくり活動の行灯プロジェクトにも参加されています。
 今回は温暖化が進んでいると思われる現状、大井ふ頭中央海浜公園の様子のお話を伺いました。暑すぎてとんぼなどの昆虫がいない、猫、カラスなどが一緒に日影で休んでいるなど異常を目撃されたそうです。
*『暑-い!大井ふ頭中央海浜公園』
https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4139

 石田さんはいつも八潮のまわりの四季の移り変わりなどを丁寧に記事にしてくださいます。今回は春の桜のレポートに加えて蝉の記事を投稿してくださいました。望遠レンズを使って力いっぱい鳴く蝉の写真満載です。
*『東八潮緑道公園「夏の終わりの蝉しぐれ」』
 https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4219

 新居﨑さんはもともと農業記者で、福島県南相馬市に農地を持っていて野菜やしいたけを育てていらっしゃいます。しかし、猛暑と雨不足でゴーヤ以外の野菜は育たず、しいたけも風評被害などでなかなか難しいというお話をされました。

 小滝さんはいつも環境に関する幅広い題材から記事を投稿してくださいます。今回も桜をはじめとする植物、環境保全、昆虫、読書、そして暑さ対策などバラエティに富んだものでした。
*『しながわオリパラ暑さ対策』
https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=4236

 馬渕さんは前回から記者登録をされ、今回が2回目のご参加です。この夏は夏バテとの戦いで記事を書くことがきでなかったということで、残念でした。しかし「世界の巨木」と言う講座に参加していただきました。その講師の方に感銘を受けたということで、それについてお話いただきました。

 今回は出席されなかった中西さん、高塚さんも以下の記事の投稿をいただきました。
*『「吊るし飾り」の展示会』
*『本格的な春がやってきました』
*『レンゲソウをご覧ください』

ここに紹介できなかった記事は環境情報活動センターのホームページでご覧になれます。
https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?cat=20

カテゴリ:◆情報交換会

投稿日:2019年10月02日