品川区の環境ポータルサイト

区民環境記者レポート(記者募集中)

当センターでは区民環境記者を募集中です。ご興味のあるかたは左のメニューより「◆区民環境記者について!」をご覧ください。

ダンボールコンポスト始めました

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年09月13日

今年の夏、ダンボールコンポストを始めました。
ダンボールコンポストとは、家庭から出る生ゴミを「基材」の入ったダンボール箱の中に入れ混ぜると微生物が生ゴミを分解し、堆肥にしてくれるという、自然の力だけに頼った生ゴミ処理方法です。

ダンボールコンポスト開始初日の写真(7月24日撮影)
基材とは、もみ殻薫炭と土壌改良剤を混ぜたもので、園芸店で手に入れることができます。
その基材に、家庭から出た生ゴミを混ぜ、翌日時間を空けて中の様子を見てみると、生ゴミが分解されて殆ど消えているのです。
しかも、生ゴミの嫌な臭いもありません。
虫が来ないように、ダンボールに夫の肌着を被せて、袖口と首周りをヘアゴムで結んでいます。
底の部分はすのこなどを敷いて、通気性を良くします。

ベランダでやっているので、簡単な雨対策としてレジャーシートをかけています。

微生物は高カロリーな食べ物が大好きです。
天ぷら油や肉、魚、米ぬかなど入れてあげると活発になり、基材の温度があがり、生ゴミの分解が早くなります。
天ぷら油を入れた翌日には、温度が52度まで上がり、驚きました。
微生物は生き物なので水分も空気も必要です。
乾いていたら水分を与え、毎日空気を入れるために混ぜてあげましょう。
まるでペットを飼っているかのような感覚で、愛着が湧きました。
ダンボールコンポストを始めて早一ヶ月、総重量なんと約9kgの生ゴミを微生物が分解してくれました。
ありがとう、微生物さん。おかげでゴミ出しの回数も減り、嫌いだった生ゴミが好きになりました。

微生物は高カロリーな食べ物が大好きです。
天ぷら油や肉、魚、米ぬかなど入れてあげると活発になり、基材の温度があがり、生ゴミの分解が早くなります。
天ぷら油を入れた翌日には、温度が52度まで上がり、驚きました。
微生物は生き物なので水分も空気も必要です。
乾いていたら水分を与え、毎日空気を入れるために混ぜてあげましょう。
まるでペットを飼っているかのような感覚で、愛着が湧きました。
ダンボールコンポストを始めて早一ヶ月、総重量なんと約9kgの生ゴミを微生物が分解してくれました。
ありがとう、微生物さん。おかげでゴミ出しの回数も減り、嫌いだった生ゴミが好きになりました。

今日の基材の様子
さつまいもの皮、レタス、玉ねぎの皮、トマトのヘタを入れました。
全くカサが増えませんね。生ゴミの殆どが水分なので蒸発されるのと、微生物が分解して増えないのだそうです。
心なしか、基材の色が黒っぽくなってきました。栄養が付いている証拠でしょうか。
3ヶ月間生ゴミを投入したら、その後1ヶ月の熟成期間を経て、堆肥の完成です。
出来上がった堆肥はプランター菜園で使用し、ほうれん草や小松菜を育ててみます。
自然のエネルギーだけで生ゴミを処理してくれるこの方法、より多くの家庭で取り入れられれば品川区内の全体のゴミの量が減って、温暖化防止に役立つのではないかと期待しています。

平成29年9月1日
環境記者 真田千加子

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年09月13日

こちら、亀さんのカーテン

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年09月06日

 6月20日に「緑のカーテンを作りましょう」講座の第1回目の状況をご報告いたしました。
https://shinagawa-eco.jp/wp/reporter/?p=2968
ところで同じ環境情報活動センターのサイトの「ECOトピックス」のコーナーの記事にある「緑のカーテン」記録をご覧になった方もいらっしゃるでしょう。あちらは7月上旬に実を収穫。ところがこちらはたった一粒だけ出た芽が同じ時期にやっと背を伸ばし始めました。「しながわECOだより」さんがウサギなら、こちらは亀さん。同じ教室から芽を出したもうひとつの成長記録をのんびりとお楽しみください。

 我が家の一粒種『ゴーやん』。雨の降らない東京の梅雨には夕方にたっぷりの水遣り、ジメジメ多湿な日は「頑張れ〜」と冷房効いた部屋の窓越しに大きな掛け声を。
7月10日グイグイと背を伸ばし始めた。
7月20日下の葉よりも大きくて元気な葉が出ている。あれ、成長の芽はどこ??
        

 7月30日(種まきから3ヶ月後)胸のあたりまで背が伸び、葉は27枚。この10日間の成長は毎日5cm。葉の色つやもよく、茎を触るとゴーヤの香りがプーン。ここで初めての成長点カット。緑のカーテン大失敗の昨年は、腰までの成長。やったあ!
 

   
 8月26日初開花。   8月30日(種まきから4か月後)私の背丈と並びました。依然として雌花ゼロ。雄花は5個目が開花。じっくりじっくり育てると、それなりに大きくなる。収穫まで育つのかはわかりませんが、来年こそは緑のカーテンが望めそうな気配。お隣さんが「5−6年前は、育ったよお〜」とのこと。お隣さんと原因をあれこれ検証したところ、無肥料・無農薬栽培が原因???それでも、緑のカーテントライ二年目は、来年の成功期待膨らむ嬉しいゴーヤン成長記録ができました。もし、幸運にも収穫できたら、ご報告しますね。

平成29年8月31日
環境記者 小滝静子

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年09月06日

聖蹟公園清掃美化活動(8月)

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年09月06日

東京サラヤ本社周辺域の有益活動として毎月活動しています「聖蹟公園清掃美化活動」の様子を報告いたします。

 

実施日時 2017年8月30日(水)8:30-8:45
参加者 3名

   

活動内容
吸殻、空き缶等のゴミ拾い。
花壇周辺の清掃
園内遊具類の簡易チェック

花壇にお茶が入ったままのペットボトル、食べ物が入っていただろうプラ容器など普段捨てられていないようなゴミがありました。朝8時台というのに気温は29度ありました。参加者全員たくさんの汗をかきながら作業をしていただきました。ご苦労様でした。

9月に入りましたら花壇に草花の植え替えをしたいと思います。

遊具類異常なし。
回収ゴミ量 2.6kg

平成29年8月30日
環境記者 小野文義

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年09月06日

地球にやさしいスイカのレシピ

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年08月25日

 環境情報活動センター8月の小学生対象講座に「地球にやさしい旬の料理をつくろう!」がありました。東京ガスが数年前から提唱している「エコクッキング」(http://home.tokyo-gas.co.jp/shoku/ecocooking/)は、お財布にも、時間にも、そして地球にもやさしい。数年前、「エコクッキング」コンテストに応募しましたが、あえなく落選。お盆休みを利用して挑戦してみることにしました。
 
 今回の自分なりのテーマはスイカ。以前レポートに登場した書籍「昭和に学ぶエコ生活—日本らしさにヒントを探る」に掲載されていたスイカの皮のジャムと種のから炒りです。ただ、レシピはかなりざっくり。そこでマイレシピを追記しました。
 

<レシピ①ースイカの皮のジャム>
スイカを召し上がったあとの皮を、硬い外皮だけむきとり、白いところを薄く切って、水をその分量の五、六倍も入れ、指でつまんで、つぶれるくらいやわらかく煮ましたら、ひと晩そのままにおいて、翌日そのスイカと同じ量の砂糖を加え、よく煮詰めます。スイカには、酸味がありませんから、レモン、夏ミカン、柚子、なんでも結構です。ちょっとしぼり込むと、おいしいジャムができます。
 
                               
   

<レシピ②ースイカやカボチャの種の利用法>
よく実の入ったのは、乾かしておいて、油で炒めると、香ばしくて美味しいものです。

<マイレシピ③ースイカの皮のジャム>
材料:
白い皮の部分と同じくらいの赤い身のついたスイカ・・・1/6の半分
砂糖・・・大さじ1杯
シークワーサー・・・直径2cm程度を1個
作り方:
1. スイカの皮と実は適当な大きさに切ってミキサーでシャーベット状にする。
2. 1に砂糖とシークワーサーのしぼり汁半分を加えて火にかけ、アクを取りながらとろ火で約30分程度煮詰める。
3. 汁気がなくなり、トロトロになったらシークワーサーのしぼり汁残り半分を加えて火を止める。
4. 煮沸消毒した瓶に3を入れて出来あがり☆

<感想>
 レシピ①は、出来立ての味見でとても甘く感じました。昔のスイカは皮がもっと厚かったからかもしれません。ところが翌日冷たいものを食べたら、意外とその甘さがなんとも言えず、旨味に変わっていました。食感と味は桃の缶詰。

 レシピ②は、・・・香ばしいだけで味はありません。でも、口寂しい時のおつまみやお浸しのトッピングには良いかもしれません。

 レシピ③は、・・・①が甘すぎたかな、ということで砂糖控えめで色を鮮やかにしてみました。いま風のジャム。スイカの実の甘さとシークワーサーの酸味が夏の味を上手に演出する味に仕上がりました。上記材料で手持ちのジャム瓶1本分。

 今回購入したスイカ1/6切れから出たゴミは、緑色の硬い外皮だけ。それ以外は我が家の食後のデザートとモーニングジャムと三時のおやつになりました。楽しんでエコ、これなら長続きしそうです。
 
平成29年8月21日
環境記者 小滝静子

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年08月25日

蝉しぐれの中を歩いて・・・・

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年08月09日

梅雨明けと同時に聞こえ始めた蝉の声。ちゃんと季節を知ってるかのように

とても不思議な自然の営みを感じます。

八潮団地は桜の木をはじめ、大きな木々に緑の葉が生い茂り、こんもりとした森は蝉達の格好の棲み家なのでしょう・・・・・ 

ミーン・ミン・ミン・ミン・ミン・ミーンの鳴き声に誘われ、緑道公園を歩いてみました。小枝をわたる風も涼やかで、いろいろな蝉の鳴き声も聞こえ、ベンチに腰掛け、夏の暑さもしばし忘れ、こころ癒されるひと時を楽しみました。 

蝉の声が聞こえるので木々を見上げ姿を探すのですが、なかなか見つける事ができません。やっと姿を探し、カメラを向けると、逃げられてしまう始末でしたが、辛抱強く頑張ってみました。

 
 
今日は7月最後の日、昼寝をしていた私は、ジージージージーとあぶら蝉の鳴き声に起こされました。

何処にいるんだろうと探しましたところ、ベランダのコンクリートの壁にとまっていました。我が家の訪問者なのかなぁ・・・?

夏の風物詩と言う「蝉しぐれ」、貴方も楽しみませんか。

平成29年8月1日

環境記者 石田雅子

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年08月09日