品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。

気象現象の不思議と大人も楽しめる気象実験

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年11月20日

 令和2年11月15日(日)こみゅにてぃぷらざ八潮において、環境学習講座「気象現象の不思議と大人も楽しめる気象実験」が開催されました。講師は気象予報士の大島正幸氏です。受講者は小学4~6年生と保護者および大人の方で、様々な実験が行われました。 

(1)どうして雲ができるの?雨はどうして降るの?
上昇気流で上空へ上がった空気は冷やされて非常に小さな水滴(雲)になり、それらが集まってだんだん大きな水滴になり、重くなって落ちてくる。それが雨です。
 【ペットボトルの中に雲をつくる実験】  
 ペットボトルの中に「雲」(白く見えるもの)ができました。
          (2)雲ができる時はこんな時

(3)気圧とは
●空気にも重さがある。
 
①黄色風船と緑色風船のバランスが取れている。その後、緑色風船に画鋲で小さな穴をあけた。(風船が割れないようにしてある)→②→③緑色風船の空気が抜けてバランスがくずれた・・・・・空気にも重さがあることが分かった。
●高気圧と低気圧、どうして風が吹くの?  ●高い山に登った時の袋菓子
 

(4)天気はなぜ西から変わるの? 考えたこと、ありますか。
コリオリの力(ちょっと難しい話) <北半球での話>

 台風は反時計回りの渦を巻く、偏西風が吹く、天気が西から東に変わる・・・いずれもコリオリの力による。
(5)地球温暖化で太平洋の島国‘ツバル’が沈むと言われますが・・・
メスシリンダーに80℃くらいのお湯100mlを入れて冷やし、お湯の温度が下がって20℃くらいになると水の量は97mlになりました。           
・水温が低くなると、水の体積は小さくなる。                      
・水温が高くなると、水の体積は大きくなる。                        
島が沈むのではなく、海水面が上がるため水没するおそれがあるということです。   
(6)その他の実験や製作・・・部品や作り方の説明書をお配りしましたので、お家でやってみましょう。
①暖かい湯と冷たい水では重さが違う・・・2つのペットボトルを使って②雨量計作り   
 
③十種雲形のしおりの原紙(A3サイズ)と作り方説明書をお配りしました。

              
  

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年11月20日

しながわ中央公園での植物探検と花の万華鏡作り

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年11月15日

令和2年11月8日(日)、環境学習講座「しながわ中央公園での植物探検と花の万華鏡作り」が開催されました。講師はしながわ中央公園所長の中嶋一晃さん、ガーデナーの栗原さんと橋本さんです。新型コロナウィルス感染防止対策を行い開催されました。

【環境施設見学】
普段は見られない管理棟エリアのエコ施設の見学をしました。

備蓄倉庫の上にソーラーパネルがあり、公園内更衣室のシャワー(温水)用にエネルギーが利用されているそうです。

【樹木クイズと植物探索】
樹木クイズでは、ヒメリンゴの実をみつけ、葉が赤くなっていたメグスリノキを観察しました。

ちなみにメグスリノキは戦国時代ころから樹皮を煎じた汁を目薬として使用されていたとか!
植物探索では秋の植物をたくさんみつけました。

さまざまに咲く植物の説明をしていただき、触ったり、匂いをかいだり、鑑賞したりして体験型の探索を楽しみました。

【花の万華鏡作り】
公園で採取した花(講座用に今回に限り公園の花を用意していただきました)を使って万華鏡をつくりました。

自分で作ったきれいな万華鏡をのぞいて皆さん大満足でした。

普段何気なく遊ぶ公園でたくさんの発見がありました。今度公園に行く時はスタッフの方々が丹精込めて手入れをしている花壇や樹木にぜひ目を向けてみてください。

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年11月15日

古布で作るバネくち金つきポーチ

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年10月23日

2020年10月17日(土)、環境学習講座「古布で作るバネくち金つきポーチ」が開催されました。講師は着物などの古布を再利用し、個性的な作品を生み出しているリサイクルグループ「リメイク絆」の皆さんです。今回は21名の皆さんにご参加いただきました。

★作り方:
好みの寸法に裁断した表布は半分にたたみ、両脇を裁ち目5cmのところまで縫い、玉留します。上下両脇は返し縫いします。表布裁ち目から3cmの所で折り、1㎝の所にしつけをかけておきます。

表布、裏布はともに中表にして、本体表布に裏布をかぶせ、しつけをしておいた本体表布に縫い合わせます。


裏布のついた袋を表に返し、バネくち金の片方のネジを外し、両方同時に通します。最後にネジをくち金に差し込み、ペンチでネジを上下から挟んでカッチと音がするまで押し込みます。
 
バネくち金ポーチの作り方はいろいろな方法がありますが、本講座では縫代が表に出ないバネくち金つきポーチの作り方を教えて頂きました。仕上がりもきれいで、くち金もスムーズに通せます。今年度はサイズが少し大きめのポーチを作りました。持ち手を付ければお出かけ用の可愛いバッグになります。基本の形、作り方を覚えれば、用途に応じて、底の丸味をつけたり角をつけたりと多様なサイズ、スタイルのポーチを作る事が出来ます。
家庭にある古布や端切れを利用して、いろいろなポーチを作ってみるのも楽しいでしょう。

           

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年10月23日

何がいるかな?~ 品川の水辺の生きものたち

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年10月22日

令和2年10月18日(日)、環境学習講座「何がいるかな?~品川の水辺の生きものたち」が開催されました。講師は運河の生きもの観察人の三枝敏郎氏です。
この講座が行われた大井ふ頭中央海浜公園なぎさの森は、京浜運河に沿って水辺を親しめる公園として人気があります。本日は、普段は非公開の干潟地区として環境の保全が図られている干潟に入って行われました。
地元の海ではどのような生きものがどのように暮らしているかを観察することで、生きものが暮らすことのできる環境について学びました。
応募者多数のため2回目の開催となりましたので、詳細につきましては、前回9月20日開催のレポートをご覧ください。
https://shinagawa-eco.jp/wp/kouza/?p=4699

以下は今回の写真です。

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年10月22日

何に変身する?ハロウィンのお面作り♪

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年10月17日

令和2年10月11日(日)こみゅにてぃぷらざ八潮にて、環境学習講座「何に変身する?ハロウィンのお面作り♪」が開催されました。講師は大野有紀子氏(エコアート作家)。小学生と保護者の皆さんに、ハロウィンや世界のお面の話と、リユース素材を使ったお面作りを楽しんでいただきました。

■ ハロウィンと世界のお面
どんなお面にするのか、簡単なアイディアスケッチの後、スライドを見ました。ハロウィンは古代ケルト人が、11月から始まる冬が「死の季節」と考えていたことに由来します。10月31日の夜にあの世と人間の世界がつながり、人間界に来た幽霊にまぎれた悪霊や魔女にやられないよう、人間も怖い仮装をして集まり、かがり火をたいたのです。どの国のお面にもそれぞれの祭りや儀式で使われる意味があり、人間が人間以外のものに変身して、自然や神様に近づく道具として大切にされています。お面から、昔の人は自然や動物をよく観察していたのもわかります。どこかの国のお面をヒントにしてもいいし「世界のどこにもないお面を作るぞ!」というのでも構いません。

■ 張り子のお面を作る

厚紙をホチキスで留め、骨組みを作ったあと、古新聞紙をちぎってのりで貼っていきます。リサイクル/リユース素材、羽根、アサリの貝殻、木っ端などの自然物もアレンジしてみました。複雑な形を目指す場合、色付けは家に持ち帰ってゆっくりやってもらおうと考えていましたが、全員が着色の段階までいきました。
アクリル絵の具の使用に関しては、牛乳パックに水を少なめに入れ、筆洗いは絵具を雑巾でよく拭いてから行います。パレットは使用済み食品トレーです。

■ 何に変身した…かな?
時間に限りがある中みんな集中して、大きい作品に挑戦したお友達もいましたね。「こういう風にしたいけど、どうやればいいかな?」と色々な工夫をしていました。どの作品も素晴らしい!それぞれの個性が出ている感じが面白い♪♪♪
保護者の方々もサポート、ありがとうございました。

■アンケートより皆さんの声
・いろいろなお面があって楽しかったです。すごいお面ができてよかったです。
・仮面の説明から聞くことができ、ある程度子どもの力だけで作成することができたので大満足だったようです。
・すごく楽しかったです。本格的な感じで プロジェクターの説明もおもしろかったです。
・身近なもので立派なお面ができて、子供も楽しそうでした。準備も事前にされていて色ぬり、完成できたので達成感もありました。

カテゴリ:令和2年度

投稿日:2020年10月17日