品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。

遊んで、学んで、木と友だちになろう!

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年02月15日

平成29年2月5日(日)、品川区環境情報活動センターで、環境学習講座「遊んで、学んで、木と友だちになろう!」が開催され、1年生から3年生までの小学生が、保護者と一緒に参加しました。
「木づかい子育てネットワーク」の渡辺繭子さんが講師をされました。「木づかい子育てネットワーク」は、自然に親しむ機会の少ない都会の子供たちに木と触れ合う体験をしてもらい、日本人の財産である森林を木づかう(気づかう)心を育てる活動をしています。

1.お話
まずスクリーンを見ながら、お話を聞きました。日本の国土の70パーセントは森林です。世界で森林が減少していく中、日本はその割合を保っています。日本は木の国、森の国なのです。

木でできたたまごを手に取って、色合い、木目、重さ、硬さなどを比べてみました。木はそれぞれの樹種の特性にあわせて適したところで活用されています。

2.実験
私たちの身の回りには木でできているものがたくさんあります。どうして木が使われるのでしょうか。木にはどんな特性があるのか、5種類の実験をして確かめてみました。

木は空っぽのパイプのような細胞の集まりで、中に空気がたくさん入っているため、軽くて丈夫、熱や寒さを伝えにくい、適度な柔らかさがある、音や振動をマイルドにして伝える、といった良い点があります。また、木目が光を和らげてくれるので目にやさしく、木の香りはリラックス効果や虫や菌を寄せ付けない働きがあります。

3.工作
紙やすりでヒノキのスティックをけずって、木の柔らかさ、感触を体感し、シールを貼ったり絵を描いたりして、自分だけのエンピツキーホルダーを作りました。

4.積み木ゲーム
保護者も加わりみんなで力を合わせてナイアガラゲームをしました。ひとりづつ順番に杉の間伐材でできた積み木を置いていき、積み木のタワーを作り上げます。みんな丁寧に慎重に積んでいき、ついに完璧なナイアガラの滝が完成しました!お誕生日月のお友だちが代表で1本の積み木を一気に抜くと、滝は崩れていき、悲鳴のような歓声が沸き上がり、すごい盛り上がりをみせました。

講座を通じて、木について色々なことがわかり、五感をつかって木を感じることができました。参加した子どもたちは、普段の生活中で「木」を意識し、大切に思えるようになってくれたことと思います。

保護者のアンケート回答より抜粋
*実験や工作と組み合わせることで、子ども達も実際に手で触れて感じたり、集中が途切れることなく先生のお話を聞くことができました。親にとっても興味深い内容でした。最後のナイアガラ、面白かったです!!
*木の性質を実験を通してとても楽しく知ることができ子供も興味をもってとりくんでいました。身近にある“木”というものひとつをとってもこれだけ広げて学習につなげられるんだなあと思いました。

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年02月15日

江戸落語に出てくる環境噺

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年02月03日

 平成29年1月22日(日)品川区環境情報活動センターにおいて、環境学習講座「江戸落語に出てくる環境噺」が開催されました。講師は講演、著述、テレビ・ラジオ出演など多方面で活躍中の江戸文化研究家の菅野俊輔さんです。本日は、昨年度も大好評でした「江戸落語」シリーズとして、『長屋の花見』と『大山詣り』からエコで粋な江戸の人々の環境噺をお楽しみ頂きました。

     

 百万都市江戸は将軍家の住む御城を中心に武家地、寺社地、町人地と身分制による区分けがされ、武家屋敷地が6割、寺社地が2割ほどの面積を占めていました。残りの2割ほどの町人地に庶民が暮らしていました。                  

 庶民は長屋(裏店)と呼ばれる集合住宅に住んていました。城下町の中心部(現在の中央区・千代田区)に格子状に整然と並ぶ町は、通りに面した四方が商家や職人の見世(店舗)からなり、その内側に「裏店」がありました。一軒の間取りは六畳の部屋、土間と二基の竈の置かれた台所からなる非常にシンプルな居住スペースでした。部屋は居間、食堂、寝室をかねて、季節用品は損料屋からレンタルします。

                                                          

 江戸後期(19世紀)の文化年間になると、江戸の町では、横丁などに寄席場が数を増やし、寄席は庶民の娯楽として定着していきました。演目は多彩で落語だけに限りませんが話術巧みな咄家の登場と共に、落語人気が高まっていきました。昼夜交代の七日間興行で咄家は大工や櫛職人といった仕事と兼業していました。お客も、職人や小売人といった庶民が中心で、寄席は庶民が仕事のあとの夜のひと時を楽しめる時間として人気が増していきました。演目も、自然、彼らが住まいとしたした長屋が舞台となる咄が多かったようです。

【長屋の花見】

 江戸の人たちは四季を楽しむ生活をしていました。春ともなれば「花見」 名所は、品川御殿山、隅田川といろいろありますが、貧しい長屋住まいの人たちには少々遠すぎます。この咄の下谷山崎町の人たちは、近くの上野の御山に出かけます。
 江戸時代の大家と店子(借家人)の関係は「親子も同然」みたいに深い絆で結ばれています。ある日、大家さんから花見のおさそい、酒と肴の振る舞い付きのお誘いです。一同は大喜び。ところが、大家さんの振舞いの「酒」「肴」とは、実は・・・。
何だかんだといろいろと問題はありますが、長屋の男衆はわいわいがやがやと上野のすりばち山にむかいます。着飾ったり、呑み食いするような余裕のないのを代用品で替えて、楽しく笑い飛ばす江戸っ子のユーモア、物はなくとも心は豊か、江戸庶民の生活がしのばれます。

大山詣り

 江戸の人々は「年中行事」として月に一、二度の遠出を楽しみます。夏場になると連立って大山詣りに出かける男衆の姿がよく見られます。神田川の関口で身を清めた長屋の男衆も、大家さんを「先達」に三泊四日の「大山」の旅に出発します。
 何事もなく無事参拝もすました一行ですが、帰路の「神奈川宿」での精進落としのてんやわんや、酒癖の悪い問題児の「熊さん」がまたもや約束破りです。丸坊主にされ置き去りにされた熊さんの仕返しが・・・。

 江戸時代はものの流れがうまく機能していた循環型のエコ社会でした。米や野菜は隅田川以東の農業地帯が人口増加と共に周辺地帯にまで広がり、生産物は陸路や水路を使って江戸の市場に運ばれました。江戸の人々は、まさに地産地消の新鮮な野菜や魚介類を食べて、現代人が考えるよりもはるかに豊かな食生活を送っていたのではないでしょうか。
 一方、人の移動について、この時代には交通機関の発達がほとんど見られませんでしたから、どこに行くのも徒歩が原則。大山詣りの三泊四日はもとより、十三泊十四日もかかる「伊勢参宮」や京への旅もすべて徒歩です。日々、時間に追われる現代人にとっては、とても得難いスローライフを楽しんでいたのですね。つまり、生活も「エコ」でしたが、旅行も「エコ」でした。                             

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年02月03日

卵の殻でチョークを作ろう

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年01月10日

  12月11日(日)品川区環境情報活動センターにて、環境学習講座「卵の殻でチョークを作ろう」が開催されました。講師として宮腰義仁先生(環境インストラクター)と宮本淳司先生(日本白墨工業株式会社代表取締役)をお招きし、小学生とその保護者が楽しく受講しました。

●ごみとリサイクルのお話 
  みんながゴミ箱へ捨てた物はどこへ行くのでしょう?ごみとリサイクルのクイズからはじまりました。清掃工場、スラグ、最終処分場…、ごみを減らすための3R(リユース・リデュース・リサイクル)は皆知っていたけど、「リフューズ:ごみになるものを買わない」「リペア:修理して使う」を足した「5R」もあるよ…というお話もありました。つくろって長く着ている先生の服や靴も印象的でしたね。

●「もくねんさん」で工作 
  鉛筆工場から出るおがくずをリサイクルした粘土です。一日乾燥させると木になり、色を付けたり削ったりできます。土に埋めると分解され、土に返るものです(生分解性)。要らなくなって捨てちゃう時でも、燃えるごみとして出せるので地球にやさしいのです。
●卵の殻のお話 
 マヨネーズは主にサラダオイル・お酢・卵から出来ています。だからマヨネーズ工場では毎日大量の殻が出ます。カルシウムなどが含まれる殻は昔から、くだいて肥料にしたり、食べ物に加えたりしていました。そしてチョークにも利用できるのです。チョーク工場の写真も見せていただきました。今日はこの工程を自分の手でします。

●チョーク作り 
 卵の殻の内側にある膜を取り除き、粉にしたものとチョークの原料を混ぜてこねます。霧吹きで水分を調節しながら丁度良い硬さまで粘土のようにこねた後、好きな形にしました。チョークとして使いやすい形にするか、面白い形にするか…、考えながら作りました。乾燥したらチョークとして使えます。その時、今日のお話で学んだ事、また思い出せるかな?

*保護者アンケートより(抜粋)
 普段何気なく捨てているゴミの行方を初めて知ったのではないかと思います。考えるキッカケになればよいなと思います。
 木くずを利用した粘土があるのを初めて知りました。いろいろなエコリサイクルのお話が聞けてよかったです。
 あまり堅苦しくなく、小学生にも解り易い教え方でとてもよかったです。先生の話し方も面白くてとても盛り上がっていました。エコロジーやリユースにより興味が持てたのではないかと思います。

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2017年01月10日

お正月の寄せ植え

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年12月27日

  
 平成28年12月15日(木)品川区環境情報活動センターにおいて、環境学習講座「お正月の寄せ植え」が開催されました。講師は山草会のみなさんです。 本講座は大変な人気講座、今年度は113名の皆さんにご応募をいただき抽選で20名の方に参加していただきました。

「梅」は品種がたいへん多く、日本では江戸時代に品種の育成や改良が盛んに行われ、現在では300種以上もあるそうです。分類上は観賞用の「花梅」と果実用の「実梅」に分けられます。また、「花梅」は野梅系、緋梅系、豊後系に分類され、それぞれに特徴があります。野梅系には大きく分けて「野梅性」

「難波性」「紅筆性」「青軸性」等がありそれぞれ特徴をもちます。
「野梅性」 原種に近い梅で香りが高く、初心者にも育てやすい
「難波性」 花の香りが良く紅系、さし木可能なものが多い
「紅筆性」 蕾のさきが紅、尖っている
「青軸性」 枝やガクが緑色、蕾も緑白色

使用した植物は「梅」「ヤブコウジ」「笹」の三種です。ヤブコウジは別名「十両」とも呼ばれ、正月の縁起物として、寄せ植えの素材に好まれて使われます。
実習 
植込みの前に鉢に鉢底網と固定針金を装備し、主木を中心に添えを配置して全体の流れを確認しておきます。
● 全体の形と流れが決まったら、主木となる梅を中心よりやや左斜め後ろ、又は右斜め後ろに配置します。右側にするか、左側にするかは枝の流れを見て決めます。
● 次に、鉢底網と固定針金を装備した鉢に土を少し入れ、梅の正面を見定め鉢に入れる。梅が鉢より高い場合は土を少しこそぎ落とします。この時、根はできるだけ切らないように注意しましょう。
● ヤブコウジ、笹を配置します。ヤブコウジはこれからグングン育ちますので、梅の少し後ろに配置します。それぞれの位置が決まったら、全体の形と流れをもう一度確認して針金で固定し、周りを土で固めます。
● 苔はちぎらないで、丁寧に伸ばし湿らせた土の上に押さえつけるようにかぶせます。
● 出来上がったら霧吹きで全体に水をかけます。
● 家に持ち帰ったら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水遣りをしてください。

さあできました。先生方のちょっとしたアドバイスと少しだけ手を加えて頂くことで、見違えるほど風情が出ました。それぞれの個性がうまく表現されていてとても素敵です。梅はすでにたくさんの花芽を付けていて、お正月までにはきれいに咲いてくれるでしょう。ヤブコウジの大きめの赤い実がとても華やかです。 梅の香りとヤブコウジの赤い実が新春を迎えるのにピッタリのお飾りですね♪♪

水遣り、剪定、管理の仕方について  
◍ 日当たりの良いところに置く、但し、7,8月の熱い時はネットなどで遮光する。
◍ 水遣りは表面が乾いてきたら、鉢底から水が滴り出るまでたっぷりと与えます。
 そうすることで酸素の供給ができ、根が丈夫になります。
◍ 花が終わったら夏場は避けて、リン酸、カリ分の多い肥料を与える。花芽が付きやすく
 なります。
◍ 梅は花が終わったらすぐに剪定する。剪定の仕方は枝が外側に伸びるように、外芽を残
 して元から2芽又は1芽のところで切ります。

            

 

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年12月27日

鉄道写真から見る自然と環境

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年12月16日

 平成28年12月4日(日)品川区環境情報活動センターにおいて、環境学習講座「鉄道写真から見る自然と環境」が開催されました。講師は鉄道写真ライブラリー、レイルマンフォトオフィススタッフカメラマンの鉄道写真家、村上悠太さん。鉄道写真の四季、自然、気象条件が見せる美しい世界などの写真をたくさんご紹介いただきました。

●鉄道写真のイメージは
みなさん、鉄道写真のイメージはどんなものですか?という質問に、「SL」という声があがりました。車両が大きく映っている写真をイメージする方が多いと思いますが、それだけではなく、車両がはみ出す写真、紅葉の中を走り抜けている写真、ダムの水面に映る光だけの列車の写真など幅広く様々な表現が考えられます。鉄道写真は基本、人工物を映すものではありますが、「人工物をいかに目立たせないように表現する」ことが、鉄道写真の難しいところでもあり、醍醐味でもあります。

●鉄道写真のコツ
デジタルカメラが多くなって、鉄道写真が撮影しやすくなりました。フィルムで撮影している方は?と質問がありましたが、手を挙げたのは一人だけでした。デジタルカメラには一眼レフカメラ、ミラーレス一眼、コンパクトデジタルカメラなどありますが、どのようなカメラを使っていても、シャッターを押さないことには作品はできません。鉄道写真には、動いているものを撮影するので、1秒間に7コマ以上の連写ができるカメラがあると便利です。

【注】ミラーレス一眼とは一眼レフカメラの鏡の部分をなくしたカメラで、画像センサーで光を電気信号に変えているので、電気信号である画像データを液晶モニターで再現している

●RAWとJPEG
フィルムカメラはフィルムに画像を記録しますが、デジタルカメラはRAWとJPEGと言う形式で画像を記録します。それぞれの特徴は下記の通りです。
RAW →画像のデータが自由に修正できる(情報データが残っているので画質を落とさず修正できる)専用のソフトがないと開けない、トラブルに弱い
JPEG→画像のデータは修正できないが汎用性が高い、高画質でもデータが軽い
専用のソフトがなくても開ける
JPEGだけでは画像処理ができないので、RAWと同時書き込みを選択すると良い。

●気象と鉄道写真
①晴天  作例:枯木灘(かれきなだ)(紀勢本線)信濃川(北陸新幹線)相模湾(東海道線)など
※晴天は青い空が表現できるが、青空だけではインパクトにかける。雲がポイントになる
※青空は海などを狙うなら必須条件

②曇天  作例:鳴子峡(なるこきょう)(陸羽東線)芦野公園(津軽鉄道)など
※曇りではコントラストが低く、落ち着いた表現ができる
※白く映る曇り空を入れず、森や紅葉で大きく入れて撮影すると良い

③雨天  作例:新幹線、秘境駅(坪尻駅)など

※速度の早い新幹線などを映すと水煙が上がり、雨粒を表現できる
※雨に濡れたレールの光の反射などを表現すると良い

④雪  作例:大月(中央本線)、飯山線、など
※白一色など単調になりやすいので、構図をしっかり押さえる

●雪景色の写真(これから使えるワンポイント)
雪景色の最大のポイントは樹に雪がついているかどうかです。クリスマスツリーの雪を思い浮かべればおわかりでしょう。きれいな雪景色は白く美しい写真になりますが、雪がたくさん降っているときは雪景色を撮っても何も見えない状況になるので、列車のアップなどに切り替えて撮影すると良いでしょう。

作例:袋田(水郡線)石北本線留(る)辺(べ)蘂(しべ)駅、常呂(ところ)川(かわ)など

①結氷(ケッピョウ)→川などの水が凍る状況、低温下-15℃から見られる

         寒ければ寒いほど良い

②霧氷(ムヒョウ)→水蒸気や霧が氷点下で冷やされ、樹の枝などに凍りついたもの

半逆光だと霧氷がキラキラ光って映る、9時にはなくなる

③白い排気→加速するディーゼル列車の排気が白く映る現象、-20℃あたりから見られる

北海道で多く見られ、鉄道写真ならではの作品

良く晴れた朝、放射冷却現象が起こると①②③などの現象がみられる。北海道では天候だけでなく、気象も見て撮影すること
【注】放射冷却現象とは地表面が熱を放射して温度が下がり、付近の気温が下がる現象

●鉄道風景写真のポイント
①春  作例:水戸偕楽園駅と梅、伊豆急線と河津桜、山北駅と桜見物の人々など
(山形新幹線と山形城址公園のさくら)

列車とさくらの対角構図を使い、さくらのダイナミックさを表現し、列車と共存させている

※観光協会への問い合わせ、SNSやライブカメラなどで、桜の開花状況を把握して撮影に行くこと

【注】対角構図とは被写体を斜めに配置すること、奥行きや動きが表現できる

②夏  作例:保津峡、リゾートしらかみ(五能線)、南紀白浜の海

(烏山線と沿線のひまわり)

列車にもひまわりにもピントを合わせている。そのため被写界深度を上げて、絞り値F22、シャッタースピードISO1600に設定して撮影している。

※海の撮影にはPLフィルターを使って、光の反射を防ぎ、色彩のコントラストを高める

【注】被写界深度とはピントがあっているように見える範囲のことで、範囲は広いと被写界深度が深いと言い、絞りを絞って(F値を大きくする)表現する

③秋  作例:小淵沢(小海線)の紅葉、ゆふいんの森号と湯布院の森、秋田新幹線

※紅葉写真は画像処理のやりすぎに注意すること

④冬  作例:流し撮りの秋田新幹線、竹田城址近くの粉雪、新幹線「はやぶさ」

※ストロボを使って雪を画面に映しこむこともできる

【注】流し撮りとは被写体を追いかけるようにカメラを動かして撮影する方法

最後に、見る人に何を伝えたいか考えながら構図を作って作品を仕上げてほしい、普段人が行かない時間に撮影に行って、人と違う自分の写真を仕上げてほしいと結ばれました。よりいっそう写真が楽しめるよう、そして興味があれば鉄道写真にも挑戦してほしいともおっしゃっていました。

12月4日のこの日は留萌線(JR北海道)の留萌から増毛までの路線が廃止される日でした。運行終了のニュースをテレビで見て、「早く乗ってみないと終わってしまう」という気持ちになりました。昔乗車したことにある高千穂線もバス路線になってさみしいですし、寝台列車も一部を残して廃止になりました。鉄道は自然環境への負荷が少なく、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量も少ない交通手段です。列車を利用して、移り変わる風景を見ながら、自然環境に目を向けましょう。

今回の参加者のアンケートにもあったように、鉄道写真にも挑戦してみようと思いました。人と鉄道のかかわり方を追求されている村上悠太さんに学び、鉄道も写真も大好きなので、新しい写真ライフに挑戦したいです。

カテゴリ:平成28年度

投稿日:2016年12月16日