品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。

生きものの形をまねたアイデア商品

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年11月24日

平成29年11月5日(日)、品川区環境情報活動センター主催の環境学習講座「生きものの形をまねたアイデア商品」が開催されました。講師は公益財団法人日本環境協会こども相談室相談員の池田浩さん、岡本正義さん、岩崎加奈子さんです。
 生きものの形や働きをまねて、とても素晴らしい商品が開発されていますが、このようにして新しい技術を生み出す学問のことを「バイオミミクリー」といいます。生物や生命を意味する「バイオ」と、模倣(まね)を意味する「ミミクリー」の2つの言葉を組み合わせた造語です。
 生物(動植物)は生きていくために、さまざまな機能を備えていますが、それをヒントとして多くの新製品のアイデアにつながっているのです。具体的に見て行きましょう。
 

(1)葉っぱの力を体験しました
バイオミミクリーではないですが、植物に触れて生活とのつながりを考えてみましょう。いろいろな葉っぱをもんで、においをかぎました。このにおいは・・・ミントです。チョコレート、ガムや練り歯磨きに使われていますね。クスノキは防虫効果、ヒノキは殺菌効果や森林浴のようなリフレッシュ効果等が利用されています。

(2)カード合わせゲーム
生物のカードとそれらの機能を利用した製品のカードがあります。それぞれの組合せをしてみました。

組み合わせたいくつかの例を見てみましょう。

(3)観察と体験
カード合わせゲームで考えたことのいくつかを実際に観察してみました。
①くっつき虫とマジックテープ
オナモミの実のとげの先端はフックのように曲がっていることをルーペで確認しました。
   
②ハチの巣と六角形
ハチの巣は毎年イチから作ります。すき間なく効率良く作るため、六角形になっています。
正三角形、正方形、正六角形はすき間なくできますが、その他の多角形ではすき間ができてしまいます。またその中でも正六角形が最も少ない材料で作ることができます。
 
③ハスの葉とヨーグルトのふた
ハスの葉の上では水ははじかれ、水滴になっています。
ヨーグルトのふた内側の表面を立体顕微鏡で見ました。
ハス以外の葉っぱでは水をはじきません。

④モルフォチョウとネクタイ 
色には、色素によるものと構造色によるものがあり、後者は時間がたっても色が変わりません。モルフォチョウの翅(ハネ)表面には規則正しく並んだ鱗粉の微細な構造があり、この部分に光が当たると、美しい色が生まれます。マイクロスコープを使って構造色のクジャクの羽根やタマムシ、構造色を模倣した光るネクタイ(下写真)を見ました。
 
⑤カワセミと新幹線
カワセミは水中の魚を獲る際に水中ダイビングをしますが、カワセミのとがったくちばしは水しぶきや音をたてません。トンネルの多い山陽新幹線ではトンネルを出る時の音や振動を小さくするため、500系新幹線の先頭車両に活かされています。
 
お話と観察・体験から、「へえ~そうなの!」といったことがたくさんありました。
今後は、今日紹介されたものを見る目が以前とは違うでしょう。

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年11月24日

「大人の工作教室:流木などでエコアート♪」

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年11月08日

 平成29年10月22日(日)、こみゅにてぃぷらざ八潮、美術工芸室にて環境学習講座「大人の工作教室:流木などでエコアート♪」が開催されました。講師は大野有紀子氏(エコアート作家)。小学生~80代の幅広い受講者の皆さんに、流木または剪定枝などを使った工作を体験していただきました。

■アートとエコロジー
 花鳥風月や自然をテーマにしている芸術、リサイクル要素を含む芸術は昔からありました。現代アートの作家も環境と人間の関係をテーマにした、興味深い作品を発表しています。
① NimbusⅡ, 2012 BERNDNAUT SMILDE作 (*P105)
 室内に人工的に雲を出現させているインスタレーション。数秒~数分で消えてしまう儚さに、コントロー ルできるようで出来ない人と自然との関係が読 み取れる。シュールレアリズムのよう。
② Village Green, 2008 VAUGHN BELL作 (*P202)
 植物から直接酸素吸入…!?植物を新たな視点で見ることができる、鑑賞者も作品の一部となるようなユーモラスな作品。
(*“Art & Ecology Now” by Andrew Brown / Thames & Hudson)
 また「land art=ランドアート」という言葉で画像検索してみると、大地や自然と共にあるようなスケールの大きな作品が見つかります。「driftwood=流木」など好きな素材の単語で絞り込んでいけば、好みの作品に出会えるでしょう。

■工作の手引き
 密閉瓶で40年生き続けるムラサキツユクサのお話なども交えつつ、今回は工作に適したエアプランツなどもあります。剪定枝で作るコルク瓶スタンド(↑写真右)は一輪挿しにもなりますが、苔やひよこ草のような雑草を育ててみても面白いでしょう。かつて水を通していた枝が、枯れてなお内側に水や新しい緑を保ち支える…というイメージです。貝、紐、釘、針金などを合わせたり、切抜きなどのコラージュも可能です。天然素材やリサイクル素材を使う、木材が割れても使うなど、エコを意識してから作業に入りました。

■作品作り

 流木はそれぞれ形が違うので、どう生かすかは工夫次第。材料に余裕があったので皆さん何点か製作されていました。ペットのモモンガ用のオブジェを作った方も…♪初めて触れる工具にドキドキしながらも、アットホームな一時を楽しんでいただけたようでした。
(↓皆さんの作品)

■皆さんの声(一部)
 ・ 子供からお年よりまで楽しめるすてきなイベントでした。
 ・ 自分の想像したのとは違っていましたがそれはそれで楽しかった。
   無料講習にはもったいない程材料もすばらしい。
 ・思いがけない作品作りで、とても楽しく過ごす事が出来ました。
    又、めずらしいどう具も使う事が出来良かったと思います。

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年11月08日

木の大切さを学び、竹笛を作って鳴らそう

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年11月07日

 平成29年10月28日、環境学習講座「木の大切さを学び、竹笛を作って鳴らそう」が開催されました。講師は森林インストラクターの石川雄一さん、猪瀬政勝さん、田川裕則さんの三人です。
 日本では紙の材料として「木」の多くをロシア、中国、インドネシアから破砕したウッドチップで輸入しています。アジアで最大級の森林面積を有するインドネシアでは、植林しないまま無秩序な森林伐採が続き、2012年現在ではその面積が半減しました。未来につなげなければならない大切な資源、現在を生きる私たちがなすべき喫緊の課題と言えますね。

 それでは、竹笛作りに入りますが、その前にみんなに必ず守ってもらいたい二つの約束事がありました。「刃物を持って歩かない」と「刃物をふりまわさない」ことです。            

(1)カッコウ笛作り   

みんな、よく鳴るカッコウ笛を作ることができましたね。
(2)竹笛のアクセサリー作り
やすりでこすり、先を山型にけずりました。

底の中央をキリで少し穴をあけてもらい、ヒートンをつけました。
            
竹笛は音の出るところをうまく見つけるのが難しいですが、音が出た時は少々感激しますね。同じ竹笛でもそれぞれ音色が違うのも面白いです。
大人も子どもも本当に楽しそうでした。お父さん、お母さんも一生懸命で、少しだけ子どもの頃を思い出されたのかも・・・。

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年11月07日

宇宙旅行の疑似体験と星座早見盤作り

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年10月19日

 平成29年10月8日(日)、品川区環境情報活動センター主催の環境学習講座「宇宙旅行の疑似体験と星座早見盤作り」が開催されました。講師は「星のソムリエ®」の北崎直子さんです。
 国立天文台制作ソフト‘Mitaka’を使って宇宙旅行の疑似体験をしました。地球を飛び出し「宇宙旅行」に出発です!地球、太陽、金星、火星…と宇宙をどんどん進んでいきます。惑星を訪れるたびにクイズです。地球の表面は海と地面どちらが広い?太陽は1秒間にどのくらい減っている?他の惑星にはどうして生物が存在できないのか?などなど
           

 金星の空気(大気)は地球の90倍あり、地表の温度は約460℃の熱さで、地面は溶岩でできています。何故こんなに暑くなってしまったかというと、二酸化炭素が多く、究極の温室効果状態になっているためです。一方で地球では二酸化炭素は、空気全体の一万分の3~4と非常に僅かです。しかし、二酸化炭素が僅かに増えるだけでも温度が上がり、大きな問題となっています。
 火星は太陽との距離が遠く、星が小さかった事により水も空気も宇宙空間に逃げて行ってしまったり、凍りついてしまいました。反対に地球は太陽から丁度良い距離「ハビタブルゾーン」(宇宙で生命の生存に適した領域)にあり、大きさも適しているため、暑すぎず寒すぎず、水が蒸発して無くなってしまう事もありません。ですが地球上の水のほとんどは海の水であり、1万分の1ほどしか私たちが使える水はありません。地球が大人2人でやっと抱えられるくらいのボールの大きさだとしたら、使える水の量はスプーン一杯分しかありません。
 地球は宇宙で奇跡のようにバランスがとれた星であるため、生命が生存できているのです。このバランスを崩さないように私たちは二酸化炭素を減らし、水を大切にする努力をしなくてはいけません。
 宇宙旅行は天の川銀河まで辿り着き、最後に地球に戻ってきて終了です。楽しい旅行になりましたね。

●国立天文台制作ソフト「mitaka」
URL http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/
●mitaka マニュアル(PDFファイル)
URL http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/mitaka_manual_J.pdf

秋の星座のお話では何千年も前からある星座のお話を聞きました。各星座には他の星座に繋がる物語があり、どうしてその形をしているのか知ることが出来ました。
 
教わった秋の星座探しをするために、さっそく星座早見盤を作りました。
星図盤を回して日付と時刻の目盛をあわせると、その時に見える星座が現れます。見る方角を合わせて星座早見盤を頭の上にかざし星空と見くらべましょう。今晩22時に見える星座は何かな~?
 
最後に星座を見る時の方法や見つけるコツ、見やすい場所等、星座を見るための知識をたくさん聞くことができました。

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年10月19日

旧東海道品川宿の今昔と環境散歩

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年10月18日

平成29年10月1日、環境学習講座「旧東海道品川宿の今昔と環境散歩」を開講しました。講師はまちづくりコーディネーターの佐山吉孝さんです。佐山さんは、旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会の活動を長く支えてきた方で、1991年から品川宿のまちづくりに携わっていらっしゃいます。
今回の講座は、環境情報活動センターにとっては初めての試みで、講座の中に街歩きを取り入れました。初めに品川宿交流館に集合し、映像を見ながら佐山さんのお話を伺いました。その後、皆で街に繰り出し、佐山さんに解説していただきながら、映像で見た街並みを歩きました。名所旧跡を周っていきながら、地元を知らない個人ではとてもわからないような路地裏を通ることもあり、興味深い散策となりました。

品川宿の成り立ち
品川宿というと、江戸時代の宿場町のイメージがありますが、起源は一千年くらい前に遡ります。南品川に天然の良港があり湊町として発展し、関東における物流の拠点となりました。徳川家康は、北条攻めの後、秀吉から関東への領地替えを命ぜられますが、品川湊に着目し、宿場制度の整備を始めて江戸の国づくりを進めていきました。品川宿はかつては湊町でしたが、埋立てられて現在の姿になったのです。地図と航空写真をご参照ください。

伝統行事
品川宿では、月に1、2回は、昔から続くなんらかの祭り、行事が行われています。6月初旬のかっぱ祭り、9月下旬の宿場祭り、秋の一大イベント「御会式」など、品川宿の伝統的な祭祀や行事を紹介していただきました。

見どころ
次に、品川宿の見どころを写真とともに辿っていきました。江戸時代の品川宿は、東は海で潮干狩りや舟遊びが楽しめ、西は山で桜やモミジの名所であり、更に寺社町ゆえに縁日や祭り、行事があり、遊びには事欠かない一大レジャースポットとして人気を集め、江戸中から庶民が遊びに来ていたということです。北品川、南品川にゆかりの歴史上の人物のそうそうたる顔ぶれには目を見張ります。将軍家光がしばしば品川宿を訪れ、沢庵和尚と禅問答や茶会を楽しんでいたという話も、興味を引きました。品川宿は、木と土と自然石の町で、路地が多く残っています。路地につきものの井戸、石畳、稲荷社などを今も見ることができます。寄木神社、法禅寺などの数々の寺社とともに、江戸時代以来の面影をとどめる路地のたたずまいも貴重な見どころです。
※地図をクリックすると大きくなります。

まちづくり
東海道品川宿周辺まちづくり協議会は、「みこしだこを伝えるまちづくり」をコンセプトに活動しています。「次代を担う子供たちに、いつまでも祭りが続けられるまちを伝えていく」ことを目指しているのです。平成7年に発表した「まちづくり計画書」をもとに景観整備を進めた結果、まちの景観は明らかに洗練され、きれいになりました。しかし、新幹線品川駅や羽田空港の利用幅拡大により、品川宿周辺の利便性が向上したこともあって、マンションの建設ラッシュが始まり、品川宿らしさの維持が難しくなってきました。平成23年に品川区景観計画が施工され、品川宿は重点地区に指定されました。品川宿の情緒ある景観と文化が守られるよう願います。

江戸庶民の暮らしに見るエコ思想
品川宿は今も路地が多く残っていて、落語にも出てくる江戸庶民の暮らしが偲ばれる場所です。
伝統的な行事が継承されお祭りが中心で動いていて地域に強い絆があり、今も江戸寄りの生活があります。「共同」「非所持(持たず)」「たたむ」「非蓄(蓄えず)」「旬」「互助」「遊び」「潔さ」といったキーワードから、江戸的なエコライフを紐解いていきました。

散策の様子
品川宿巡りを経路に沿って写真で紹介します。大変好評で、また企画して欲しいとのご意見をいただきました。

カテゴリ:平成29年度

投稿日:2017年10月18日