品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。

「南極を知る、体験する」

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年07月05日

令和元年6月16日(日)、環境学習講座「南極を知る、体験する」が開催されました。毎回反響の大きい人気講座です。㈱ミサワホーム総合研究所の元日本南極地域観測隊越冬隊員の井熊英治さんが講師を務められました。井熊さんは、今までに4回、通算3年4か月の間、南極観測隊の建築担当の設営系隊員として任務に就かれた経験豊富な隊員さんです。映像とともに巧みな話術で語られる貴重なお話は大変興味深く、おおいに盛り上がりました。
南極は日本から14000kmも離れていています。南極観測隊は、オーストラリアまで飛行機で行き、そこから南極観測隊「しらせ」で南極へ向かいます。昭和基地までの船旅は、2~3週間、帰路は5週間もかかります。船旅の動画の荒れ狂う海の迫力には圧倒されます。観測船は、左右に80度も傾き、船旅で体重が15kgも落ちた人がいるそうです。「命を懸けないといけないところに来たと覚悟する」と井熊さんはおっしゃっていました。基地に近づくと海は凍っているので、基地から40キロ地点でヘリコプターに乗り換えて南極に辿り着きます。日本からはるか遠く離れた南極はどのようなところで、南極隊員はどんな生活をしているのでしょうか。

(1)南極の自然環境
①とにかく寒い!
日本の昭和基地の観測上の最低気温の記録は-45.3℃、ロシアのボストーク基地の最低気温は、なんと-89.2℃です。井熊さんは、昭和基地で-38.5℃、ドームふじ基地で-58.0℃の寒さを実際に経験されています。これだけ寒いと何が起こるのでしょうか? 耳が凍る、1時間に1回解凍しないと完全に凍って取れてしまう、など、驚きの現象が起こります。

②すごく風が強い!
風速60メートル/秒でホワイトアウトが起こり、視界が白一色になり、まわりが見えなくなります。風速60メートル/秒のブリザード(極地の猛吹雪を伴う強風)は、時速220kmの新幹線の屋根で感じる風速に相当します。

③昼と夜がヘン!
白夜(12~1月中旬)には、太陽は出っ放しで沈まないで、ずっと昼です。極夜(6~7月中旬)には、太陽は1日中昇らないで、地平線を東から西に転がるように移動します。

 (2)南極観測隊の生活
南極観測隊はどんな人たちなのでしょうか。隊長の元、観測部門と設営部門の人が働いています。1年4か月駐在する越冬隊が25~40人、4か月の夏隊が15~20人です。隊員は、1業種につき、派遣されるのは、ひとりかふたりです。ですから、建築作業をするときには、研究者や医師など他の業種の隊員に協力してもらうことになるので、色々な人とうまくやることが必要となります。
基地の中は意外と快適で、室温18℃で床暖もあります。温めた空気が逃げないように工夫して余計なエネルギーを使わないようにしています。食事は一流の料理人が作ります。日本にいるときに比べて、1日当たり1000キロカロリー多く取らなくてはなりません。基地内で水耕栽培で野菜を育てています。雪を溶かして風呂やトイレで使います。ゴミは分別して日本に持ち帰ります。バクテリアを浄化槽で処理して粉にすると、軽いし臭いもしません。インターネットがつながっていて、動画も見られます。娯楽係がいて遠足を企画したり、40人は入れるかまくらを作ったり、‐30℃の屋外で凍りながらアルゴリズム体操をしたり、ホームランを打つとアウトというルールの野球をしたり、厳しい自然の中で任務を遂行する一方で、息抜きや、仲間とのコミュニケーションを大切にしているのですね。

(3)南極の氷
南極の雪の結晶は、120種類くらいあります。湿度と気温で形が変わるのです。南極の氷が溶けたと仮定したら、世界の海の高さはなんと50メートルも上昇します。一方、北極の氷が溶けてもほとんど変わりません。何故こんなに違うのでしょうか。南極は氷の大陸です。氷の厚さは平均2000㍍、最高4700メートルにもなります。地球上の真水の75%~90%が南極にあります。北極は海に氷が浮いている状態です。
1,2年前に南極から持ち帰ったほんものの南極の氷を観察してみました。氷をくだいてコップに入れて、ひとりひとりに配りました。2万年前にできた氷です。氷には泡がたくさんありますが、雪の隙間に入りこんだ空気が閉じ込められてできたものです。まず、触ってみて、次にコップに耳を近づけて聞いてみました。パチパチと音がします。溶けた氷から空気が弾け出た音、そうです、2万年前の空気の音です! 今度は、手でコップに蓋をして、手にどんなにおいがついたか嗅いでみました。なんのにおいもしません。南極の水はきれいで、不純物が入っていないのです。

(4)南極のいきもの
動画で南極のいきものの様子を見せてもらいました。こどもたちに大うけで教室は、笑いと歓声につつまれました。動物園では愛らしいアデリーペンギンの野生の姿、怒っているところ、ずっこけた場面、瞬きをするとき、下からもまぶたが上がる様子など、目が離せません。130センチもある巨大な皇帝ペンギンの生態も見ていきました。ペンギンの結婚事情、けんかや巣作り、育児の様子には爆笑の渦。
厳しい自然の中で生き延びるための動物たちの行動にも触れることができました。下の写真では、カモメがアザラシのそばでずっと待っています。あざらしがうんこをするのを待っているのです。あざらしのうんこに含まれているわかめや昆布を食べるためです。南極の陸地には肉と魚しかないので、南極の鳥は、自力ではそれ以外の栄養を取ることができないのです。

 
(5)南極の自然現象
南極で見られるオーロラ、太陽が地面をころがる極夜、蜃気楼、ダイヤモンドダストなど神秘的な自然現象の動画を見ました。

子どもたちの好奇心が高まった実り多い2時間でした。最後に井熊さんから、「みんなは、可能性の枠を拡げるために勉強をしている、好きなことを追求し、行ってみたい、やってみたいという気持ちを大切にしてほしい。」という言葉をいただきました。

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年07月05日

世界の巨木を訪ねて知る自然の神秘

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年06月26日

6月8日(土)荏原第五地域センターにて、環境学習講座「世界の巨木を訪ねて知る自然の神秘」が開催されました。講師は写真家の吉田繁氏。世界の巨木とその環境について、豊富な写真と動画を交えながらお話いただきました。先生の巨木の旅は屋久島の縄文杉に始まり、世界3,000カ所ほどを訪れていらっしゃいます。

(↑吉田先生と共生する屋久島の縄文杉)
*写真はプロジェクター投影画面を撮影したものです

■カナダ(バンクーバーの北、クィーンシャーロット諸島など…)
鮭が来る川の森には巨木が多く、海にしかない筈のとある成分が森の土壌で見つかっているという研究があります。熊が鮭を食べ、食べ散らかされた残りが腐り、海のミネラルが土壌へ取り込まれ、豊かな森・巨木を育てているという海と森の「循環」です。また先住民ハイダ族はその循環や自然に寄り添い、土地や自然を「人間が所有する」という概念は持っていませんでした。
■イギリス(エジンバラなど)
産業革命以前から森林率が10%を切っているイギリスではガーデニングが盛んです。オークやイチイの巨木、また木造の教会などの様子も見せていただきました。この国では教会や貴族の「所有」により巨木が守られていました。

(↑写真上段→朽ちかけたトーテムポール、カナダの熊、神々しいイチイ 下段左→バオバブ、実を売る現地の子、セコイア)

■マダガスカル
バオバブは60%が水分で年輪は無く、7種類あり花の形も全く違います。実は絶滅した大型鳥類、恐竜も食べていたのではないかとされていますが、現在は人間の子や牛が食べ、便から発芽します。
近年は主食のコメを栽培するため灌漑が進み、乾燥を好むバオバブはその周辺では育たないようになってきています。地球の温暖化が酷く進んだ場合、勝ち残るのはバオバブのような植物かもしれません。
■アメリカ
セコイアはリスが食べる、カミキリムシが傷を付ける、又は火事で焼けないと発芽しないので、計画的に火を起こしたりしています。
■ドイツ
ある村のシンボルだったミズナラが枯れ、2つの対処法(①支えを作り薬剤注入などの延命措置をするか、②放っておく)を巡って村民が話し合ったというエピソード…。木の自然な寿命にゆだねるという選択をした村人たちは、木が枯れる前に沢山落とす種子を取り、発芽させて、寄付金を募りあちこちに子孫の幼木を植えたという例が紹介されました。「受け継ぐ」という発想で自然が保護されている例です。

(↑朽ちかけたミズナラ、世界最長寿のブリスルコーンパイン)

その他にも法隆寺の五重塔や薬師寺金堂など「昭和の大修理」で使われた台湾ヒノキや、日本の美しいブナ林、木工の技術…、世界最長寿の木(アメリカ)などについてもお話いただきました。

美しい巨木の写真だけでなく、各地の風土や現地の人々とのふれあい、巨木を含めた環境保全の在り方など、多角的な内容を情熱的にお話下さり、盛りだくさんの2時間でした。
 吉田先生のHPはこちら→http://bigtree.holy.jp

○東京から比較的近い巨木情報(平成29年度講座参照)
・阿久山のオオジイ(千葉県匝瑳市阿久山:JR総武本線八日市場駅からバス)
 樹齢800~1000年、個人の敷地内、今頃の時期にはホタルも飛んでいるそうです
・清澄のオオスギ(千葉県鴨川市清澄:JR外房線安房天津駅からバス)
 樹齢400~800年、清澄寺、他にはクスノキもある
・賀恵淵のシイ(千葉県君津市賀恵淵:JR久留里線小櫃駅)
 樹齢600年、八坂神社のなかにある 
・来宮神社のオオクス(静岡県熱海市西山:JR東海道線来宮駅)
樹齢2000年、願い事は上から見て時計まわりにお参りすると叶うと言われている

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年06月26日

宇宙旅行の疑似体験と星座早見盤作り

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年06月07日

 令和元年5月19日(日)、環境学習講座「宇宙旅行の疑似体験と星座早見盤作り」が開催されました。講師は「星のソムリエ®」の北崎直子さんです。

 国立天文台制作ソフト‘Mitaka’を使って宇宙へ飛び出しましょう。まず見えてきたのが日本列島です。さらに地球の海や陸地が見えてきました。
 地球、太陽、金星、火星、土星…へ、クイズに答えながら宇宙へ、どんどん進んでいきます。
 
・地球の表面は海と地面どちらが広い?(答)海7:陸3
・太陽は私たちに熱を届けてくれていますが、その代わりに重さが減っています。どんどん減っているのですが、太陽全体からするとほんのわずかです。
・金星の空気の重さ(大気の重さ)は地球の90倍あり、地表の温度は約460℃の熱さで、地面は溶岩でできています。昔、金星は今ほど暑くなかったのに、どうしてこんなに暑くなってしまったのでしょう?
それは二酸化炭素(CO2)のためです。金星の大気のほとんどがCO2であり、究極の温室効果状態になっているのです。
・火星には昔、水や大気があり、温度も今よりも高かったのですが、火星は太陽との距離が遠く、星が小さかった事により早く冷えてしまい、水も空気も宇宙空間に逃げて行ってしまったり、凍りついてしまいました。反対に地球は太陽から丁度良い距離「ハビタブルゾーン」(宇宙で生命の生存に適した領域)にあり、大きさも適していて太陽系が出来た時の熱がまだ中にたくさん残っています。暑すぎず寒すぎず、水が蒸発して無くなってしまう事もありません。しかし、地球上の水のほとんどは海の水であり、全体の水の1万分の1ほどしか私たちが使える水はありません。
地球は宇宙で奇跡のようにバランスがとれた星であるため、生命が生存できているのです。
             
今から10年前に土星の環が見えなくなってしまいました。何故?
環が地球から見て真横になったため、見えなくなったのです。
さらに外へ外へと向かいます。
宇宙旅行は天の川銀河まで辿り着きます。
最後には地球に戻っていきます。そして終了です。楽しい宇宙旅行になりましたね。

●国立天文台制作ソフト「mitaka」
 URL http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/
●mitaka マニュアル(PDFファイル)
 URL http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/mitaka_manual_J.pdf

教わった星座探しをするために、星座早見盤を作りました。
星図盤を回して日付と時刻の目盛をあわせると、その時に見える星座が現れます。見る方角を下にして、星座早見盤を頭の上にかざし星空と見くらべましょう。今晩22時に見える星座は何かな~?
 

           
最後に星座を見る時の方法や見つけるコツ、見やすい場所等、星座を見るための知識をたくさん聞くことができました。

作った星座早見盤を手にして、全員の記念撮影です。

以上

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年06月07日

何がいるかな?- 品川の水辺の生きものたち -

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年05月28日

令和元年5月3日(祝)、環境学習講座「何がいるかな?品川の水辺の生きものたち」が開催されました。講師は運河の生きもの観察人の三枝敏郎氏です。
この講座が行われた場所である大井ふ頭中央海浜公園なぎさの森は、京浜運河に沿って水辺に親しめる公園として人気があります。今回の講座では、普段は非公開の干潟地区として環境の保全が図られている干潟に入って行われました。
地元の海ではどのような生きものがどのように暮らしているか、生きものごとに観察することで、生きものが暮らすことのできる環境について学びました。

 
(1)品川の海の話
京浜運河は海でしょうか?川でしょうか?・・・答えは海です。
昔の品川の海岸線を埋立て陸地を延ばしましたが、荷物運搬用に船を使うため、海を埋めずに帯状に残したものがこの運河だからです。
勝島が埋め立てられたのは昭和16年頃、大井ふ頭が昭和40年頃、品川区民公園などは昭和60年頃だそうです。
以前は海苔の養殖なども行われていました。

(2)生息環境の話
   この干潟でカニがいるのはどこでしょうか?
(3)観察の際の注意点
   ・けがをしないために海では磯遊びの注意点やマナーがあります。
   ★走らない(足元が悪いため)★無理をしない(体調や行動)★ふざけない
   ことを約束して海に入りました。
   ・生きものを守るために
   ★起こした石は必ず元に戻しましょう。
   石をひっくり返してそのままにしておくと、石の下にあった魚の卵や貝が死
   んでしまいます。それは魚の繁殖情況にも影響してしまうということです。
(4)実際に探してみよう
   海に入り転石地と砂泥地それぞれの低潮帯と高潮帯に生息する生きものの違
   いなどの説明を受けながら観察しました。

 
(5)網引きをしてみよう
   講師が製作して下さった網を使って地引網体験をしました。
   小さいお魚が採れ、初めての体験に皆とても興奮していました。
   
    

(6)比べてみよう
  みんながカニを探している間に、干潟をロープで4カ所に区切りました。
 取れたカニを場所ごとに見比べると、陸に近い所、水辺に近い所、石の多い所、
 砂 の多い所で生息するカニの種類が違うことがわかりました。
 また、オス、メスの違いなども学びました。

     
(6)もう一度探してみよう
   学んだことを参考に、もう一度生きものを探します。
   色んな場所に勢いよく探しに行きました。
    
(7)最後に
  環境ごとに生き物を見てきました。
  例えば、砂の多い所を石だらけにすると、生息するカニも変ってしまいます。
  すんでいる生きものの環境を変えることになってしまいます。
  「生きものと付き合って行くときに、この環境という事を考えながら、生きも
  のに触れていって欲しいと思います」というお話を聞き、講座が終わりま
  した。
  
 

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年05月28日

園芸講座「キッチンハーブの寄せ植え」

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年05月24日

  令和元年5月6日(祝・月)園芸講座「キッチンハーブの寄せ植え」が開催されました。講師の先生はフラワーアレンジメントだけでなくフォトグラファーとしてもご活躍の株式会社プランツ・モジュール代表取締役・山口昌哉さんです。大人15名が参加し、講座の前半ではハーブについてのお話、後半ではキッチンハーブの寄せ植えを体験しました。
 ハーブ26種類(キャットミント、オレガノ、三つ葉、スイートバジル、ルッコラ、コリアンダー、くじょうねぎ、パセリ、ペバーミント、アップルミント、スペアミント、パイナップルミント、キャンディミント、タイム、ローズマリー、ジャーマンカモミール、レモンバーム、ワイルドストロベリー、ローマンカモミール、カモミール、イタリアパセリ、レモングラス、ロケット、ディル、チコリ、チャービル―)の中から各自このみの5種類を選んで寄せ植えをします。

お話(講義) 
まず、ハーブについてのお話からで、ハーブとは薬効のあるもの、人の生活に役立つもの、香り・スパイスがあるもの、と始まり、その後ハーブの種類、特徴、育て方について解説がありました。ハーブの育て方については「光」「土」「肥料」「病害虫防除」「増やし方」に焦点をあてて教えていただきました。

 寄せ植え
* 朝イチでたっぷりの水をやる。
* 水やりは基本、1日1回とする。                      

カテゴリ:令和元年度

投稿日:2019年05月24日