品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

世界で一冊のアート本(絵本)

カテゴリ:平成20年度

投稿日:2009年03月10日

平成21年2月13日(金)品川区環境情報センターにおいて、環境講座『世界で一冊のアート本』(講師:竹中信子氏)を開催しました。先生からコラージュについての説明とアート本の作り方を教えていただきました。
アート本とは、使わなくなった品を好きなように貼って、コラージュ作品を作り、まとめて本にするものです。

 <a href=”http://shinagawa-eco.jp/mt_kouza/DSCF1998_m1.html” onclick=”window.open(‘http://shinagawa- <a href=”http://shinagawa- 
   
   
� 家庭で出る不用品「ボタン・布・毛糸・ビーズ・ひも・雑誌の切り抜きなど」を使ってA4の大きさの紙に材料を貼り付け、コラージュ作品を作ります。出来上がると絵画のようになります。
� テーマはあってもなくても良く、意味のあるものでもないものでも良い、自由な表現で作品を作ります。
� 出来た作品をスキャナーで読み取り、パソコンに取り込んで、プリンターからカラーで印刷します。
� 自分の作品を表紙にして、印刷した出席者の作品を好きな順にまとめて冊子を作ります。
� 全部あわせてホチキスで綴じ、製本テープをまきます。これでアート本の完成です。
 
 
   
すぐ取り掛かった方もいれば、雑誌から好きなページをゆっくり探す方もいます。みなさん思い思いの手順で作業に取り組み、ずいぶん長い間、セミナールームはハサミを動かす音しか聞こえなくなりました。
最初に出来上がった方は、30分ほどで完成。それから続々と作品が出来上がりました。9枚の作品を9枚印刷しましたが、2作目の作品を作った方が4人いらっしゃったので、追加分4枚と、先生の作品を1枚加えて、全部で14ページの冊子ができました。表紙が厚くて少しとめにくかったけれど、先生の協力で完成しました。
 

 
     
出席された方の中には、はじめは聞きなれないコラージュ作品というものにとまどって、「何を作っていいか、イメージがわかない」という方もおられましたが、出来上がった作品はそれぞれの個性が表現されていて、なかなかのものでした。
ぜひご自宅でも楽しんでいただけたら、と思います。

カテゴリ:平成20年度

投稿日:2009年03月10日