品川区の環境ポータルサイト

過去の講座を紹介します

環境情報活動センターでは、毎月2~3の環境学習講座を開催しています。リサイクル講座・木の実などを使ったクラフト講座・自然観察などのフィールドワーク・夏休み子ども講座・環境教養講座など、多彩な内容でお送りしています。 このコーナーでは、講座のレポートを掲載していきます。(過去の講座を紹介しますのトップへ戻る

古布で作るバネ口金つきポーチ

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月26日

  2018年11月11日(日)、環境学習講座「古布で作るバネ口金つきポーチ」が開催されました。講師は着物などの古布を再利用し、個性的な作品を生み出しているリサイクルグループ「リメイク絆」の皆さんです。毎回大好評の本講座には今年もたくさんのご応募をいただき、今回は24名の皆さんにご参加頂きました。
                                              
★材 料:
本体の表布 20㎝ 幅30㎝
本体の裏布 20㎝ 幅26㎝
バネ口金 10センチを 1個

★作り方:
 好みの寸法に裁断した表布は半分にたたみ、両脇を裁ち目5cmのところまで縫い、玉留します。上下両脇は返し縫いします。表布裁ち目から3cmの所で折り、1㎝の所にしつけをかけておきます。
 

 表布、裏布はともに中表にして、本体表布に裏布をかぶせ、しつけをしておいた本体表布に縫い合わせます。
             
 裏布のついた袋を表に返し、バネ口金の片方のネジを外し、両方同時に通します。最後にペンチを使って、ネジを口金に差し込み、上下から挟んでカッチと音がするまで押し込みます。
 
  バネ口の作り方はいろいろな方法がありますが、本講座では縫代が表に出ないバネ口の作り方を教えて頂きました。仕上がりもきれいで、口金もスムーズに通せます。基本の形、作り方を覚えれば、用途に応じて、底の丸味をつけたり角をつけたりと多様なサイズ、スタイルのポーチを作る事が出来ます。家庭にある古布や端切れを利用して、いろいろなポーチを作ってみるのも楽しいでしょう。

  

        

カテゴリ:平成30年度

投稿日:2018年11月26日